OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > イベント > OSHMAN’S SNOW CAMP IN MYOUKO/SEKI イベントレポート

イベント EVENT

イベント記事一覧

OSHMAN’S SNOW CAMP IN MYOUKO/SEKI イベントレポート

2012.03.19

3/9~3/11 オッシュマンズでは久しぶりとなるスノーボードツアーを開催しました。今回のツアーはこの数年行ってきたバックカントリーツアーだけでなく、BURTON SNOWBOARDの来期のモデルにいち早く試乗できる試乗会やゲレンデ内をプロと一緒に滑りながら、いかに楽しむかをレクチャーしてもらうなど、ちょっと視点を変えたオッシュマンズらしい大人のスノーボードツアーをコンセプトに妙高・関温泉スキー場に行ってきました。日本でも有数の豪雪地帯である関温泉は今年は特に雪の多いシーズンということで、地元の方が28年ぶりというほどの雪。イベント前、数日間は降らなかったようですが、前日にはまとまった雪が降り、かなり期待のできるスタートとなりました。そんなツアーを写真をまじえて紹介していきたいと思います。長くなったらごめんなさい・・・


金曜の夜に新宿に集合!仕事を終えてから、いよいよ休日モードのスタート!テンションあがりますね。


バスの中はなんだかゴージャスでアダルトな雰囲気。山でのセルフレスキューの映像やライディングの映像を観ながら深夜の高速を一路妙高へ。


ホテルで着替えたらいよいよゲレンデへ。ゲレンデ中腹にテントのブースを設置。BURTON,WANDの来期モデルのスノーボードの試乗、PATAGONIAの来期のスノーラインの試着ができるように用意しました。みなさんかなり積極的に試していました。やはり、新しいものには興味シンシン。

ここで一度集合して、ここからは各アクティビティに分かれてスタートです。試乗、試着をしつつ、バックカントリーチームは近藤隊長の引率でまずはゲレンデ内のパウダーで滑る練習へ。ゲレンデチームはBURTONのライダーでここ関温泉をベースにしている吉村成史プロの引率でゲレンデ内をクルージング。とはいえ地形の面白さとバリエーションの豊かさで有名な関温泉はゲレンデとゲレンデ脇を使えば相当滑り応えがあります。少し積もったパウダーをもとめて、各班ともに午前中だけでもかなり滑りこめたようです。


楽しめるところがいっぱいです。関温泉を知り尽くした吉村プロに遊び方と斜面にあわせた滑り方をレクチャーしてもらいながらのセッションはプライスレスに有意義でした!


午前のセッションを終えた段階ですでにこの笑顔!やや寝不足なのも吹っ飛びました。

昼食をとり、午後の部スタート。午後はBCツアーの模様をレポートします。
ガイドはもちろん近藤謙司さん。世界的な山岳ガイドで本当にすごい方なのですが、縁あってオッシュマンズのバックカントリーツアーの第1回目からかれこれ9年もお世話になっています。


スノーシューを着けていよいよハイクアップスタートです。


小雪のちらつく中を登って行きます。


しばらく登るとだんだん雲が抜けてきました!太陽が見えてくる感じはかなり幻想的。


晴れたところで集合写真!まだまだ元気です!


いよいよドロップポイントへ。パウダーの中ではスタートしやすいようにノーズをあげて、後ろ脚からビンディングを装着するのがオススメです。北向きの斜面は雪もやわらかくて楽しそ~。ゲレンデに向かって滑り下ります。その後は宿泊する「休暇村・妙高」の目の前まで滑って帰ります。

へとへとに疲れたところでお待ちかねのディナー。地元食材を使った料理はかなり盛りだくさんで、おいしい!さすが新潟米どころとあってご飯がおいしいのでついついおかわりしてしまいます。

ディナーが終わってから場所を移動して映像の上映会へ。


このあいだwowwowで上映されかなりの反響で数回にわたり再放送された近藤さんが一般のお客さん(35歳のOL、68歳の男性)をエベレストに連れて行くというドキュメンタリー「エベレスト登れます」を解説付きで上映しました。この映像には皆がっちり引きこまれてしまい、お酒がまったく進まないほどで、途中から涙をうかべるお客さまも多数。今回のツアーにこれに出演している68歳(撮影当時)の楠さんも参加していたので、かなりの感動的な上映会となりました。


なんと参加の篠原さんの差し入れ、豚の生ハム!一同これにも興奮!

その後は疲れて寝る人、まだまだ寝ない人とそれぞれ自由に過ごしてもらい。2日目に期待しながら、初日終了。

2日目は朝風呂からスタート。もちろん温泉が有名ですから。前日とは打って変わっての晴天にこれまたテンションあがります。ちょうどお風呂のまどから正面に今日登るであろうピークが・・・。


真中の一番高いピークが本日のbcツアーの目的地。期待が高まります!手前は休暇村のゲレンデ。ファミリーには最高のゲレンデです。

2日目もゲレンデチームとbcツアーチームに分かれてスタート。


今日はロングハイクなので、万全の準備を整えます。あれ?このボードは?気になりますね~。来期のバートンには期待大です。


晴れているとハイクも気持ちいい~。まだ前半は余裕もあるのですが、後半は・・・。


林を抜けたくらいで妙高山がバーンと見えてきます。おーおぉ!


この尾根からドロップです!バーンの大きさと斜度に期待と不安が入り交じります!折しもこの日は3/11ということで、近藤隊長は昨年エベレストの山頂から日本にメッセージを送った”Pray for Japan”のフラッグを着けての滑走です。この斜面は・・・。久々にしびれる(心も足も)感動的な斜面でした。


この写真を見ていただければスケールがわかるかと。とにかくでかい!ただ数か所で小さな雪崩が発生しており、ガイドなしでは決して入れないということも再認識させられます。


北斜面にはたっぷりパウダーが残っていました!この時期なので、ドライなパウダーとは行きませんが、滑りやすい楽しいパウダーを満喫。


登り甲斐もありましたが、それ以上に滑り甲斐のある沢です。地形が素晴らしいです。


ほぼ調子良く滑り下りてくると、目の前に崖が!斜面を回り込んでなんとか回避しますが、自然のスケールの大きさにしびれました。余談ですが、この崖を昨夜のMVP?の星野俊輔プロは飛んでしまうそうです。唖然・・・。


皆、無事に到着!後ろの真中にちょこっと見えるのが今日登ったピークです。かなりのロングコースでしたがスムーズに戻ってこられました。↓↓この2人のおかげです。


ガイドの高橋玉樹さん(左)と近藤謙司さん(右)。スペシャルなツアーをありがとうございました。

 

宿で皆と合流して、帰りの準備。あっという間の2日です。


ロビーで閉会式。


burtonライダーの吉村成史プロ、星野俊輔プロ。このエリアを代表する2人でもあります。ゲレンデセッション(&夜のセッションも)最高でした!


全員集合写真です!参加の皆さん、協力していただいた皆さん、ありがとうございました!最高でした、よね?

 

さてここで終わらないのがバスツアーの良さ、帰りのバスの道中も楽しんで行きましょー、ということで恒例の(?)豪華賞品の当たるじゃんけん大会!


これでまたまたテンションアップ!

協賛メーカーのみなさんありがとうございました。

BURTON SNOWBOARDS

patagonia

ZEN

PENNY SKATEBOARD

HAGLOFS

DA KINE

ADVENTURE GUIDES

そして、ツアーを開催させていただいた関温泉スキー場
にも多大なる協力をしていただきました。ありがとうございます。コンパクトながらバリエーションに富み、奥が深い最高のゲレンデ(+α)です。今年は雪も多いので5月の連休くらいまで十分に楽しめそうなので、シーズン終盤の春スノーボードで是非行ってみてください。春は地形が楽しめますよ!

 

今回は至らないところもあり、参加者の皆様にはご迷惑をおかけしたところ、スムーズに進行できなかったところなどありました。すみませんでした。この反省をいかして、来年はよりグレードアップしたスノーツアーを企画しますので、期待していてください。今年参加できなかった方も来年こそはどうですか?最高に楽しいツアーですよ!待ってます!

もっと写真を観たい方はfacebookページのアルバムにアップしてありますので、「アルバム1」、「アルバム2」をチェックしてみてください。

だんだんと春めいてきてスノーボードシーズンも終わりかな~と思っている方も多いと思いますが、まだまだ春山シーズンはこれからが本番。真冬とはちょっと違った楽しみもあるので、視点を変えて楽しんでください!今シーズンは”SPRING SESSION”も存分に楽しみましょ~。テンション上げるにはこちらのDVD”SPRING SESSION”で!

今年も海に山に最高の遊びを提案しますので、みなさん遊びましょうね。

 

 

イベント記事一覧