OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > イベント > 43TH OSHMAN’S BENCHPRESS CONTEST REPORT

イベント EVENT

イベント記事一覧

43TH OSHMAN’S BENCHPRESS CONTEST REPORT

2014.05.07

43TH OSHMAN’S BENCHPRESS CONTEST REPORT

筋肉美は一日にして成らず。

4月27日、今年もOSHMAN’S原宿店にて開催された「OSHMAN’S ベンチプレスコンテスト」。様々なスポーツイベントを主催するOSHMAN’Sの中でも、長い歴史を誇る名物企画だ。各地から力自慢が集結し、日々のトレーニングの成果をこの場で披露する。まだ始めたばかりの初心者から世界クラスの200kgを上げる猛者まで、見所満載のイベントが幕を開けた。

今年は100名弱がエントリー。まずは参加者全員の計量が行われ、体重ごとにクラスが振り分けられる。クラスによって参加者のレベルも変わり、順位も変動することが考えられるので食事制限をするなど、軽量前に体重調整。計量後に食事を摂る参加者の姿が多く見かけられた。

ルールは至ってシンプル。選手には2回の競技機会が与えられ、1回目は事前に重量を申告し、2回目は1回目の競技が終わったあとに申告。1回目から勝負をかけたり、1回目は安全策をとり2回目で自己ベストを狙うなど、選手達の心理的な駆け引きもこの大会の見所のひとつ。

今年も主審は、OSHMAN’Sベンチプレス大会の仕掛人でもある黒田さん。審判やMCの方が着用している〈I ♥BP〉のオフィシャルTシャツは、大会終了後、参加者全員に配られた。

大会は男子60kg以下から70kg以下の軽量級からスタート。普段着では細身に見える軽量級の選手だが、競技用のコンプレッションウェアに身を包むと鍛え上げられた筋肉が一目瞭然。優勝者の持ち上げた重量も年々レベルアップしている。なかでもギャラリーの度肝を抜いたのが、70kg以下級で200.0kgをクリアした鈴木さん。この大会は初参加となる鈴木さんは「すごく雰囲気が良い大会で楽しかったです。来年もまた参加したいです」と語ってくれた。

昼休みを挟み、女子クラスがスタート。年々参加者が増え、着実に盛り上がりをみせる女子の部は55kg以下と55kg超の2クラス。優勝者はともに90.0kg以上をクリアするなど、レベルの高さに驚かされた。参加者全員が試技後のコメントで、来年の目標を明確に宣言するという、女子ベンチプレッサーの意志の強さも感じることができた。男子も負けてはいられない。

そしていよいよ75kg以下から90kg超級の、重量級の試技が始まる。見るからにパワーがありそうな猛者が並び、覆面などユニークなパフォーマンスを行う選手が続出。このクラスになるとストイックなだけでなく、場の雰囲気を盛り上げる余裕を持った選手が多い。ここで脚光を浴びたのが世界大会を控えた85kg以下級の福島さんだ。この大会をピークに設定していないようだったが、1回目で190.0kgを軽々クリア。迫力満点の試技にギャラリーたちは酔い痴れた。

全ての試技が終了。ということは、OSHMAN’Sベンチプレス大会恒例の、鈴木雅さんのデモンストレーションの始まり。鈴木雅さんは日本では敵なし、世界選手権大会でも上位に入る、〈ゴールデンボーイ〉の異名を持つボディビルダー。磨き上げられた彫刻のような肉体にギャラリーは湧きに湧いた。原宿駅前の買い物客も足を止め、驚きとともにカメラを向けていた。

笑いもありつつアットホームな雰囲気のなか幕を閉じた【43TH OSHMAN’S BENCHPRESS CONTEST】。最後にOSHMAN’S高木社長と、審判を務めた黒田さんが今大会を総評。

「今回は新しく参加してくれた選手が多く、ベンチプレス大会に広がりができてきたことに嬉しく思っています。トップクラスの選手にはもちろん優勝を、始めたばかりの選手は技術を磨く場としてこの大会を盛り上げてほしいですね」(高木社長)

「これまでに比べこの大会は、初めてエントリーした選手も多く、200kgをクリアする選手も増えてきました。毎年レベルアップしているので、選手たちのモチベーションもアガっているのではないでしょうか。次回の大会も期待しています」(黒田さん)

協賛各社
㈱THINK フィットネス
インフィニティー㈱、㈱健康体力研究所、江崎グリコ㈱、森永製菓㈱、㈱ファインラボ、㈱ボディープラスインターナショナル、㈱パワースポーツ、日本食研㈱、(有)河原商会、㈱ドーム、㈱デサント、㈱VENEX、㈱セブンアローズ
(敬称語略)
ご協賛・ご協力ありがとうございました。

RESULT

女子 55kg以下級

優勝:古屋典子さん/95.0kg
2位:小林ナオコさん/92.5kg
3位:松村育子さん/70.0kg
4位:塚本美紀さん/37.5kg

女子 55kg超級

優勝:池田未里さん/90.0kg
2位:竹内あいさん/85.0kg
3位:かとうゆきえさん/82.50kg
4位:木野田滋美さん/70.0kg
5位:菅真理子さん/60.0kg
6位:長岡由さん/55.0kg

男子 60kg以下級

優勝:藤田雄次さん/140.0kg
2位:近藤竜也さん/125.0kg
3位:東泰弘さん/110.0kg
4位:渡達也さん/100.0kg
5位:廣瀬幸樹さん/90.0kg
6位:平山弘毅さん82.5kg
7位:小林芳雄さん/80.0kg
8位:中澤裕貴さん/65.0kg

男子 65kg以下級

優勝:兼上頼正さん/160.0kg
2位カルロス福田さん/155.0kg
3位:角田正義さん/135.0kg
4位:鈴木康太さん/135.0kg
5位:東博志さん/127.5kg
6位:佐野浩幸さん/120.0kg
7位:小池基文さん/120.0kg
7位:小原武恵さん/120.0kg
9位:吉原健太さん/120.0kg
10位:久芳貴之さん/105.0kg
11位:榊原英明さん/90.0kg
12位:平川謙一さん/90.0kg
13位:佐々木恒典さん/90.0kg
14位:加藤悟さん/75.0kg
15位:大石聖児さん/70.0kg

男子 70kg以下級

優勝:鈴木佑輔さん/200.0kg
2位:石田宣央さん/155.0kg
3位:木村琢磨さん/152.5kg
4位:蜂須貢さん/137.5kg
5位:鴨田正人さん/135.0kg
6位:古清水駿さん/120.0kg
7位:大谷重司さん/115.0kg
8位:石田邦康さん/105.0kg
9位:杉本基彰さん/105.0kg
10位:神戸貴宏さん/105.0kg
11位:馬場浩章さん/105.0kg
12位:秋元敏さん/100.0kg
13位:福田五月さん/100.0kg
14位:竹村政仁さん/50.0kg
15位:佐々木徳夫さん/ー

男子 75kg以下級

優勝:堀田剛正さん/150.0kg
2位:橋本勉さん/145.0kg
3位:松尾悠司朗さん/132.5kg
4位:清田勝行さん/130.0kg
5位:坂口拓也さん/120.0kg
6位:大谷隆さん/115.0kg
7位:物江毅さん/115.0kg
8位:佐々木義和さん/100.0kg
9位:高橋洋人さん/62.5kg
10位:市原亨さん/ー

男子 80kg以下級

優勝:松永浩二さん/170.0kg
2位:金澤英治さん/165.0kg
3位:山下純さん/145.0kg
4位:木村秀俊さん/142.5kg
5位:吉永牧人さん/130.0kg
6位:酒井一貴さん/125.0kg
7位:山本一了さん/120.0kg
8位:松本剛弥さん/120.0kg
9位:浅原勇也さん/115.0kg
10位:岩附秀幸さん/112.5kg
11位:黒木正晴さん/110.0kg
12位:高木智雄さん/110.0kg
13位:稲田享史さん/110.0kg
14位:加藤謙一さん/105.0kg
15位:砥板裕司さん/105.0kg
16位:川角知宏さん/ー

男子 85kg以下級

優勝:福島勇輝さん/200.0kg
2位:上月敦雄さん/170.0kg
3位:永井肇さん/142.5kg
4位:笠原正樹さん/130.0kg
5位:石田吉央さん/130.0kg
6位:橋本勝行さん/120.0kg
7位:高瀬力さん/105.0kg
8位:小松俊一さん/105.0kg
9位:宮元気さん/95.0kg
10位:ホンセンタさん/90.0kg
11位:後藤勝男/ー

男子 90kg以下級

優勝:渡部隆俊さん/190.0kg
2位:川上歩さん/175.0kg
3位:松尾賢太郎さん/162.5kg
4位:舞田裕亮さん/150.0kg
5位:川辺敏行さん/102.5kg
6位:三澤慎吾さん/75.0kg

男子 90kg超級

優勝:湯浅正信さん/200.0kg
2位:中村敏雄さん/180.0kg
3位:松沼光紀さん/170.0kg
4位:橋本到さん/160.0kg
5位:熊倉範俊さん/150.0kg
6位:橋爪秀一さん/145.0kg
7位:黒田雅之さん/130.0kg
8位:須田勇介さん/125.0kg

イベント記事一覧