OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > 店舗ブログ > OUTDOOR

店舗ブログ SHOPS' BLOG

前の10件次の10件

シンプルだけど機能性抜群! 『ARC’TERYX 』2016 秋冬の注目バッグがオッシュマンズに到着

2016.09.27

信頼のARC’TERYXより、2016FWのバッグが出揃った

数あるアウトドアブランドのなかでも、アーバンスタイルにも溶け込む大人のブランドとして人気の『ARC’TERYX(アークテリクス)』。シェルをはじめとした機能的なウェア類も人気を誇っているが、バッグも各方面で評価が高く、流行関係なく定番的な人気となっている。今回はそんなバッグにフューチャー。定番から新作まで出揃っているので一気にご紹介したい。

デイリーユースに最適な定番のデイパック4モデル

シンプルで洗練されたデザインと日常で必要とされるPCスリーブや内部には小物類を整理できるオーガナイザーを装備したブランドを代表するアークテリクスのデイパック。容量も12L~26Lまでラインナップしているので、用途やライフスタイルに合わせて選びたい。背負い心地も快適でサポート力もあり、デイリーからビジネスシーンまで幅広い状況に対応できる頼もしいモデルが揃っている。

[Pender Backpack]

[Blade 20 Backpack]

[Mantis 26L Daypack]

[CAMBIE]

 

急な雨も怖くない! 防水素材を使用した3モデル


防水素材を使用した、アークテリクスらしい高性能なバッグをピックアップ。突然の雨からも大切な荷物を守ってくれるので、自転車乗りにもおすすめしたい。トート、ダッフル、デイパックと様々な形がラインナップしているので、スタイルに応じてチョイスできるのも嬉しい。また、キャリアダッフルは今期よりアップデートされており、よりコンパクトに収納できる専用袋が付属する。

[Granville Backpack]

[Blanca Tote]

[CARRIER DUFFEL40]

 

2016 秋冬の新作モデルもお目見え


アークテリクスが提案する新型のメッセンジャーバッグ[FYX 9]。内部は効率よく荷物が収納できるよう設計されており、13インチ以下のPCやタブレット、小物類をスマートに収納可能。メッセンジャーバッグ特有の野暮ったさがなく、都市で違和感なく持てるシンプルかつソリッドな見た目もポイント。

シンプルかつ洗練されたデザイン、そして日常に必要充分な機能性を備えた『ARC’TERYX(アークテリクス)』のバッグ。用途、スタイルに応じて様々なモデルがラインナップしているので、まずは手に取ってもらいたい。

ビジネス↔︎ジムというライフスタイルを送る現代人に最適な【Aer】のバッグ

2016.08.24

現代のライフスタイルに即した注目バッグ

スポーツが盛んなサンフランシスコのベイエリアを拠点に、2014年に設立された【Aer(エアー)】。元INCASE(インケース)のデザイナーがデザイン責任者を務めており、都市におけるニーズを満たす、耐久性のある高品質なバッグやアクセサリーを展開している。サンフランシスコ生まれのブランドだけあり、「仕事帰りにジムに寄る」という現代のライフスタイルにピッタリなコレクションとなっているのが一番の特徴。ソリッドな見た目ながら、ノートPCやガジェット類などビジネスの必需品をしっかりと収納でき、さらにジムで使うシューズなども一まとめに収納できるという機能性、意匠が最大のウリと言える。

ビジネス↔ジムに最適なルックスと機能性


[DUFFEL BAG]は、高い収納力とジム通いに最適な機能性を見事に併せ持ったバッグ。素材には軽量かつ耐久性のあるバリスティックナイロンを採用し、無駄のないシンプルかつソリッドなルックスでシーンを問わず使える。


メインコンパートメントは荷物が取り出しやすいよう大きく下まで開き、ジップには止水ジップが採用されている。また、現代のビジネスシーンには欠かせないパッド付きPCスリーブも備えているのでビジネス使いにも便利。オーガナイズポケットは小物類の収納に◎。


パット裏と背中があたる部分にはメッシュを使用しムレを防止。底部には取り出しやすさも考えられた通気性の高いシューズポケットを装備。普段持ち歩く荷物と一緒に、ジム用品一式を効率よく収納できる。

ビジネス使いもOKなソリッドなバックパック

[FIT PACK]はトップ部分からの内部が細かくオーガナイズできる仕様になっており、MAC BOOK PRO 15インチまで対応可能なパッド付きスリーブも装備。素材のバリスティックナイロンは耐久性に優れ、濡れた服やシューズを収納できるコンパートメントも使いやすい。カジュアルなパックながら、ソリッドな見た目でビジネスでも使えそう。

取り回しやすく、コンパクトに収納可能


[SLING BAG]は、荷物を取り出しやすい止水ジップのフロントポケットを備えたワンショルダータイプ。コンパクトな設計ながら、底面には通気性の高いシューズポケットを備えているのがポイント。

高い収納力を誇る2WAYバッグ


ビジネスシーンにおいても使えるシンプルなデザインを採用した2WAYバッグ[GYM DUFFEL]。非常に高い収納力を誇っており、なおかつ効率的に収納できる工夫もされている。メインの開口部トップはメッシュ使いにより高い通気性を確保し、シューズポケットも通気性が良い。止水ジップを使用したポケットは貴重品の収納に便利なほか、パッド付きのPCスリーブも搭載するなど考え抜かれた設計が◎。パッド付きストラップは取り外しが可能。

仕事帰りにジム通いをしようと思うと、別に荷物が増えてしまいがち。効率よくひとまとめに収納することで、いつものジム通いのモチベーションアップにも繋がるはずだ。

最速15秒で簡単に作れるエアーソファー【Cotty Bag】がオッシュマンズに新着!

2016.07.29

空気入れやポンプ不要で超簡単

今夏、世界中のキャンパーたちの間で話題になっているヒットアイテムが【Cotty Bag(コティバッグ)】だ。最大の特徴は、空気入れやポンプを使うことなく、わずか15秒程度で誰でも簡単に膨らませることができる点。使いたい時にさっと空気を入れれば、昼寝ができるリラックスソファの出来上がり。キャンプはもちろん、公園や旅行先、インドアまで、とにかく便利に使えるのでおすすめなのだ。

<作り方はこちらをチェック!>
HOW TO COTTY BAG(コティバッグの作り方)

一度寝転がるともう病みつきに!?


ご覧のように、大人がゆったりと寝転がれる大きさ。エアーソファならではのフカフカの寝心地も◎。とてもしっかりとした生地が使われており、万が一破損してもリペアキットが付属しているので安心。付属のロープとカラビナでペグダウンしておけば、風で飛ばされる心配もなし。


専用のバッグが付属し、折り畳んだ状態だとかなりコンパクト。カラーバリエーションも豊富に揃う。重さも約1.2kgと軽量なので、気軽に外に持ち出してみてはいかが!?

実際にCotty Bag(コティバッグ)を体験してみたい人は、オッシュマンズの下記店舗にて体験イベントを実施中。一度体験すると、その気持ち良さが分かるはず!
【二子玉川店】7月30日(土)、31日(日)
【原宿店】8月6日(土)

大人気ラゲッジブランド【BRIEFING】がついにOSHMAN’Sに登場

2016.07.07

500デニールのコーデュラナイロンを使った新しいフライトライトシリーズに注目
ミリタリズムとタウンユースが高次元で融合する独自のスタイルで、多くのユーザーを魅了するBRIEFING(ブリーフィング)。ここ日本においても幅広い層から定番的な人気を誇り、様々なシーンで愛用されているのはご存知のとおり。今回、そんなブリーフィングが遂にオッシュマンズに登場した。ブリーフィングといえば強靭なバリスティックナイロンを使ったモデルを思い浮かべる人も多いが、今回紹介するのは、500デニールのコーデュラナイロンを使うことでコストパフォーマンスにも優れる新しいフライトライトシリーズだ。どのモデルもブリーフィングが本来もつミリタリーテイストを表現したタフで凛々しい佇まいながら、軽量なコーデュラナイロンを使うことでより幅広いスタイルにマッチする仕上がりとなっている。今後のオッシュマンズでの展開含め、ぜひともチェックしておきたいところだ。

普段使いに最適なタフで軽量なバッグ



無骨な印象の強いブリーフィングのなかでも、特にスタイリッシュな印象となるトートタイプ【URBAN BUCKET WIDE】。オープンポケット以外は敢えて配置せず、サイド部分にはペットボトルなども収納可能。普段使いはもちろん、2〜3泊の旅行にもおすすめ。


立体的なフラップがアクセントとなるバックパック【URBAN FLAPPER】。荷物の量に応じてベルトで本体の高さを調整できるほか、サイドのファスナーもクイックに荷物を出し入れしたい時に便利。洗練された機能性とルックスを併せもつ、ブリーフィングらしい逸品。


全体的に丸みを帯びたデザインが特徴となる【AT PACK】。メインファスナーの開閉範囲が広いためA4サイズの書類も難なく収納できるほか、荷物の出し入れもしやすい。底マチが広いので荷物が多い人でも安心だ。タウンユースからアウトドアまで幅広く使えるデイパック。


【MISSION LINER】はA4サイズの書類などにも対応できる小型の2WAYブリーフケース。コンパクトなデザインながらファスナーポケットを多く備え、小物類の収納も便利。ショルダーストラップが付属し、荷物が多い時などは肩掛けが可能となっているのも嬉しい。

コンパクトな3WAYバッグ【S-3 COMMUTER】。手持ちのブリーフケース、肩掛けのショルダーバッグ、背負いのバックパックの3パターンで使い分けが可能。ブリーフィングならではの機能性をしっかりと搭載し、使い勝手も抜群なので特にビジネスマンにおすすめ。

オッシュマンズに満を持して登場したBRIEFING(ブリーフィング)。今回のフライトライトシリーズはもちろん、これからの展開も楽しみ。まずは手に持って質の高さを体感してみては。

【COLEMAN】×【Monrõ】インディゴレーベル。アウトドアとインドアのボーダレスな新提案

2016.06.22

ありそうでなかった、ハイクオリティな逸品。

アウトドアマンならずとも、インパクトあるコラボ情報を入手した。それは、アウトドアシーンに欠かせない確固たる地位を確立している【COLEMAN(コールマン)】と、in&OUTDOORでセンスあるライフスタイルを提案する【Monrõ(モンロ)】とのコラボレーション。以前のアウトドアブームとは異なり、キャンプの浸透やアウトドアウェアのタウンユース化などにより、ブームではなく新しいライフスタイルのカタチとして、アウトドアとインドアのボーダレス化が成立しつつある今、家でも外でもマイスタイルが築ける愛すべきものが求められている。そんな現状にぴったりはまるのが、このコラボレーションなのだ。

インディゴブルーが新鮮な仕上がり。

[IL RESORT CHAIR]はインディゴレーベルオリジナルのプリント生地を採用。背面に便利なポケットを装備し、左右アームレスにはドリンクボルダー付き。【コールマン】の機能性はしっかり踏襲した。

[IL PERFORMER c5]はオリジナルファブリックとプリントがポイント。広げればアウトドアに便利なシートとしても使用可能。野外の使用で汚れた場合は、洗濯機で丸洗いできる点もうれしい限りだ。

表地には肌触り抜群な起毛素材を採用した[IL LEISURE SHEET]。インナーにはフォームを使用することで快適な座り心地が実現した。持ち運びが便利なコンパクト収納にも注目したい。

[ILSPICE BOX]は、独特な風合いのコトナ生地とオリジナルプリントの裏地をい組み合わせたもの。パッド入りの調味料ケースや様々なボトルサイズに対応する仕切り付きとなっている。

[IL LATTICE MUG]は竹繊維を混ぜ込んだエコなディッシュウェア。スープにも便利な広口のマグカップはアウトドアシーンで大活躍間違いなし。アクセントとなるインディゴブルーも見逃せない。

[IL LATTICE OVAL PLATE]も竹繊維を混ぜ込んだエコな仕上がりに。大きめな具材の入った料理も入れやすいオーバルプレートタイプ。どこかクラシカルな雰囲気が漂う意欲作だ。

個性的なキャンプサイトの他、部屋のインテリアとしても使える【COLEMAN(コールマン)】と【Monrõ(モンロ)】のコラボレーション。ハイクオリティなアイテムはコスパも素晴らしい仕上がりだ。

ページトップへ

人とかぶらない【COTOPAXI】一点モノのバッグ

2016.06.09

背中でオリジナリティをアピール。

人とかぶらないことは、こだわり派にとって重要なこと。そんなバッグをお探しの方におすすめなのが【COTOPAXI(コトパクシ)】だ。これは「アドベンチャーを通して貧困に苦しむ人々に光をあたえ、世界を改善する」をコンセプトに、アメリカのユタ州から発信するアウトドアブランド。生産はすべてフィリピンで行われ、同じものはひとつとして存在しない一点ものが特徴。売り上げの一部は慈善団体に寄付され、貧困に苦しむ人々に医療と教育、そして住みやすい生活の場を提供している。カラーリングもアクセントになる、今風なデザインが光る逸品だ。

軽量で使いやすい18L仕様。

[LUZON DEL LIA18L DAY PACK]はわずか300gと軽量ながら耐久性に優れたリップストップナイロンを使用。メインの開口部上部にはハイドレーション用のホールを搭載。デイリーユースやトレッキングに最適な18Lの容量と、セカンドバッグにも最適なコンパクトさが魅力だ。

軽量で丈夫な作り、さらに一点もののデザインがたまらない【COTOPAXI(コトパクシ)】のバッグ。ライトウェイトの新しいカタチを示したプロダクトの実力を、今夏体感したい。

梅雨でも安心。防水性を高めた【THE NORTH FACE】OSHMAN’S別注バッグ

2016.05.20

デイリーユースからビジネスまで対応。

夏の前に、乗り越えなくてはならない梅雨時期。このタイミングでピックアップしたのが防水性を高めた【THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)】の別注品だ。デイジーチェーンやフラップをなくした、よりスッキリとした機能美を堪能できる仕上がりとなっている。

シンプルにムダを削ぎ落とした大人の逸品。

ベースとなったのは【THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)】の新定番である[PRO FUSEBOX]。荷物が整理しやすく、モノをたくさん入れても型がくずれないボックス型で、内部には15インチまでのPCが収納できるパッド付きスリーブやオーガナイザーを備えているのが特徴だ。別注モデルはフロントのデイジーチェーンとフラップを外し、フロントの縦のファスナーを止水仕様に。メインファスナーを裏地使いすることにより、スッキリとした印象に仕上がっている。ロゴマークを両サイドに、同色で大きくプリントしているのをアクセントに使いたい。

これからの時期に最適な防水機能と、シーンを選ばないブラックカラーとシンプルな作りが魅力の[別注PRO FUSEBOX]。オンオフをクロスオーバーする汎用性の高さを体感してみては。

即楽アウトドアギア、テーブル編。【NEUTRAL OUTDOOR】OSHMAN’S別注品

2016.04.21

まず手に入れたい、コンパクトなテーブル。

日に日にあたたかくなり、アウトドアでのアクティビティが気持ち良い季節。そんな時はキャンプやBBQ、公園ピクニックなど外でのランチやコーヒーなどもオススメ。いつも家で食べてる料理でも、外で食べるだけでおいしく感じるもの。アウトドアランチはこれからの季節におすすめだ。そこでマル必なのがコンパクトで持ち運びが容易なテーブル。テーブルひとつでアウトドアでの過ごしかたが快適に激変するはず。

見た目も機能も技アリな別注品。

2015年春よりブランドをスタートさせた、新しいキャンピングギアブランドで日常生活から離れて自然の中で”ニュートラル=中立”な自分を取り戻す時を過ごして欲しい、という想いからブランド名が付けられ、自然な素材感と快適な使い勝手を持ったアイテム群を開発している【NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)】。なかでも人気のバンブーテーブルにOSHMSN’Sが別注をかけたテーブル。

大きさは2人で使う時や簡単ランチなどに向いているコンパクトタイプ(M)と、ファミリーキャンプにも使用が出来るスタンダードタイプ(L)。2サイズともにふたつ折り仕様で、高さは2段階に調節可能に。通常は黒のメッシュハンガーをスタイルにもこだわりたいOSHMAN’Sからは、アウトドアシーンに自然に取り込めるベイジュをチョイス。ナチュラル感にこだわった【ニュートラルアウトドア】がより使いやすくなった。

別注により収納バッグも付属。

コンパクトで持ち運びのしやすさを売りにしたテーブルは多くあるが、結局はテーブルを使う時って他の一緒に使いたい小物がその時によってあるから、それも一緒に運べたら便利だよねという何気ない会話からスタートした今回の別注品。収納も考えたトートバッグを付属させることでより持ち運びやすく、外で楽しみたいコーヒーなどのちょっとした小物ならテーブルと一緒に運ぶことが出来る仕様に。

【NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア)】の別注バッグなら、手軽なアウトドアとして注目されている公園ピクニックくらいの荷物はひとつで済ますことも可能。アウトドアギア入門編としても是非。

使いやすさとビジュアルを追求したOSHMAN’S別注【PORT CANVAS】のキャンバスバッグ

2016.03.24

手間ひまかけて作られたこだわりバッグ。

丈夫でカジュアルなキャンバスバッグは、トレンドを超越したアイテム。ひとつは持っておきたいけれど人とかぶりたくないというこだわり派におすすめしたいのが【PORT CANVAS(ポートキャンバス)】。このブランドは1968年、メイン州の港町ケネバンクポートにて設立。メインプロダクトは、ボートの帆布生地を使ったのハンドメイドのキャンバスバッグで裁断から縫製まですべての工程を一人の職人が手掛け、完成品のタグに自身のサインを入れることで、徹底した品質管理を実現。非効率ながらも、機械による大量生産を行わず、頑なに手作りに拘り、なおかつ高いクオリティーをキープ。その一つ一つに生産者の想いや温か味が感じられるバッグは、愛用者も多く、ブッシュファミリーやリチャードギアといった著名人も名を連ねている。

サイズやカラーを別注。

A4サイズがすっぽり収まり、普段使いに丁度良いポートキャンバスの定番トートバッグ[CLIPPER]。一枚のキャンバスを袋状に縫い合わせ、厚地のコットンヘリンボーンでテープ処理した耐久性の高い本体部分。消耗し易いボトムには同素材キャンバスを当て、コーナー部分を内側に織り込む事でさらに強度がUP。ハンドルは、重厚なコットンウェビングを一本使いで本体を覆うように配置。手持ち部分が折り返されている辺りも親切丁寧な設計だ。非常にしっかりとした作りで、使い込む程に味わいが増すアメリカらしいトートバッグ。 今回OSHMAN’Sでは通常は幅2㎝×長さ42cm(バッグ上端から計測)ハンドル部分をより背負いやすくする為に長さを47㎝に別注。カラーもOSHMAN’Sで指定したオリジナルカラーとなっている。

薄手のジャケットやシャツに合わせやすいトートバッグ。モノの出し入れが簡単で中を確認できる作りは普段使いはもちろん、公園ピクニックやキャンプなどのアウトドアシーンにも最適だ。

ビジネスから遊びまで使える【FULLCLIP】最新バッグ

2016.02.12

ミルスペックにこだわった話題のバッグブランド。

春からの新しい生活に向けて、バッグを新調しようと考えている方も多いはず。スタイリッシュなデザインで仕事から遊びまで使うことができればいうことなしだ。【FULLCLIP(フルクリップ)】は設立5年目の日本製バックブランド。ミルスペックにこだわり、すべて日本の工場にて作られる。最大の特長は、使いやすさを追求した結果生まれた〈ジェッドグライド〉。ラインナップすべてに搭載されたこのシステムは、片手でストラップを調整でき、荷物を取り出す時などに便利なのだ。昨年よりOSHMAN’Sで取り扱いをスタートしたこの【FULLCLIP(フルクリップ)】のバッグは、トレンドであるミリタリー感もアピール。新作も見逃せない出来映えだ。

見た目も使い勝手もバツグンな新作2タイプ。

[SKYDIVE CUT BACK]はバックパック、ショルダー、ハンドと3スタイルで使用でき、独特のロールアップシルエットで人気の[SKYDIVE]のデザインはそのままに、より汎用性を高めるためにひとまわり小さくリサイズしたもの。メイン素材はインビスタ社が提供するミルスペックのコーデュラ1000。頑丈な素材を使用しながらも、パーツ選びや荷重を分散させる設計により、PCを入れたとしても驚くほど軽く感じる。ビジネスシーンでもストレス知らずだ。

こちらも3WAYスタイルで使える、軽くて丈夫なトートバッグ。飽きのこないシンプルな外観で、オンオフ使える機能が随所に盛り込まれている。ジェットグライド標準装備のショルダーストラップにより、メッセンジャーバッグのようなスタイルで使用することができるのも嬉しい。

ガンガン使える丈夫なスペックと、トレンドを匂わすミリタリー顔で話題沸騰中のバッグブランド【FULLCLIP(フルクリップ)】。新作はより使いやすさを追求したサイジングがポイントだ。

※2月下旬入荷予定

  前の10件次の10件