OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > オッシュマンズブログ

オッシュマンズブログ OSHMAN'S BLOG

NEW ”NIKE FREE” 3月30日(金)ロンチ

2012.03.29

本来人間が持つ足の力を呼び起こすシューズ  ”FREE”

新たなる進化を遂げて3月30日(金)にロンチ!!

人が地球上で他生物に対して優位性を持って進化した理由は、狩猟民族として長く走れたことに起因しているといわれています。瞬間的なスピードでは、他生物に劣れど人が持つ長く走れる能力を活かし狩猟をすることで、食物を獲ることが出来たといわれています。

人は、遺伝子的に長い距離を走ることが出来ます。但し、文明の発達と共に走らずとも生きる手段を得たこと、またギア(シューズ)の進化に伴い走り方に変化が出てきたことにより、”走る”という機能に関しては退化してきているともいえます。

人が本来持っていた足本来の力を呼び起こすことを目的として造られたシューズがこのFREE。裸足で走ったときに近い動きの実現を可能にしてます。今回は、更なる機能進化をしてリニューアルしました。デイリーユースから、ランニングトレーニング、さらにトレーニング後のリカバリーシューズとしても利用できる、全てのランナーに向けたモデルとなっています。

新機能として、

NANOPLY(ナノプライ)

ストレッチメッシュの上に薄さを極めた人工皮革を貼り付けた素材。人工皮革の部分にレーザーで穴を開けることで、伸ばさない箇所と伸ばす箇所をデザインすることが出来る新素材。

DYNAMIC FIT(ダイナミックフィット)

アッパーのインナーパーツとして足の下から足を持ち上げ、中足部をあらゆる動きでもサポートフィットさせる新システム。

MIDFOOT ARCH FLEX GROOVES(ミッドフット アーチ フレックス グルーブ)

さらにハダシランニングの状態に近づけるため。アーチ部分に斜めのグルーブを新たに採用。

FREE RUN+3  ¥11.550-

アッパーにはナノプライとメッシュにダイナミックフィットを採用。ミッドフットエリアには3本のグルーフを配置。8mmオフセット(*)。全てのランナーに向けたNIKE FREE。

FREE 4.0 V2  ¥10.500-

アッパーにはナノプライとメッシュを採用、ミッドフットエリアには4本のグルーフを配置。6mmオフセット(*)。マラソン4時間切りを目指すネクストステップランナーに最適。

FREE R3.0 V4    ¥11.550-

アッパーにはフルレングスナノプライを採用、ミッドフットエリアには4本のグルーフを配置。4mmオフセット(*)することで、もっともハダシに近いモデル。エリートランナー向け。

(*)⇒ オフセットとは、かかとの高さとフォアフットの高さの差。前後高低差のこと。トレーニングタイプは、オフセットの差が大きく、差が小さければ小さいほどハダシに近くなります。ベアフットシューズは、限りなく0に近いモデルが多いです。FREE3.0 V4の4mmで、マラソンシューズに近いオフセットとなります。

上記カラー以外にも店頭に陳列されます。また今回ご紹介させていただいたRUNタイプ以外にも、トレーニングモデルもございますので、是非店頭にてご確認頂き、体感してみてください。

ナイキフリーの基本コンセプト/機能

裸足でのトレーニングは、怪我のリスクの軽減や運動能力向上の為に、世界中のコーチやアスリートたちに取り入れられてきました。しかし1年中屋外で裸足トレーニングを行える環境にあるアスリートはそう多くありません。そのため、ナイキは、裸足トレーニング同様の環境を実現するシューズを作れば、同様の効果が期待できるのではという仮説から商品を開発し、2004年より発売を開始しました。
「ナイキ フリー」は、裸足同様の足の動きを実現することで、普段使用されていない筋肉を刺激。人が本来持っていながら眠らせている機能を目覚めさせ、足そのものを鍛える、というコンセプトのもとに生まれたシューズ。「ナイキ フリー」のポイントは、ソールの縦横に深く刻まれた多数の溝=フレックスグルーブ。この溝とフィット感が高く軽量なアッパーが、裸足同様の自然な足の動きを促します。特に、着地から蹴り出しの時に、地面をしっかり捉え、屈曲する足指の動きが可能になることで、(足指からつながっている)足底~アキレス腱の筋肉が刺激・使用されます。

科学的に裏づけされたナイキ フリーがもたらす、裸足力

ドイツスポーツ大学(ドイツ・ケルン)の生物力学・整形外科研究所によるリサーチで、「ナイキ フリー」を着用しトレーニングを行った場合、足の筋肉、柔軟性、バランス力の向上に効果的であることが分かりました。実験は、健康で活動的な100 人の対象者に、6ヶ月間週4回、20分から30分間「ナイキ フリー」を着用してウォームアップを行ってもらい、筋力、筋肉断面の成長、足首の可動域、そしてバランス機能の向上を調査しました。「ナイキ フリー」を着用した場合、下肢と足の筋肉の向上に有効な負荷がかかります。研究では、「ナイキ フリー」が持つユニークな構造が、裸足トレーニングと同様の効果を生むと推測して実験を行い、この構造が生物学的に有効で、足筋への刺激を誘導するものであると結論付けました。

Captain Fin × Dane Reynolds “summer teeth” Fin 入荷!

2012.03.29

本国カリフォルニアではイケてるサーフショップには必ずラインナップしており、話題には事欠かないCAPTAIN FIN より待望のショートボード用フィンが発売されました。

第一弾はこれまた世界中が注目しているデーン・レイノルズとのリミテッドコラボとくれば注目せざるを得ないアイテムということになります!デーン・レイノルズといえばケリー・スレーターの次を担う存在ということでクイックシルバーとチャネルアイランズサーフボードからサポートされ、WTのコンペシーンでも誰もが認める実力者。ところがケリー・スレーターとは対極のコンペ嫌いでも有名。フリーサーファーとしても抜群の影響力でヘンテコなサーフボードを器用に扱うのも大得意。自身でもサーフボードデザインにも熱心で若くしてかなり魅力的なサーファーなのです。summer teethとはデーンのアパレルブランドで、昨年は売り上げの全額を東日本大震災の復興支援に寄付したということでも話題に。話題といえば今発売中のサーフィンライフで特集された日本のリバーマウスでのサーフィンも・・・。話題に事欠かないとはまさに彼のことですね。そんなカリフォルニアン、デーンだからこそCaptain fin クルーとも交流が深く今回のコラボが実現した模様。デーンの胸にアンカーマークのタトゥーが入っているのも不思議な偶然か?!

ベースはFuture Fin Al Merrick (AM1,AM2,AM3)テンプレートなので、Channel Islands サーフボードとの相性もばっちり。デーンの携わったモデル(dumpster diver,neckbread)にはベストマッチといえるでしょう!今期からはChannel Islandsのサーフボードはフィン無しで価格が更に安くなっての販売に切り替わります。future finのボードとこのフィンを合わせて買うのがオススメです!

ショートボードのフィンにももっとデザインと遊び心が欲しかったサーファーのみなさんには待ってましたという感じでしょうか?今のカリフォルニア”ノリ”を代表するようなアイテム。基本オンフィン派の自分もフューチャーフィンのボードが欲しくなるほどの逸品です!パッケージも最高です!ロングボーダーから火のついたCaptain Finですが、ショートボーダーとのコラボも着々と進められているようで、スタイルのあるサーファーがライダーにクレジットされてきています。今後のフィンの展開も楽しみです。

実はオッシュマンズではこのフィンにぴったりのサーフボード(?笑)をスペシャルオーダーしており、近日中に入荷予定です。これは本当に楽しみな限定品です。こちらも入荷したらブログでお知らせしますね。お楽しみに~。


captain fin × dane reynolds summer teeth fin   ¥12600

 

リアルなカリフォルニア情報が満載のCAPTAIN FIN のサイトも要チェック!英語ですが写真や動画だけでも面白いです!

 

My Favorite Shoes! =RUN=

2012.03.22

ご無沙汰してます。GOMIです。

海外出張BLOG以来のUPになっちゃいました・・・。

久々の登場でありながら今回からはMy Favorite シリーズとして リアルなお気に入りをリアルな話 でお伝えしよう!とういうかなり突発的な企画をスタートさせました。

いつまで続くかワカリマセン。 頑張ってみます・・・。

さあ、記念すべき最初で最後の企画になるかもしれないお題は ランニングシューズ。

僕は、まったくもってレースに興味なく、最新アイテムには興味津々の休日だけ気ままに5~15KMぐらい走る「気まぐれファンランナー」。

↑この自己紹介を前提としてBLOGを見てください! 僕基準です。

NIKE  ZOOM ELITE+ ¥10,290  (展開は店舗によって異なります)

2012年の春モデルとしてリリースされたNIKEの新作ランニングシューズ。フルマラソンで4時間切りを目指すランナー向けに開発されたレース&トレーニングモデル。

片足300g(参考)というこのクラスでは軽量モデル。

サドル部(中足部)には新機能を搭載しインナーとアッパーがシューレースによって連動され、すべての足型の合わせた心地よいサポート&フィット感を実現。

NIKEといえばクッションは何?というランナーも多いはず。

このモデルはある程度のスピードで走ることを前提としているので、フォアフット(前足部)に 衝撃吸収&反発性に優れた【 ZOOM AIR】を採用。これにより蹴り足(後ろ足)のパワーを推進力へと転換させる効果が発揮されます。 ヒールからフォアフットにかけてはクラッシュパッドというサポートパーツを採用してよりスムーズな前から後ろへの体重移動を可能にしています。

インソールにはなかなかフォーカスされることの少ないですが、【FITSOLE2】というアーチサポートパーツが一体化されたものが装備されています。これによってインソール自体の耐久性が上がると同時に足裏の凹凸を感じるストレスも軽減させてくれます。

ここまでが基本的な情報です。

ここからは・・・個人的なコメントですよ。あくまで個人的な。

僕はコレを履くときは気合いれて5・6kmを5min/km前後で必死に走ります。つまり・・・体力はありません。

ですが、5min/km(1㌔あたり5分)のペースで走っていると 最高な履き心地一歩一歩でグライド感を味わいながら、ヒールより前で着地から蹴り出しがスムーズになります。そして前述のサドル(中足)部をサポートしているシューレース一体の機能が発揮され横ブレをあまり感じません。

この辺は流石のNIKEのモノづくり。もちろん納得です。(あ、上から目線でスイマセン)

ただーし、グッドもあればバッドも。

誰の足型にでもフィット感を調整できる構造が欠点にもなり、実際僕は足幅が広いのですが、そんな僕でもこのモデルはトゥーボックス(つま先部分)がルーズな感じがします。ですから速いペースで蹴り足がシッカリしている人は蹴った瞬間に地面からの足離れが悪く感じるハズです。

なので、5min/㎞~5m30s/kmより早いペースで走る人にはあまりオススメできませんね。

逆に6min/km以上の方にも勧められませせん。サポート機能としては推進力がついている上体にサポートすることを目的としているので、オーバープロネション(過回内運動)を起こしている人や、ランニングし始めて体力も筋力もまだ備わっていない人にはもっとサポート力のあるもでるをオススメします。

言い方を換えれば・・・(個人的評価なので男性基準でスイマセン)

●この春の健康診断でメタボリックの疑いアリだからランニングし始めよう!!って人は・・・不向かも!

●昨年の春の健康診断で悔しい思いをしてからは週に三回ぐらいランニングしてる!!って人には・・・試してみて!

●いくつかハーフや10Kマラソンにでたけどイマイチ記録が伸びない!とお悩みに方には・・・オススメ!

●フルマラソンはいくつか経験済み。 そろそろ4時間半を切る6min/kmぐらいのペースを保ちたいって人は・・・是非お試しを!

●俺ってサブ4ランナーだぜ!って人は・・・他にも選択肢がありますよ!

となりますかね。 もちろんペース以外のシューズ選択基準もありますのでお間違えなく!

あ、それともう1パターン。

●俺はファッション業界関係者。ランニング歴もそこそこあって、常にスタイリッシュなランナーでいたい!って人は・・・GYAKUSOUカラーをドウゾ。

☆GYAKUSOUとは・・・コチラを御覧下さい。  2011FWモデル / 2012SSモデル(上写真は12SSモデル)

もちろん! 女子モデルもあります!

こちらは基本的な機能はMEN`Sと同じなのですが、インソールが【FITSOLE2】の一面オーソライト張りのものになりMEN‘Sに比べて履いたときの足入れ感よりソフトに仕上がっています。

※上段2色はGYAKUSOUカラーとなっています。

最後に。

僕のソックスはOSHMAN`Sがメーカーと共同制作したアイテム【 SOUKI】のグリップソックスです。

ちなみに最近履いているのは4月下旬に発売予定のアップデート版のサンプル。前作よりも良いですよ~。

SOUKIも過去に詳しくBLOG上げてるんで時間あれば気合入れて読み込んでください・・・コチラ

とまあ、いつもどうりに長ったらしく綴ってみました・・・。

My Favoriteシリーズはどのように続くかワカリマセン。

でも心には次にレポートしたいNE●BALANCE社のランニングシューズで気になるモデルがあるんです・・・

乞う御期待くださいませ。

GOMI

二子玉川店限定「MUSASHI試飲会開催」のお知らせ

2012.03.21

OSHMAN’S二子玉川店が3/19に1周年を向かえました。

1周年特別企画としまして「MUSASHI試飲会」を開催いたします。

MUSASHIを一度試してみたい方は是非ご来店下さい。

現在サプリメントフェア開催中なので、OSHMAN’S POINTが税抜100円お買い上げにつき

10POINTつきます。

ということはNIのLARGE SIZE\12495を購入すると1190POINTがつきます。1POINT1円だから

  \12495-\1190=\11305で購入できた計算になります。

現在NETで安く販売されていないMUSASHIを購入するには絶好のチャンスです。

詳しい事は当日OSHMAN`S&MUSASHIの専門スタッフががっつり接客をさせて頂きます!

MUSASHI試飲会

3月24日(土)

時間:12:00~19:00頃まで

場所:二子玉川サプリメント売場

 

皆様のご来店お待ちしております。

OSHMAN’S SNOW CAMP IN MYOUKO/SEKI イベントレポート

2012.03.19

3/9~3/11 オッシュマンズでは久しぶりとなるスノーボードツアーを開催しました。今回のツアーはこの数年行ってきたバックカントリーツアーだけでなく、BURTON SNOWBOARDの来期のモデルにいち早く試乗できる試乗会やゲレンデ内をプロと一緒に滑りながら、いかに楽しむかをレクチャーしてもらうなど、ちょっと視点を変えたオッシュマンズらしい大人のスノーボードツアーをコンセプトに妙高・関温泉スキー場に行ってきました。日本でも有数の豪雪地帯である関温泉は今年は特に雪の多いシーズンということで、地元の方が28年ぶりというほどの雪。イベント前、数日間は降らなかったようですが、前日にはまとまった雪が降り、かなり期待のできるスタートとなりました。そんなツアーを写真をまじえて紹介していきたいと思います。長くなったらごめんなさい・・・


金曜の夜に新宿に集合!仕事を終えてから、いよいよ休日モードのスタート!テンションあがりますね。


バスの中はなんだかゴージャスでアダルトな雰囲気。山でのセルフレスキューの映像やライディングの映像を観ながら深夜の高速を一路妙高へ。


ホテルで着替えたらいよいよゲレンデへ。ゲレンデ中腹にテントのブースを設置。BURTON,WANDの来期モデルのスノーボードの試乗、PATAGONIAの来期のスノーラインの試着ができるように用意しました。みなさんかなり積極的に試していました。やはり、新しいものには興味シンシン。

ここで一度集合して、ここからは各アクティビティに分かれてスタートです。試乗、試着をしつつ、バックカントリーチームは近藤隊長の引率でまずはゲレンデ内のパウダーで滑る練習へ。ゲレンデチームはBURTONのライダーでここ関温泉をベースにしている吉村成史プロの引率でゲレンデ内をクルージング。とはいえ地形の面白さとバリエーションの豊かさで有名な関温泉はゲレンデとゲレンデ脇を使えば相当滑り応えがあります。少し積もったパウダーをもとめて、各班ともに午前中だけでもかなり滑りこめたようです。


楽しめるところがいっぱいです。関温泉を知り尽くした吉村プロに遊び方と斜面にあわせた滑り方をレクチャーしてもらいながらのセッションはプライスレスに有意義でした!


午前のセッションを終えた段階ですでにこの笑顔!やや寝不足なのも吹っ飛びました。

昼食をとり、午後の部スタート。午後はBCツアーの模様をレポートします。
ガイドはもちろん近藤謙司さん。世界的な山岳ガイドで本当にすごい方なのですが、縁あってオッシュマンズのバックカントリーツアーの第1回目からかれこれ9年もお世話になっています。


スノーシューを着けていよいよハイクアップスタートです。


小雪のちらつく中を登って行きます。


しばらく登るとだんだん雲が抜けてきました!太陽が見えてくる感じはかなり幻想的。


晴れたところで集合写真!まだまだ元気です!


いよいよドロップポイントへ。パウダーの中ではスタートしやすいようにノーズをあげて、後ろ脚からビンディングを装着するのがオススメです。北向きの斜面は雪もやわらかくて楽しそ~。ゲレンデに向かって滑り下ります。その後は宿泊する「休暇村・妙高」の目の前まで滑って帰ります。

へとへとに疲れたところでお待ちかねのディナー。地元食材を使った料理はかなり盛りだくさんで、おいしい!さすが新潟米どころとあってご飯がおいしいのでついついおかわりしてしまいます。

ディナーが終わってから場所を移動して映像の上映会へ。


このあいだwowwowで上映されかなりの反響で数回にわたり再放送された近藤さんが一般のお客さん(35歳のOL、68歳の男性)をエベレストに連れて行くというドキュメンタリー「エベレスト登れます」を解説付きで上映しました。この映像には皆がっちり引きこまれてしまい、お酒がまったく進まないほどで、途中から涙をうかべるお客さまも多数。今回のツアーにこれに出演している68歳(撮影当時)の楠さんも参加していたので、かなりの感動的な上映会となりました。


なんと参加の篠原さんの差し入れ、豚の生ハム!一同これにも興奮!

その後は疲れて寝る人、まだまだ寝ない人とそれぞれ自由に過ごしてもらい。2日目に期待しながら、初日終了。

2日目は朝風呂からスタート。もちろん温泉が有名ですから。前日とは打って変わっての晴天にこれまたテンションあがります。ちょうどお風呂のまどから正面に今日登るであろうピークが・・・。


真中の一番高いピークが本日のbcツアーの目的地。期待が高まります!手前は休暇村のゲレンデ。ファミリーには最高のゲレンデです。

2日目もゲレンデチームとbcツアーチームに分かれてスタート。


今日はロングハイクなので、万全の準備を整えます。あれ?このボードは?気になりますね~。来期のバートンには期待大です。


晴れているとハイクも気持ちいい~。まだ前半は余裕もあるのですが、後半は・・・。


林を抜けたくらいで妙高山がバーンと見えてきます。おーおぉ!


この尾根からドロップです!バーンの大きさと斜度に期待と不安が入り交じります!折しもこの日は3/11ということで、近藤隊長は昨年エベレストの山頂から日本にメッセージを送った”Pray for Japan”のフラッグを着けての滑走です。この斜面は・・・。久々にしびれる(心も足も)感動的な斜面でした。


この写真を見ていただければスケールがわかるかと。とにかくでかい!ただ数か所で小さな雪崩が発生しており、ガイドなしでは決して入れないということも再認識させられます。


北斜面にはたっぷりパウダーが残っていました!この時期なので、ドライなパウダーとは行きませんが、滑りやすい楽しいパウダーを満喫。


登り甲斐もありましたが、それ以上に滑り甲斐のある沢です。地形が素晴らしいです。


ほぼ調子良く滑り下りてくると、目の前に崖が!斜面を回り込んでなんとか回避しますが、自然のスケールの大きさにしびれました。余談ですが、この崖を昨夜のMVP?の星野俊輔プロは飛んでしまうそうです。唖然・・・。


皆、無事に到着!後ろの真中にちょこっと見えるのが今日登ったピークです。かなりのロングコースでしたがスムーズに戻ってこられました。↓↓この2人のおかげです。


ガイドの高橋玉樹さん(左)と近藤謙司さん(右)。スペシャルなツアーをありがとうございました。

 

宿で皆と合流して、帰りの準備。あっという間の2日です。


ロビーで閉会式。


burtonライダーの吉村成史プロ、星野俊輔プロ。このエリアを代表する2人でもあります。ゲレンデセッション(&夜のセッションも)最高でした!


全員集合写真です!参加の皆さん、協力していただいた皆さん、ありがとうございました!最高でした、よね?

 

さてここで終わらないのがバスツアーの良さ、帰りのバスの道中も楽しんで行きましょー、ということで恒例の(?)豪華賞品の当たるじゃんけん大会!


これでまたまたテンションアップ!

協賛メーカーのみなさんありがとうございました。

BURTON SNOWBOARDS

patagonia

ZEN

PENNY SKATEBOARD

HAGLOFS

DA KINE

ADVENTURE GUIDES

そして、ツアーを開催させていただいた関温泉スキー場
にも多大なる協力をしていただきました。ありがとうございます。コンパクトながらバリエーションに富み、奥が深い最高のゲレンデ(+α)です。今年は雪も多いので5月の連休くらいまで十分に楽しめそうなので、シーズン終盤の春スノーボードで是非行ってみてください。春は地形が楽しめますよ!

 

今回は至らないところもあり、参加者の皆様にはご迷惑をおかけしたところ、スムーズに進行できなかったところなどありました。すみませんでした。この反省をいかして、来年はよりグレードアップしたスノーツアーを企画しますので、期待していてください。今年参加できなかった方も来年こそはどうですか?最高に楽しいツアーですよ!待ってます!

もっと写真を観たい方はfacebookページのアルバムにアップしてありますので、「アルバム1」、「アルバム2」をチェックしてみてください。

だんだんと春めいてきてスノーボードシーズンも終わりかな~と思っている方も多いと思いますが、まだまだ春山シーズンはこれからが本番。真冬とはちょっと違った楽しみもあるので、視点を変えて楽しんでください!今シーズンは”SPRING SESSION”も存分に楽しみましょ~。テンション上げるにはこちらのDVD”SPRING SESSION”で!

今年も海に山に最高の遊びを提案しますので、みなさん遊びましょうね。

 

 

ページトップへ

3/3(土) GYAKUSOU spring/summer 2012 発売開始!

2012.03.02

3/3(土) GYAKUSOU Spring/Summer 2012 パフォーマンスランニングコレクション発売開始!!

NIKEとUNDERCOVERの創設者・デザイナーである高橋盾氏が協力し、SPRING2012シーズンの高機能ランニングギアの最新コレクションを発表します。
スタイルと機能。瞑想と労作。陰と陽。ナイキと高橋氏は、メンズコレクションと、今回初めての展開となるウィメンズコレクションで、これら2つの世界の粋を表現しました。この高機能のランニングウェアにはナイキの技術的イノベーション、先端を行くスタイルと伝統的な手作りの技が調和されています。

ムービーはこちらから>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回4シーズン目となる_コレクションも引き続き、動きの自由さと快適性、そして収納性に配慮、鍵などの必需品がランニング中にも音を立てずに保管でき、表からも目立たないポケットなどが設けられています。一部のトップスやジャケットは通気性を最大限高めるために脇の部分が開いており、多くの製品に取り付けられた曲線やギャザーをつかった袖のデザインは、自然な腕の動きを可能にします。また、ナイキのドライフィット技術がランナーの快適性を維持し、さらに今回のコレクションでは、暖かくなる気候に合わせて軽量な素材を用い、高橋氏自身が走るときの好みを生かしてこれまでよりも細身で軽量なガーメントが設けられています。

ウィメンズコレクションでは、女性のフォームや感性を考慮したデザインが施されています。例えばコンバーチブルスカートには女性ランナーが求める動きの自由を実現するため、ユニークなプリーツを採用。他にも、肩、胸、ヒップに用いたプリーツやギャザーが身体を動かすスペースを生み出しながら、女性の体やフォームに合わせたスリムでスマートな仕上がりを実現しています。

ファーストシーズンから一貫して、カラーはNIKE ×UNDERCOVER GYAKUSOUコレクションの重要な要素となっており、自然と都市の風景になじむ色や素材が特徴です。
メンズコレクションは昨シーズンに引き続き、紳士服に使われているような杢グレー素材を使用し、スポーツウェアとビジネススーツの世界を融合。グレー、グリーン、ブルーなどの深い色合いに、濃いバーガンディレッドのアクセントが映えています。
ウィメンズコレクションに使われているピートモス、オリーブカーキ、ダークオブシディアン、ミッドナイトフォッグなどの魅力的な色合いは、強さを持ちながらも自然さを失うことはありません。これらの色は、コレクションとコーディネイトしたフットウェア、ナイキ ズームエリート+にも用いられています。

 

Men’s Nike Zoom Elite+JP  ¥11340

 

 

 

 

 

 

 

Women’s Nike Zoom Elite+JP ¥11340

 

 

 

 

 

 

 

 

 

< “GYAKUSOU”とは>
高橋氏は人気の高いクロージングレーベル、UNDERCOVERの生みの親でもあり、ヘッドデザイナーを務める一方、東京をベースにする小さなランニンググループ TEAM GIRAの熱心なメンバーでもあります。GYAKUSOU(逆走)という名は、文字通り、多くのランナーが反時計回りに走る中、GIRAのメンバーがその逆回りで走っていることから生まれました。
高橋氏は瞑想でもあり、アドレナリンの刺激もある自分のランニングをインスピレーションにGYAKUSOUコレクションを生み出しています。

※取り扱い店舗は全国でも11店舗のみ。オッシュマンズでは新宿店と二子玉川店の2店舗のみの発売となります。