OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > オッシュマンズブログ

オッシュマンズブログ OSHMAN'S BLOG

6月28日開催 ランチ付ビギナー向けサーフィンスクール IN 鵠沼海岸

2014.05.27

6月28日(土)のサーフィンスクールはランチ付で開催!

サーフィンスクールの後は海から歩いてすぐのダイニングレストランで一緒にランチを食べながらその日のスクールでの反省や今後の目標などアドバイスします。その他なんでもスタッフに聞いてください。ぜひ、いろんな話をしましょう。

また、今回のサーフィンスクールでは皆様のライディングの撮影を予定しています。うまく撮影ができれば(きれいに撮れてなかったらゴメンナサイ)ランチ後に上映会を行います。

なので今回のサーフィンスクールはスクールを受けてすぐにおいしいランチを食べながらコーチからのアドバイスをゆっくり聞けて、自分のライディングを画像でチェックもできるからいつもより上達できるはず!

スクールの内容はビギナー向けのスクールなっています。通常の体験スクールとはプログラムが異なりますのでご注意ください。

サーフィンはやったことがあるけど・・テイクオフが出来ない、立てないなどサーフィンをはじめたけどなかなか上手くならないと悩んでいる方、一度基本に戻ることで上達のヒントが見つかります。なかなかサーフィンが上達しないと悩んでいる方はぜひ参加してみてください。(基本的には初心者~初級者向けのスクールです。テイクオフがうまく出来ない方が対象になります)。

オッシュマンズは皆さんが一人でサーフィンを楽しめるまでサポートします!

オッシュマンズのサーフィンスクールがオススメの理由は・・・

①サーフボードもウェットスーツも全て無料でレンタル

②しかもサーフボードは浮力もあり、もしぶつけてしまっても安心のスポンジボード

③経験豊かなスタッフ

④一人でサーフィンを楽しめるまでサポートする安心のプログラム

経験豊かなスタッフがやさしく楽しくサーフィンをお教えします。

申し込みはオッシュマンズ各店で開催日の1か月前より受付を開始します。また、詳しい内容を知りたい方も各店サーフ売場までお問い合わせ下さい。

【6月28日 ビギナーサーフィンスクール】 *5/28(水)より受付スタート。

開催場所 : 鵠沼海岸(湘南)スケートボードパーク駐車場

*小田急江ノ島線「鵠沼海岸」駅から徒歩10分/駐車場もあります。

集合時間 : AM8:00

参加費 : ¥5,000(+税) ランチ付

募集人数 : 15名程度
*申し込み状況により募集人数の変更がある場合もあります。

過去のスクールのレポートはこちら

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~2014.5.18開催

2014.05.27

まず最初にお知らせです。
チャレンジド・ヨガが2014(平成26)年 寄附金付年賀はがき・年賀切手の「活動・チャレンジプログラム」に認定されました!
これは、寄付金付き年賀はがき・年賀切手の販売によって集まった寄付金を使って、継続的な社会活動を行う非営利団体を助成するというものです。

そこで、今回から新たな講座を追加することになりました。

 

視覚障がいをお持ちの方をより多角的にサポートしていくために、今回は午前中にiPad、iPhoneの活用法を学ぶ「徹底活用!iPad・iPhone」が開催されました。
視覚障がい者が外出する際に、心強い味方になってくれるiPadやiPhone。
障がい者向けに用意されている基本機能と、便利なアプリの紹介などが行われました。

講師は自らも視覚障がいをお持ちの佐々木 彩奈さん。
実体験をもとに、具体的な生活シーンに根差した活用方法などを
お話しされていました。

ハイライトはやっぱり後半の「実際に触ってみよう!」。
皆それぞれに、自分の思い描く「こんなことが出来たら」を試していきます。

質問も飛び交いにぎやかな会場。
あっという間の1時間半でした。

iPad、iPhoneの講習は全5回の構成で、隔月開催の予定です。
次回の開催日時は7/13(日) 11:30~13:00です。
各回が独立した内容なので、2回目からの受講でも大丈夫ですよ。
受講の申し込みはチャレンジド・ヨガ プロジェクトまで。

 

 

さて、ここからはいつもの「チャレンジド・ヨガ」。

今月のテーマは2つ。
① 参加者の方からのリクエスト・ご質問にお答えして、家で出来る朝の「おはよ~ヨガ」 と 寝る前の「おやすみヨガ」
② ポーズとポーズを流れるヨガの「ヴィンヤサフロー」を体験し、呼吸を意識してみましょ♪

今回は、視覚障がい者、同伴者合わせて過去最多の26名の参加。
会場にも所狭しとマットが引かれています。

参加される皆さんを駅まで迎えに行ったサポーターさんが戻ってくると、一気ににぎやかになる会場。
到着した皆さんを一人ひとりご案内していきます。

 

全員揃ったところでいつもの安楽座からのごあいさつ。

① 安楽座(いわゆる胡坐)の姿勢で座ります。
しっかりお尻を割って座るのがポイント。
② 開いた両掌を上に向けて両ひざの上に置きます。

③ 親指と人差し指で輪を作ります。
この手のかたちを「チンムドラー(智慧の印)」と言います。
チンムドラーとは「封印」の意味で、意識を中心に集め、エネルギーを閉じ込める効果があると言われています。

サポーターさんもいろいろ工夫しながら、指のかたちを伝えていきます。

④ 呼吸を整え、背筋を伸ばして胸の前で合掌します。
⑤ 手のひらを合わせたまま、腕を頭上に伸ばします。
⑥ 伸ばした腕をそのまま静かにおろして合掌のかたちに戻ります。

 

 

さて、本日のテーマ。
まずは「おはよ~ヨガ」から。

最初のポーズは「足指じゃんけん」
身体の末端から動かして、脳と身体を目覚めさせていきます。

普段から足指を動かして開きやすくしておくと、立ちポーズのときも足がしっかりマットを捉えて安定するようになります。
「おはよ~」の設定からすると仰向けでやったほうがいいのでしょうが、指の動きを練習するため、今回は長座の姿勢で行います。

 

最初は「パー」

5本の指を思い切り開きます。
最初は力の入れ方が分からないので、足指の間に手の指を入れて、足指の開く感覚を掴みます。

続いて「チョキ」

親指だけを下(前方)に下げ、残りの四本は上(身体側)に反らします。
ここでも手を使って、足指のかたちの感覚を掴んでいきます。

最後は「グー」
5本の指全部を丸めます。

 

 

 

 

一通りわかったところで足指じゃんけん開始。
先生は「パー」を出すと宣言。

皆、チョキを出そうと奮闘中(笑)。

 

 

身体に「おはよ~」シグナルを送ったところで、今度は身体を伸ばして凝りをほぐします。
ポーズは「(寝ながらの)半月のポーズ」

身体の側面を弓なりに伸ばして半月を作ります。
わき腹あたりの普段使わない部分を伸ばして血行を良くします。
腎臓や肝臓にも効果あり。
本来は立位のポーズですが、今回は仰向けの姿勢で行います。

① 仰向けの姿勢で、足を揃えて伸ばします。
かかとを突き出し、アキレス腱を伸ばして、足の裏に接する地面をイメージします。

 

 

② 上半身はそのままで、両脚を右にずらします。
かかとがマットからはみ出る感じで。

 

 

 


③ 今度は腕を頭上に伸ばして手のひらを合わせます。
親指と人差し指だけ伸ばして、残りの3本の指を組みます。
拳銃ごっこで「バキューン」とやるときの、あのかたちです。
こうしておくと、身体を曲げた時に両手が離れないので、より体側を伸ばしやすくなります。

 

 

 


④ 息を吸いながら身体を上下にぐ~っと伸ばします。
⑤ 今度は息を吐きながら、手足を身体の右側に寄せていきます。身体の左側面全体を伸ばして月の円弧を描きます。
体側を伸ばした方の肩(この場合は左側)がマットから離れがちになるので、両肩をしっかりマットに付けるよう意識しましょう。
⑥ 同様に手足を左に寄せて、身体の右側も伸ばします。
⑦ 左右のセットを3~5回繰り返します。


ちょっと狭かったですね。ごめんなさいm(_ _)m (高平先生談)。

 

 

 

 

 

 

続いてのポーズは「ねこのポーズ」
呼吸のリズムに合わせて身体を動かし、自然な目覚めを促します。

背骨の柔軟性を高め、首こりや肩こりの解消、内臓機能の調整などの効果があると言われています。

① 四つんばいの姿勢になります。呼吸は鼻呼吸。
腕と太ももは床に対して垂直に立て、腕は肩幅、脚は腰幅に広げます。
② 手足の位置はそのまま動かさずに、つま先を立てます。


③ 息を吐きながら、背中を丸めて持ち上げます。
あごを引き、視線はおへそを見る感じで。

 


 


④ 今度は息を吸いながら、ゆっくり背中を反らせます。顔を上に向けて、お尻から後頭部まで使って弓なりのラインを作ります。
胸を大きく開いて、朝の空気で肺を満たしましょう。

⑤ ③と④のセットを3~5回繰り返します。
以前のチャレンジド・ヨガでは足の甲をマットに付けてポーズを取りましたが、つま先を立てて行うと、足指の刺激が心地よいアクセントとなり、すっきりした目覚めへと誘ってくれます。

 

 

続いては、2つのポーズを連続して行う「ヴィンヤサフロー」。
「ダウンドッグ」「板のポーズ」を続けて行います。
身体を伸ばして引き締めてを繰り返すことで、今日一日の活力を引き出します。

まずは「ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)」から。
足腰の疲労回復、背骨のゆがみの解消、消化機能の改善に効果があります。

① 四つんばいの姿勢になります。腕と太ももは床に対して垂直に立て、腕は肩幅、脚は腰幅に広げます。
② 両手を少し前に移動し、両足のつま先を立てます。
親指の付け根でしっかりマットを押す感じです。




③ 息を吐きながら、ひざを床から浮かせ、お尻を天井に向けて持ち上げていきます。
がんばってお尻を持ち上げていくと、腰が気持ちよく伸びていきます。
視線はおへその下を見る感じで、首の後ろ側をリラックスさせます。


④ 余裕があれば両脇をしっかりと伸ばし、さらに余裕があれば両ひざも伸ばし、かかとをゆっくりと床に沈めていきます。
⑤ お尻をさらに後ろ斜め上の方に突き出すようにして、腰を気持ちよく伸ばします。
背骨を伸ばして、手にもたれかかるような感覚を作ります。
壁に斜めに立てかけた薄い板が、自分の重みでくにゃっとしなるようなイメージ。
下半身が壁で、上半身が板です。

⑥ この姿勢で首や肩の力を抜いていきます。
ポーズが決まったらそのまま3~5呼吸の間、その姿勢を維持します。

先生のポーズは見事に余計な力が抜けていて、何だかとっても気持ちよさそうに見えるんですが・・・なかなかこうはいきません(苦笑)。

 

 

今度は2つ目の「板のポーズ」
身体の背面で一直線の固い板を作ります。見た目は腕立て伏せの腕を曲げる前の体勢ですね。
腕や手首、背骨、腹部を強化、体幹を鍛えるポーズ。
お腹、ウェスト、お尻、二の腕など、ぷよぷよしがちな部分を引き締めて、身体をシャキッと目覚めさせます。

① お尻を高く上げたダウンドッグのポーズから、腕や脚は伸ばしたまま、息を吸いながら身体を前方へ移動させます。
かかとをマットから離してつま先立ちになり、肩が手首の真上に来るようにして、胴体が床と平行になるあたりまでお尻の位置を下げていきます。
腰はまだ真っ直ぐに伸ばさず、少し曲がったくらいの状態です。


サポーターさんの手を借りながら、床と平行になる位置を感覚で掴んでいきます。

 

 

 

 

 


② 人差し指の付け根でマットを押し、二の腕を外から内側に締めるようにして、肩甲骨を左右に伸ばします。
③ 肩の姿勢が決まったら、さらに腰の位置を下げて、身体全体を一枚の板の状態にします。
腰が下がりすぎて身体が反り返らないよう、下腹を引き締め、太ももの前側を天井に向かって押し上げます。
伸ばした太ももからかかとまでの脚全体を天井に向かって持ち上げ、足の裏が床と垂直になるようにして姿勢を安定させます。
壁に足の裏を付けて練習して、足の裏が垂直に立つ感覚を掴むと良いでしょう。

④ 首は胴体と平行に伸ばし、視線の向きは目の前の床(マットについた両手指の少し上くらい)を見る感じで。
首から上に余計な力を入れずにリラックスさせましょう。


身体が反ってしまったり、腰が浮いてしまったりするのをサポーターさんにチェックしてもらいながら、板の感覚を掴んでいきます。

 

⑤ 3~5呼吸、姿勢を維持したら、再びお尻を持ち上げてダウンドッグのポーズへ移ります。
⑥ ダウンドッグ~板のポーズのセットを3回~5回繰り返します。

 

先生、これホントに寝起きでやるんですか?
ハアハア言っちゃってますけど(苦笑)。

 

 

おはよ~ヨガのラストは「太陽礼拝(前半部分)」
一日の始めと終わりを司る太陽は死と再生の象徴。
生命を育む太陽を礼拝し、その光を全身で感じて、そのエネルギーを体内に取り込みます。
身体全体を温めて脂肪を燃やし、筋肉や関節をほぐす効果があります。

① 足を揃えるか、肩幅程度に間隔を空けて立ちます。両手は体側に自然に下ろします。

 

 

② 胸の前で合掌します。

 

 

③ 息を吸いながら真っ直ぐ前方に腕を伸ばし、合掌を解いて手のひらを正面に向け、さらに伸ばした両腕を上に上げていきます。
身体をしっかりと反らし、上空はるかに輝く太陽を仰ぎ見るようなイメージです。
手のひらを正面に向ける際、両手の親指だけを組んで蝶のようなかたちにするやり方もあります。両方試して気持ちよく全身を伸ばせるほうでやってみましょう。

④ 息を吐きながら腕を下して合掌の姿勢に戻り、礼拝を繰り返します。

 

思い切り身体を伸ばすと眠気も取れて、頭の中がすっきりしてきます。
朝ご飯が美味しく頂けそうですね(笑)。

 

 

さて、続いては就寝前の「おやすみヨガ」
一日のうちに溜まった凝りや疲れを癒して、心地よい睡眠へと誘います。

最初のポーズは「やさしいラクダのポーズ」
本日のチャレンジポーズです。
ひざ立ちで身体を後ろに反らせ、上体の前面でらくだのこぶを作ります。
背筋の強化、姿勢の改善、肩の凝りをほぐす、腰の柔軟性を高めるなどの効果があります。
※腰の痛みが強いときにはこのポーズを飛ばしてください。

① 両ひざを腰幅程度に広げてマットの上にひざ立ちになります。
② 腰に後ろから両手を当てて支えます。親指の先を上に向け、両方の親指を背骨の両側に添えて、手のひら全体で腰を支えます。

 

 

③ 息を吸い、背骨をまっすぐ上に伸ばします。
太ももから上をマットから垂直に立てる感じで。

 

 

④ 息を吐きながら、上半身を後ろに反らせます。
太ももの付け根を前に押し出し、両手で腰を支えて、床から垂直に立てた太ももの角度を維持しながら、腰から上を後方に反らせて胸を開きます。

太ももの前面をマットと垂直に、という感覚を掴むには、太ももを壁に付けて、上体を反らせたときに太ももが壁から離れないように意識しながら練習すると良いでしょう。

 

ラクダのポーズの完成型は、腰に当てた手を離し、肩からまっすぐ下に伸ばしてかかとに届くところまで上体を反らせますが、「おやすみヨガ」では無理せず気持ちよく伸ばせる範囲に留めておきます。

⑥ 反った上体を元に戻して、ひざ立ちの姿勢に戻ります。

 


就寝前ですから「気持ちよく」は大事です。
どうですか、この心地よさげな表情(笑)。

 

 

 

 

腰に痛みがあるようでしたら、ここで一回「チャイルドポーズ」の休憩を挟みます。
① ひざ立ちの姿勢から腰を落として正座の姿勢になります。
② 上半身を大きく前に倒します。両腕も前方へ伸ばして、全身の力を抜いていきます。

 

続いて「やさしいウサギのポーズ」
頭のてっぺんにある百会(ひゃくえい)という万能のツボを刺激します。
呼吸とともに新鮮な血液を頭にも送り、目の疲れや偏頭痛を和らげます。

① 正座の姿勢から、手のひらをマットに付きます。両手の間隔は肩幅程度、位置はひざ頭の横かその少し前くらいです。

 

 

 

② 上体を前に倒して、おでこと髪の生え際の辺りをマットに付けます。



③ 両手でマットを押して、お尻をかかとから離してゆっくり持ち上げていき、頭のてっぺんがマットに付くところまで身体を前方に倒して、体重を前に掛けていきます。
④ 頭頂部に重心が乗って安定したら、今度はゆっくりと呼吸をしながら重心の位置を前後左右に少しづつ動かして、頭頂部が気持ちよく押されるところを探します。体重を乗せすぎて首を痛めないよう注意しながら、ぐりぐりと頭のてっぺんをマットに押し付けます。
ぐりぐりしながら首筋や背骨が気持ちよく伸びているのを感じましょう。
⑤ ひとしきり頭頂部を刺激したら、上体を起こしてお尻をかかとの上へ戻し、おでこも床と平行に戻します。
⑥ 正座の姿勢のまましばらく呼吸を整えます。


「おやすみヨガ」では、背中を反らせる「やさしいラクダのポーズ」と、背中を丸める「やさしいウサギのポーズ」を1セットとして、2~3回繰り返します。疲れたら合間に「チャイルドポーズ」を挟んで休みながら行います。
首を痛めている方は体重を掛けすぎないよう注意しながら行ってください。

 

 

一日の凝りをほぐしたところで、「寝ながらの合蹠(がっせき)のポーズ」に移ります。
「蹠(せき)」とは足の裏のことで、がっせきは足の裏を合わせるという意味です。
股関節の可動域を広げる効果があります。
赤ちゃんが仰向けで寝る時に、よくこんな格好になっていますね。


① 胡坐の姿勢から両足の裏を合わせます。
これが「がっせき」です。

 

 


② 下半身がどういう状態になればよいかが分かったところで、いったん仰向けの姿勢になり、もう一度ひざを曲げて足の裏と裏を合わせます。



③ 息を吐きながら、自然に開いた左右のひざを更に外側にゆっくり開いていきます。
上半身をリラックスさせて、手のひらを上に向けます。

 

 

可動域の限界まで押して、股関節が開く感覚を掴みます。
けっこう容赦なくイッてます(笑)。

 

 

仰向けになるときに、背骨に沿わせるようなかたちで枕を縦に置いてみましょう。
胸が左右に開いてさ・ら・に・気持いぃ~♪(高平先生談)。

 

 

続いては「ガス抜きのポーズ」
仰向けでひざを抱えて腸を刺激します。便秘の解消に効果があります。

① 仰向けの姿勢になります。
② 両腕で両ひざを抱え込み、深くゆっくりと呼吸を繰り返します。
両ひざは閉じておいた方が良いのですが、苦しくなってしまうようでしたら、ひざを離して間隔を開けましょう。
③ 息を吸うときには腕を緩めてお腹と太ももの間に隙間を作り、息を吐くときには腕を締めて太ももをお腹に近づけます。



出来るだけマットからお尻が浮かないように意識しましょう。お尻をマットに落としておくことで、背骨や背面を伸ばすことが出来ます。また、あごを引いて首の後ろもしっかり伸ばしましょう。

 

 

凝りをほぐし、腸を整え、明日に向けての身体のお手入れはこれで万全。
最後はいつもの「シャバアーサナ」で心地よい眠りへと誘います。
身体中の力を抜き、何も考えない無の状態になるという、ヨガの世界ではとても重視されている大切なポーズです。

① 仰向けに寝転がり、身体をまっすぐに伸ばします。
② 両脚を肩幅と同じくらいに開き、腕は身体から少し離して、手の平を上向きにします。
③ 軽く目を閉じて、深い呼吸を行いながら身体中の力を抜いていき、何も考えない無の状態に。

照明を落とした会場に静かに流れる音楽。
ほのかに漂う今月のアロマは「グレープフルーツ」。幸福感を与えてくれる香りと言われています。
他にも、肌を引き締めたり、脂肪の燃焼を促進して利尿を促すなどの効果があるとか。

静かに流れていく穏やかなひと時。
幸福感に包まれたあなたは、いつしか深い眠りへと・・・・。

 


ほんとに寝てしまうといけないので、そろそろ起きる準備に入ります。
身体を丸めて左右にごろごろと身体を揺すり、再び目覚めの準備をします。

 

 

 



身体を起こして安楽座の姿勢で座り、最後はいつものように「チンムドラー」からのごあいさつ。

終了後の集合写真は皆、笑顔全開なのでした。

 

 

次回の開催日は6/8(日)。
お申し込み・お問い合わせは下記までご連絡ください。

NPO法人 日本カルチャーヨガ協会

電話番号:04-2939-8967
チャレンジド・ヨガへのメールはこちら
公式FACEBOOKページもあります。

※お申し込みの際、以下の項目についてお知らせください。
・ お名前
・ 携帯番号
・ メールアドレス
・ 障害の有無
・ 障害の種類(差し支えなければで構いません)

詳しくはこちら↓。

 

※過去のチャレンジド・ヨガの記事はこちら。
チャレンジド・ヨガ(所沢開催)
2013/8/11 2013/9/8 2013/10/13 2013/11/10 2013/12/8
2014/3/16 2014/4/13
チャレンジド・ヨガ(郡山開催 福島ヨガプロジェクト)
2014/4/5
サポーター勉強会
2014/1/19

 

今回、「X-LARGE」、「X-girl」でおなじみのビーズインターナショナル様よりTシャツの協賛を頂きました。
参加者の皆さんも大変喜んでくださいました。

ありがとうございました。

 

 

 

【OSHMAN’Sからのお知らせ。】

人気インストラクターによるフルタイム実演と音声による日本語ガイダンスで、「好きな時に」「自分のペースで」「いつでもどこにいても」YOGAを楽しんで頂けるiPhoneアプリ『Osh Yoga』の追加コンテンツをリリースしました。
無料ですので、iPhoneをお持ちの方は一度使ってみてください。

OSHMAN’S別注 UNDER ARMOUR TANK TOP新登場!!!

2014.05.20

OSHMAN’S別注の2014年SPRING第2弾のTANK TOPが登場しました。

1985年アメリカのテキサス州に誕生したアメリカ生まれのスポーツショップ「OSHMAN’S」にちなんで架空のTEXAS大学、OSHMAN’S校を作り上げました。コンセプトはカレッジのチームシリーズになります。

2014年の第1弾はラクロスチームのグラフィックをTEEに採用して、

 

第2弾はバスケットボールチームのグラフィックをTANK TOPに採用しました。ボディーには吸汗速乾性に優れたコットン95%にポリウレタン5%使用したチャージドコットン素材を使用。コットン100%では感じることのない、独特のストレッチ感は最高の着心地です。これからの熱い季節に向けて涼しくて着心地の良いタンクトップがおススメです。コーディネイトとしては2014年SPRING OSHMAN’S別注第2弾のUNDER ARMOUR FLEX SHORTSを組み合わせてTANK+SHORTSの夏のTRAINING STYLEがおススメです。

第1弾のマイクロショーツと素材が変わり、通気性に優れた細かいメッシュ素材になります。

OSHMAN’S別注 TANK TOPの色はNAVY,GREY,BLACKの3色。¥3200+税。

販売店舗は

OSHMAN’S原宿、町田、新宿、吉祥寺、千葉、池袋、二子玉川、OSHMAN’S ONLINEになります。

OSHMAN’S別注FLEX SHORTの色はNAVY,BLACKの2色。¥3800+税

販売店舗は同じくOSHMAN’S全店になります。

6月には2014年OSHMAN’S別注第3弾のTEEも登場しますのでお楽しみに!!!

トレーニングメンズ担当バイヤー 小黒

 

オッシュマンズサーフィンスクールの平日開催が決定!

2014.05.17

好評のオッシュマンズサーフィンスクールを6月18日(水)の平日にも開催をします。

通常だと土曜日に開催をしてきましたオッシュマンズサーフィンスクールを6月は1日のみですが平日にも開催します。

週末だとお仕事の関係で休みがとれず参加したくともできなかったという方もいらっしゃると思います。また、平日は週末に比べると海も街もすいています。すいた海でサーフィンスクールを受けてその後は普段より人の少ない湘南をゆっくりと散策するのもオススメ♪♪

6月18日(水)の鵠沼海岸でのサーフィン体験&ビギナースクールにぜひご参加ください。

5月18日(日)より各店で参加申し込みの受付を開始します。多くの方の申し込みをお待ちしております。

オッシュマンズでサーフィンを始めませんか?

オッシュマンズの【サーフィン体験スクール】はサーフィンをはじめて体験する方を対象としたスクールです。サーフィンをはじめるには色々大変だし不安もあるしと思っている方は是非オッシュマンズの【サーフィン体験スクール】でサーフィンライフをスタートさせてください。

初めての方にオススメの理由は・・・

①サーフボードもウェットスーツも全て無料でレンタル

②しかもサーフボードは浮力もあり、もしぶつけてしまっても安心のスポンジボード

③経験豊かなスタッフ

④初めての方でもサーフィンを楽しんでもらえることを考え抜いたプログラム

サーフィンをしてみたかったけど道具が無いし・・、どこでやれば良いか分からない・・、ルールってあるの?などいろんな不安があっても大丈夫。まずはオッシュマンズの【サーフィン体験スクール】に参加してみてください。経験豊かなスタッフがやさしく楽しくサーフィンをお教えします。

サーフィンはやったことがあるけど・・テイクオフが出来ない、立てないなどサーフィンをはじめたけどなかなか上手くならないと悩んでいる方向けに【サーフィンビギナースクール】も開催いたします。一度基本に戻ることで上達のヒントが見つかります。【サーフィンビギナースクール】では1人でもサーフィンを楽しめるようになるまでケアします(基本的には初心者~初級者向けのスクールです。テイクオフがうまく出来ない方が対象になります)。

申し込みはオッシュマンズ各店で開催日の1か月前より受付を開始します。また、詳しい内容を知りたい方も各店サーフ売場までお問い合わせ下さい。

【6月18日 サーフィン体験・ビギナースクール】 *5/18(日)より受付スタート。

開催場所 : 鵠沼海岸(湘南)スケートボードパーク前

*小田急江ノ島線「鵠沼海岸」駅から徒歩10分/駐車場もあります。

集合時間 : 午前の部:AM830 午後の部:PM13:00

参加費 : ¥3,000(+税

募集人数 : 午前・午後各13名程度(体験クラス5名程度・ビギナークラス8名程度)
*申し込み状況により募集人数の変更がある場合もあります

過去のスクールのレポートはこちら

 

 

43TH OSHMAN’S BENCHPRESS CONTEST REPORT

2014.05.07

43TH OSHMAN’S BENCHPRESS CONTEST REPORT

筋肉美は一日にして成らず。

4月27日、今年もOSHMAN’S原宿店にて開催された「OSHMAN’S ベンチプレスコンテスト」。様々なスポーツイベントを主催するOSHMAN’Sの中でも、長い歴史を誇る名物企画だ。各地から力自慢が集結し、日々のトレーニングの成果をこの場で披露する。まだ始めたばかりの初心者から世界クラスの200kgを上げる猛者まで、見所満載のイベントが幕を開けた。

今年は100名弱がエントリー。まずは参加者全員の計量が行われ、体重ごとにクラスが振り分けられる。クラスによって参加者のレベルも変わり、順位も変動することが考えられるので食事制限をするなど、軽量前に体重調整。計量後に食事を摂る参加者の姿が多く見かけられた。

ルールは至ってシンプル。選手には2回の競技機会が与えられ、1回目は事前に重量を申告し、2回目は1回目の競技が終わったあとに申告。1回目から勝負をかけたり、1回目は安全策をとり2回目で自己ベストを狙うなど、選手達の心理的な駆け引きもこの大会の見所のひとつ。

今年も主審は、OSHMAN’Sベンチプレス大会の仕掛人でもある黒田さん。審判やMCの方が着用している〈I ♥BP〉のオフィシャルTシャツは、大会終了後、参加者全員に配られた。

大会は男子60kg以下から70kg以下の軽量級からスタート。普段着では細身に見える軽量級の選手だが、競技用のコンプレッションウェアに身を包むと鍛え上げられた筋肉が一目瞭然。優勝者の持ち上げた重量も年々レベルアップしている。なかでもギャラリーの度肝を抜いたのが、70kg以下級で200.0kgをクリアした鈴木さん。この大会は初参加となる鈴木さんは「すごく雰囲気が良い大会で楽しかったです。来年もまた参加したいです」と語ってくれた。

昼休みを挟み、女子クラスがスタート。年々参加者が増え、着実に盛り上がりをみせる女子の部は55kg以下と55kg超の2クラス。優勝者はともに90.0kg以上をクリアするなど、レベルの高さに驚かされた。参加者全員が試技後のコメントで、来年の目標を明確に宣言するという、女子ベンチプレッサーの意志の強さも感じることができた。男子も負けてはいられない。

そしていよいよ75kg以下から90kg超級の、重量級の試技が始まる。見るからにパワーがありそうな猛者が並び、覆面などユニークなパフォーマンスを行う選手が続出。このクラスになるとストイックなだけでなく、場の雰囲気を盛り上げる余裕を持った選手が多い。ここで脚光を浴びたのが世界大会を控えた85kg以下級の福島さんだ。この大会をピークに設定していないようだったが、1回目で190.0kgを軽々クリア。迫力満点の試技にギャラリーたちは酔い痴れた。

全ての試技が終了。ということは、OSHMAN’Sベンチプレス大会恒例の、鈴木雅さんのデモンストレーションの始まり。鈴木雅さんは日本では敵なし、世界選手権大会でも上位に入る、〈ゴールデンボーイ〉の異名を持つボディビルダー。磨き上げられた彫刻のような肉体にギャラリーは湧きに湧いた。原宿駅前の買い物客も足を止め、驚きとともにカメラを向けていた。

笑いもありつつアットホームな雰囲気のなか幕を閉じた【43TH OSHMAN’S BENCHPRESS CONTEST】。最後にOSHMAN’S高木社長と、審判を務めた黒田さんが今大会を総評。

「今回は新しく参加してくれた選手が多く、ベンチプレス大会に広がりができてきたことに嬉しく思っています。トップクラスの選手にはもちろん優勝を、始めたばかりの選手は技術を磨く場としてこの大会を盛り上げてほしいですね」(高木社長)

「これまでに比べこの大会は、初めてエントリーした選手も多く、200kgをクリアする選手も増えてきました。毎年レベルアップしているので、選手たちのモチベーションもアガっているのではないでしょうか。次回の大会も期待しています」(黒田さん)

協賛各社
㈱THINK フィットネス
インフィニティー㈱、㈱健康体力研究所、江崎グリコ㈱、森永製菓㈱、㈱ファインラボ、㈱ボディープラスインターナショナル、㈱パワースポーツ、日本食研㈱、(有)河原商会、㈱ドーム、㈱デサント、㈱VENEX、㈱セブンアローズ
(敬称語略)
ご協賛・ご協力ありがとうございました。

RESULT

女子 55kg以下級

優勝:古屋典子さん/95.0kg
2位:小林ナオコさん/92.5kg
3位:松村育子さん/70.0kg
4位:塚本美紀さん/37.5kg

女子 55kg超級

優勝:池田未里さん/90.0kg
2位:竹内あいさん/85.0kg
3位:かとうゆきえさん/82.50kg
4位:木野田滋美さん/70.0kg
5位:菅真理子さん/60.0kg
6位:長岡由さん/55.0kg

男子 60kg以下級

優勝:藤田雄次さん/140.0kg
2位:近藤竜也さん/125.0kg
3位:東泰弘さん/110.0kg
4位:渡達也さん/100.0kg
5位:廣瀬幸樹さん/90.0kg
6位:平山弘毅さん82.5kg
7位:小林芳雄さん/80.0kg
8位:中澤裕貴さん/65.0kg

男子 65kg以下級

優勝:兼上頼正さん/160.0kg
2位カルロス福田さん/155.0kg
3位:角田正義さん/135.0kg
4位:鈴木康太さん/135.0kg
5位:東博志さん/127.5kg
6位:佐野浩幸さん/120.0kg
7位:小池基文さん/120.0kg
7位:小原武恵さん/120.0kg
9位:吉原健太さん/120.0kg
10位:久芳貴之さん/105.0kg
11位:榊原英明さん/90.0kg
12位:平川謙一さん/90.0kg
13位:佐々木恒典さん/90.0kg
14位:加藤悟さん/75.0kg
15位:大石聖児さん/70.0kg

男子 70kg以下級

優勝:鈴木佑輔さん/200.0kg
2位:石田宣央さん/155.0kg
3位:木村琢磨さん/152.5kg
4位:蜂須貢さん/137.5kg
5位:鴨田正人さん/135.0kg
6位:古清水駿さん/120.0kg
7位:大谷重司さん/115.0kg
8位:石田邦康さん/105.0kg
9位:杉本基彰さん/105.0kg
10位:神戸貴宏さん/105.0kg
11位:馬場浩章さん/105.0kg
12位:秋元敏さん/100.0kg
13位:福田五月さん/100.0kg
14位:竹村政仁さん/50.0kg
15位:佐々木徳夫さん/ー

男子 75kg以下級

優勝:堀田剛正さん/150.0kg
2位:橋本勉さん/145.0kg
3位:松尾悠司朗さん/132.5kg
4位:清田勝行さん/130.0kg
5位:坂口拓也さん/120.0kg
6位:大谷隆さん/115.0kg
7位:物江毅さん/115.0kg
8位:佐々木義和さん/100.0kg
9位:高橋洋人さん/62.5kg
10位:市原亨さん/ー

男子 80kg以下級

優勝:松永浩二さん/170.0kg
2位:金澤英治さん/165.0kg
3位:山下純さん/145.0kg
4位:木村秀俊さん/142.5kg
5位:吉永牧人さん/130.0kg
6位:酒井一貴さん/125.0kg
7位:山本一了さん/120.0kg
8位:松本剛弥さん/120.0kg
9位:浅原勇也さん/115.0kg
10位:岩附秀幸さん/112.5kg
11位:黒木正晴さん/110.0kg
12位:高木智雄さん/110.0kg
13位:稲田享史さん/110.0kg
14位:加藤謙一さん/105.0kg
15位:砥板裕司さん/105.0kg
16位:川角知宏さん/ー

男子 85kg以下級

優勝:福島勇輝さん/200.0kg
2位:上月敦雄さん/170.0kg
3位:永井肇さん/142.5kg
4位:笠原正樹さん/130.0kg
5位:石田吉央さん/130.0kg
6位:橋本勝行さん/120.0kg
7位:高瀬力さん/105.0kg
8位:小松俊一さん/105.0kg
9位:宮元気さん/95.0kg
10位:ホンセンタさん/90.0kg
11位:後藤勝男/ー

男子 90kg以下級

優勝:渡部隆俊さん/190.0kg
2位:川上歩さん/175.0kg
3位:松尾賢太郎さん/162.5kg
4位:舞田裕亮さん/150.0kg
5位:川辺敏行さん/102.5kg
6位:三澤慎吾さん/75.0kg

男子 90kg超級

優勝:湯浅正信さん/200.0kg
2位:中村敏雄さん/180.0kg
3位:松沼光紀さん/170.0kg
4位:橋本到さん/160.0kg
5位:熊倉範俊さん/150.0kg
6位:橋爪秀一さん/145.0kg
7位:黒田雅之さん/130.0kg
8位:須田勇介さん/125.0kg