OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > オッシュマンズブログ

オッシュマンズブログ OSHMAN'S BLOG

スノーサーフィン ガイド&レッスン INスノーパーク尾瀬戸倉 募集開始

2014.12.25

待望のスノーシーズン突入!

雪降ってますね~!オッシュマンズスタッフも各方面に上質のパウダーを求めうごきだしていますよ。
皆さんも良いコンディションもう当てましたか?

今年も皆さんのスノーライフをさらに楽しいものにしてもらうべくオッシュマンズではスノーイベントを開催します。

みなさんスノーサーフィンって知っていますか?

スノーサーフィンとはゲレンデやサイドカントリー・バックカントリーなどに点在する様々なフィールドを面ではなく立体的(3D)にとらえ壁やキッカー、マッシュなど様々な地形を見つけ出しその地形で当て込みなどサーフィンのように自由に滑る楽しみ方です。

今回のイベントはこのスノーサーフィンをスキー場内にフォーカスをしてスキー場にある様々な地形を思いっきり楽しんじゃおうというイベントです。参加すると見慣れたスキー場がもっともっと楽しめる遊び場に変わりますよ!

今回イベントの会場となりますスノーパーク尾瀬戸倉の楽しいポイントを知り尽くした[沼野 健補氏]にスノーサーフィンに適したポイントへのガイドとそのポイントに合った滑り方や楽しみ方のレッスンをしてもらういます。

しかも今回は、このスノーサーフィンを楽しむことを考えられて作られた[THE SNOWSURF(ザスノーサーフ)]の試乗もセットで開催!

スノーサーフィンを楽しめるポイントをガイドしてもらいながら、スノーサーフィンを最高に楽しめるボードに乗って楽しみ方のレッスンまで受けて最高に楽しんじゃうツアーです。

ツアー代も通常なら(9,720円)、リフト代(4,400円)、THE SNOWSURF試乗代(1,080円)で合計15,200円のところレッスンまでついて11,880円と特別価格を設定しました!

*申し込み状況によってはご希望されるモデルの試乗ができない場合もございますのでご了承ください。

 

<<開催スケジュール>>

●日時    1月25日(日) 9:00~15:00 頃

●集合時間  9:00(スノーウェアに着替えての集合となります)

●集合    尾瀬戸倉スキー場 OSSAスクール受付カウンター

●開催場所  スノーパーク尾瀬戸倉スキー場内(群馬県片品村)

●募集人数  10名

●参加費   11,880 円(税込)(ガイド代、リフト代、THE SNOWSURF試乗代、保険代込み)

●持物    ゲレンデを滑れる恰好・ビーコン(ビーコンレンタルあり 1,080円)

*開催内容はゲレンデのコンディションや参加人数により変更する場合がございます。

*********************************************************************************

【THE SNOWSURF】とは

【THE SNOWSURF】は、山の地形を活かしての自由な滑り、まるで波乗りをしているかのような浮遊感を味わえるパウダーでの滑り、また沢の中や壁へのアプローチ、まさにサーフィンの感覚。海で波乗りでの感覚を得るために北海道・ニセコのスノーボードブランド〈GENTEMSTICK〉の代表である玉井太朗氏がプロデュースし誕生したブランドです。
このボードに乗ると今まで普通に見過ごしてきたスキー場内の何気ない地形がソリッドなウォールに変わり、大きなボトムターンとリッピングを何度となく繰り返せる遊び場に。
OSHMAN’S SELECT で特集した記事はこちら

詳しい内容を知りたい方は各店スノー売場またはサーフ売り場までお問い合わせ下さい。

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~2014.12.21開催(午後の部)

2014.12.21

12月21日、毎月恒例のチャレンジド・ヨガが開催されました。

午前の「顔針+フェイシャルヨガ+プチプラフィンガーメイク」の講座に続いて、午後のヨガクラスの様子をレポートします。
午前の部はこちら

今回の参加者は27名。
冬場は荷物が増えるせいか、会場内はやっぱりちょっと窮屈な感じ。

 

 

 

始まるまでの空き時間を使って、わからないところをサポーターのインストラクターさんに質問する参加者の姿も。

 

 

今月のテーマは「Don’t think, MOVE!!! ~太陽礼拝 完成編~」
先月に引き続き、「太陽礼拝」の後半部分を練習し、完成形を目指します。

考えずに動く。
実に簡単なことなのですが、今どきの人が最も苦手なことかもしれません。
「損」「恥」「失敗」・・・
何かをしようとするたびに、心の中にふっと浮かんでくる言葉。
今どきの人はこれを「リスク」という、恰好よくて使い勝手のいい言葉で表現します。

今からほんのひと時だけ、「リスク」なんて言葉は忘れて「太陽礼拝」してみましょう。
最初に考えてしまうと難しそうに感じますが、一度やってみると「意外と出来る」ことに気づきます。

何度か繰り返してみましょう。
どんどん身体が温まってきます。
太陽礼拝は、全身を温め脂肪を燃やし、筋肉や関節をほぐして緩めます。

ダイエットのつもりでもう少し頑張ってみましょう。
ポーズを重ねるうちに、いつしか心の中は空っぽに。
聞こえるのは自分の呼吸の音だけ。
思ってもみなかった心地よい時間。
心に絡みついていた様々な思いが、いつの間にかほどけて消えていきます。
ココロもカラダも解きほぐし、自らの内にある太陽から授かった生命の力を湧き立たせる、太陽礼拝にはそんな効果があります。

 

太陽礼拝を行う前に、まずはごあいさつ

ここからポーズの説明です。
1. 安楽座(いわゆる胡坐)の姿勢で座ります。
背筋を伸ばし、しっかりお尻を割って座るのがポイント。
胡坐の姿勢が苦しい場合は、座布団を使って座りやすいよう調整しましょう。
2. 開いた両掌を上に向けて両ひざの上に置きます。
3. 親指と人差し指で輪を作ります。
静かに鼻から呼吸を繰り返し、息を整え意識を中心に集めます。
4. 胸の前で合掌し、そのまま両手を頭上高く、腕の伸びきるところまで差し上げます。
呼吸を止めないよう意識しましょう。
5. 静かに両手を降ろし、合掌の状態に戻ります。
ポーズの説明はここまでです。


胡坐がつらい場合は座布団を活用。

 

それからもうひとつ。呼吸法のおさらい
前回練習した「ウジャイ呼吸」を思い出してみましょう。
ダースベイダーのような音を立てながら、鼻から呼吸するというあれです。

 

 

呼吸法を思い出したところで、いよいよ太陽礼拝に入ります。
まずは前回のおさらいから。
太陽礼拝を構成する12のポーズのうち、前半の8個のポーズをやってみましょう。
※最初に、マットの短い方の辺のどちらかを「前」としてください。
※それぞれのポーズの説明は、直前のポーズの最後の姿勢から始まっています。
※ポーズの写真などは前回(11/16)の記事をご覧ください。
前回の記事はこちら

 

太陽礼拝 ①:合掌

ここから合掌の説明です。
1. マットの前の縁の少し後ろに、両足を揃えるか、肩幅程度に開いて立ちます。足の指を広げてしっかりとマットを掴みましょう。
2. 背筋を伸ばし、お腹とお尻の穴を引き締めます。
3. 目線を前方に向け、胸の前で合掌します。
合掌の説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ②:太陽を仰ぐポーズ
身体の前面を思い切って伸ばし、朝の穏やかな陽の光を全身で受け止めます。
身体全体を温め、脂肪を燃やし、筋肉や関節をほぐす効果があります。

ここから太陽を仰ぐポーズの説明です。
1. 合掌した手のひらを合わせたまま、吸う息で腕を真上に伸ばします。
2. 上体を上に引き上げるようにして天高く腕を伸ばしたら、そのまま後方に反ります。
3. 反った姿勢から、身体を真っ直ぐに戻します。このとき、両手のひらを離して肩幅に広げ、肘を真っ直ぐに伸ばして左右の二の腕を両耳の真横の位置で揃えます。
手のひらは前方に向けて大きく指を開きます。

☆ 高平先生からのアドバイス
親指だけを絡ませるなど、両手が離れないようにすると、腕を伸ばしやすくなります。
太陽を仰ぐポーズの説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ③:立ち前屈
2つ折り携帯のように、まっすぐ伸ばした身体を腰のところで半分に折り、深々と頭を下げて、太陽神に感謝の礼を捧げます。
脳を休ませ、ストレスを緩和する効果があります。

ここから立ち前屈の説明です。
1. 伸ばした腕を耳の横の位置に合わせ、上半身を真っ直ぐに長く伸ばした状態のままで、息を吐きながら、腕と上半身を同時に前へ倒していきます。
2. 太腿とお腹の隙間を徐々に埋めていくようして、深く腰を折っていきます。 あごをひきながら行うと猫背になりやすいので、前屈の最終形になる直前まで顔やあごを上げて伸びた背筋を保ち、最後にあごをひいて、脛に鼻先を付けます。
3. マットに手を付くときは、手と足の指先を横一直線に揃えます。

☆ 高平先生からのアドバイス
膝は曲げてもOK。かかとから膝の裏、太ももの後ろ側まで、脚の裏側(後ろ側)全体を出来る範囲で伸ばしましょう。
身体を前に倒すのが怖いという方は、壁を背にしてお尻を壁につけ、身体を安定させてから練習してみましょう。
何度か繰り返して感覚が掴めてきたら、今度は半歩前に出て、お尻を壁から離して練習してみましょう。
立ち前屈の説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ④:半分の前屈(足と手のポーズ)
折った上半身を半分だけ戻して、身体全体で数字の「7」を描きます。
脚や背中の引き締め、バストアップの効果があります。

ここから半分の前屈の説明です。
1. 立ち前屈のポーズから、手のひらは床に残したまま、息を吸いながら上半身を半分だけ起こしていきます。
腰を起点に、脚は下方に、上体は前方に伸びるかたちになります。
かかとに体重を掛けすぎないように、重心を少し前の方に持っていくよう意識しましょう。
2. 手指は届く範囲でマットに付けておきますが、上体を起こすにしたがって届かなくなったら、手のひらで脛や膝のあたりを押さえます。
3. 上半身を床と平行になるまで起こし、肩を耳から遠ざけるようにして、肩甲骨を締めて胸を広げます。
背中を反らせ、首の後ろを前に伸ばして、目線は前方の床に向けます。

☆ 高平先生からのアドバイス
身体を前に倒すのが怖いという方は、壁を背にしてお尻を壁につけ、身体を安定させてから少しずつ練習してみましょう。
半分の前屈の説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ⑤:歩く馬のポーズ
半分の前屈から再び床に手を付いて、片足を大きく後ろに引いて伸ばします。
※撮影の都合で、写真は説明文と逆の脚でポーズをとっています。

ここから歩く馬のポーズの説明です。
1. 半分の前屈のポーズから両膝を曲げて、両手両足の指先が真横に並ぶ位置に両手のひらを置きます。手のひらで強くマットを押しつけて、肩から背中の部分を刺激します。
2. 息を吸いながら、右脚を脚の長さ分、大きく後ろへ伸ばします。
両手と左足の位置はそのままです。指先が真っ直ぐ並びます。
足先はつま先立ちのかたちで、足指の腹の部分でしっかりマットを掴みます。
3. 右足の親指の付け根でマットを押し、かかとを上に引き上げて、膝の裏を伸ばし広げます。姿勢を保つのが難しい場合は、右膝をマットについてもOKです。
4. 目線は上方に向け、顎を引き上げます。上下の歯を閉じて、首の前側を伸ばします
歩く馬のポーズの説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ⑥:板のポーズ
かかとから頭のてっぺんまで、身体の背面を使って一枚の板を作ります。
腕と手首を強化し、腹筋を鍛えます。
腕立て伏せのようなかたちの板のポーズは、実は腹筋が最大のポイント!お腹にグッと力を入れて、下腹部を背骨の方へ引き込むよう意識しましょう。

ここから板のポーズの説明です。
1. 歩く馬のポーズの姿勢から、左脚も後ろに引いて両脚を揃えます。
腕立て伏せのときの、腕を曲げる前の態勢をイメージしてみてください。
2. マットについた両手が肩の真下に来るようにして、後頭部からかかとまで一直線になるように伸ばします。腰を上げ過ぎないように意識して、平坦な一枚の板を目指しましょう。
3. 両手で床を押し、肩甲骨と肩甲骨を左右に広げます。手の指を大きく開いてマットを掴み、手のひら全体で体重を受け止めるようにして、手首への負担を減らしましょう。
4. 脚の裏側全体を上に引き上げるイメージで、目線は前方の床に向けます。

☆ 高平先生からのアドバイス
板のポーズが苦しい場合は、膝をついた板のポーズでもOK。
歩く馬のポーズの段階で右膝をマットに付き、左足を後ろに引いたときに左膝を付いて、尾骨から後頭部までを真っ直ぐに伸ばします。
板のポーズの説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ⑦:四肢で支える杖のポーズ(チャトランガ)
かかとから頭のてっぺんまで、一直線の板のかたちを保ちながら、肘を曲げて身体を沈め、マットすれすれの高さで身体を浮かせます。
腹部、手首、二の腕を引き締め強化します。

ここから四肢で支える杖のポーズの説明です。
1. 板のポーズの姿勢から、腹筋に力を入れ、両脇を締めながら肘を曲げて身体を沈めていきます。
腕立て伏せの時は折った肘が左右に開きますが、このポーズの時は両腕を身体の側面から離さずに脇を締め、マットの前後方向に肘を折ります。
これがキツいんです(笑)。
2. 身体がマットと平行になるところ、概ねマットから10センチほどのところまで身体を沈めたら、そのままポーズをキープします。
これがとってもキツいんです(苦笑)。二の腕がプルプルします。
早速あちこちで悲鳴と笑い声が。
本当にキツいポーズだと、誰もが思わず笑っちゃうんですね。
3. あごを引いて首の後ろを真っ直ぐに伸ばし、手の少し前の床に目線を向けます。
四肢で支える杖のポーズの説明はここまでです。

☆ 高平先生からのアドバイス
腕の力だけで身体を支えるのが難しい場合は、両膝をついて行う「八点のポーズ」でもOKです。
「八点のポーズ」は、身体の八か所をマットに付いて身体を支えるポーズです。
四肢で支える杖のポーズは両手と両つま先の4か所で身体を支えますが、八点のポーズはこれに、あご・胸・両膝の4か所を加えた8か所で身体を支えます。
二の腕や肩、背中、お腹、お尻を引き締め・姿勢を良くする効果があります。

ここから八点のポーズの説明です。
1. 板のポーズの姿勢から、両膝をマットに付きます。
2. 脇を締めて肘を曲げ、腰は浮かせたまま上半身を沈め、胸とあごをゆっくりマットに近づけます。八か所全てがマットに付けられればOKです。
写真のように膝を前に付きすぎてしまうと胸をマットに付けにくいので、膝が緩く曲がるくらいのところまで膝の位置を後ろにずらしてみましょう。
八点のポーズの説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ⑧:キングコブラのポーズ
うつ伏せの姿勢から腕を伸ばして上半身を起こし、背中を反らせます。
お腹、背中、お尻の引き締め、腰痛の改善に効果があります。
※腰痛がひどい方は、このポーズを飛ばしてください。

ここからキングコブラのポーズの説明です。
1. 四肢で支える杖のポーズ(または八点のポーズ)で静止した状態から、全身の力を抜いてマットにうつ伏せになります。
脇を締め、肘を畳んで手は胸の横に置きます。
2. つま先を伸ばして足の甲をマットに付けます。つま先が内側に入らないよう真後ろに伸ばします。
3. 下腹部を軽く背骨に向かって引き入れ、息を吸いながら手で床を押し、両腕を伸ばして上体を起こします。
身体を反らし、おへそが軽く浮くところまで起き上がります。
4. 肩を後ろに引いて胸を開き、両脚はしっかりと伸ばします。
5. 首に負担がかからない程度にあごを上方に突き上げ、顔を上に向けてみましょう。
あごを上に突き出すのが苦しい場合は、あごを引いて正面を見据えるかたちでポーズをキープします。
6. 肩の力をフ~ッと抜いて、肩と耳の距離を遠ざけます。
7. 二の腕と二の腕の間から胸を上に持ち上げるようにして、ゆっくり呼吸を繰り返します。
8. 全身の力を抜いて、うつ伏せの姿勢に戻ります。
キングコブラのポーズの説明はここまでです。

さて、ここからが後半戦。
前回の続きのポーズにチャレンジします。

 

太陽礼拝 ⑨:ダウンドッグ
犬が後ろ脚を伸ばして腰を持ち上げ、胸を地面に近づけて背中を伸ばしているイメージです。マットについた手足と、突き上げたお尻で三角形を描きます。
肩こり、背骨の歪み、坐骨神経痛に効果があります。

ここからダウンドッグの説明です。
1. うつ伏せの姿勢から両足のつま先を立てます
2. 両腕を伸ばして上半身を持ち上げ、膝をついて四つんばいの姿勢になります。
3. 腰を天井に向かって持ち上げていきます。
4. もう上がらない、というところまで腰を持ち上げたら、両かかとをマットにつけます。人差し指の付け根とかかとの内側でしっかりとマットを押し、尾骨を高く上げて、身体全体で三角の山を作ります。
5. ゆっくりと腰を落として四つんばいの姿勢に戻ります。

☆ 高平先生からのアドバイス
膝が曲がっていても、かかとがマットにつかなくてもOK。
まずは背骨を伸ばすのを優先しましょう。
背中を伸ばしながら、片脚ずつ交互に伸ばして練習してみましょう。
ダウンドッグの説明はここまでです。

 

太陽礼拝 ⑩:歩く馬のポーズ
ダウンドッグの姿勢から、片足を大きく前に戻します。

ここから歩く馬のポーズの説明です。
1. ダウンドッグのポーズから右足を浮かせ、右膝を畳んで大きく前に出します。
2. 手足の指先が真横に並ぶ位置に右足をそっと置きます。
3. 息を吸いながらあごを上げ、昇りゆく太陽を仰ぎ見るように、視線を上の方に向けます。上下の歯を閉じて、首の前側を伸ばします。
歩く馬のポーズの説明はここまでです。

 

 

太陽礼拝 ⑪:立ち前屈
歩く馬のポーズから、両脚を揃えて伸ばし、前屈します。

ここから立ち前屈の説明です。
1. 歩く馬のポーズから、今度は左足を浮かせて前方へ戻し、両足を揃えます。
2. 両手両足の位置はそのままで、膝を伸ばして前屈の姿勢を取ります。
3. あごを引き、すねに鼻先を付けます。

☆ 高平先生からのアドバイス
膝は曲げてもOKです。
かかとから膝の裏、太ももの後ろ側まで、脚の裏側(後ろ側)全体を出来る範囲で伸ばしましょう。

 

太陽礼拝 ⑫:太陽を仰ぐポーズ~①:合掌
前屈の姿勢から身体を起こし、身体の前面を思い切って伸ばした後、最初の合掌の姿勢に戻ります。

ここから太陽を仰ぐポーズ~合掌までの説明です。
1. 立ち前屈の姿勢から、腕を伸ばしたまま身体を起こしていきます。
2. 真っ直ぐに立って頭上高く腕を伸ばします。手のひらは、太陽の光を受け止めるように前方に向けて大きく広げます。
3. そのまま後方に反ります。
4. 反った姿勢から、身体を真っ直ぐに戻します。伸ばした腕は耳の横の位置に合わせます。
5. 腕を伸ばしたまま、頭上で手のひらを合わせます。
6. 静かに呼吸を整えながら、合掌した両手をゆっくりと胸の前に下ろしていきます。
太陽を仰ぐポーズ~合掌までの説明はここまでです。

 

さて、これで12のポーズを終えて元の姿勢に戻ってきました。
これは、太陽が黄道をぐるりと回って元の位置に戻ってきたことを表しています。
「黄道」というのは、地球から見たときの太陽の通り道のこと。
実際に動いているのは地球の方なので、あくまで見かけ上の通り道です。

と言ってもイメージしにくいので、ここでちょっと頭の体操を。
球体のプラネタリウムを想像してください。
球体の内側がスクリーンになっていて、星座を映し出すことが出来ます。
球体の中心には太陽を示すライトがあります。
座席は一つだけ。
中心から伸びるシャフトの先に取り付けられ、中心点に沿ってプラネタリウムの球体の中をぐるっとひと回りする仕組みです。
さて、プラネタリウムに星座を表示させてみましょう。
もちろん、星座は動きません。
次に座席をゆっくり動かしてみましょう。
太陽を示す灯りの向こうで、星座がゆっくりと流れていくように見えます。
あるいは、太陽が星座の間をゆっくりと移動しているようにも。
この、太陽が星座の間を移っていく道のことを黄道と言い、黄道付近に存在する12個の星座のことを「黄道十二宮」と言います。
古代バビロニアを起源とし、現代でも星占いで用いられる、あの12星座のことですね。
太陽礼拝が12のポーズで構成されているのは、太陽が12の星座を巡って元に戻ってくることを象徴しています。
しかしながら、春分点が毎年ちょっとずつ移動しているように、12のポーズをひと巡りした自分は、以前の自分よりちょっとだけ成長しているのです。

ちなみに、ヨガでは左右均等に動かすことを基本としているので、太陽礼拝も「歩く馬のポーズ」の左右の脚を入れ替えてもう一回りすると完成します。

 

最後にみんなで完成形のポーズにトライ・・・する前に、今日の皆さんの練習風景を振り返っておきましょう。
真剣な中にも笑顔が絶えない、心地よい時間が流れています。





 

 

 

 

 

それではいよいよ完成形の太陽礼拝に挑戦します。
メトロノームのリズムを頼りに、次のポーズへと移っていきます。
2か月にわたる練習の成果をご覧ください!

 

個人差はありますが、共通しているのは「意外と出来るかも」という感覚。
12個もの連続ポーズと聞いたら、まず最初は腰が引けてしまうものですが、いざやってみると結構出来る。
もちろん、最初からインストラクターのようなきれいなポーズは取れませんが、時間をかけて練習していけば近づけるかもしれない、そんな感覚に変わっていくのです。
出来ないと思ったら可能性は0%。
もしかしたら、と思うだけで可能性の扉が開きます。
Don’t think,Move!
それは扉を開く魔法の言葉です。

 

今回のクラスもそろそろ終わり。
締めくくりはいつもの「シャバアーサナ(屍のポーズ)」
「屍のポーズ」は、あらゆるヨガクラスで必ず行われるとても重要なポーズ。
自ら屍となり、すべてを忘れて「無」になります。

今月のアロマは、「スウィートオレンジ」
こころに太陽の陽光を射し込ませ、気持ちを温めてくれると言われています。

そして、参加者の皆さんの足元にはサンタさんからの・・・。

 

最後は再び安楽座の合掌でクラスを終わります。

苦手なポーズもあるけれど、何度も練習するうちに、きっとかたちになってくる。
Don’t Think. Move!

今回も楽しいヨガクラスでした。

 

次回の開催日は1/25(日)。
※1月は予定を変更して「フェイシャルヨガ+プチプラフィンガーメイク」の講座を開催します。

お申し込み・お問い合わせは下記までご連絡ください。

NPO法人 日本カルチャーヨガ協会
電話番号:04-2939-8967
チャレンジド・ヨガへのメールはこちら
公式FACEBOOKページもあります。
※お申し込みの際、以下の項目についてお知らせください。
・ お名前
・ 携帯番号
・ メールアドレス
・ 障害の有無
・ 障害の種類(差し支えなければで構いません)

 

※過去のチャレンジド・ヨガの記事はこちら。
★チャレンジド・ヨガ(所沢開催)
2013/8/11 2013/9/8 2013/10/13 2013/11/10 2013/12/8
2014/3/16 2014/4/13 2014/5/18 2014/6/8 2014/7/13(午後) 2014/8/17(午後) 2014/9/21(午後) 2014/10/12(午後) 2014/11/16(午後)
★視覚障がい者のためのiPad講習会
2014/7/13(午前) 2014/9/21(午前) 2014/11/16(午前)
★フェイシャルヨガ+プチプラフィンガーメイク
2014/8/17(午前) 2014/10/12(午前) 12/21(午前)

★チャレンジド・ヨガ(福島ヨガプロジェクト)
2014/4/5 2014/8/24

★チャレンジド・ヨガ(「お寺でJAZZ YOGA 2014」)
2014/10/4

★サポーター勉強会
2014/1/19

2013年8月から始まった「チャレンジド・ヨガ」の活動をまとめたビデオが出来ました。
手っ取り早く活動内容を知りたい、という方はこちらが便利かも。
※15分弱の動画です。

元のページはこちら

 

【OSHMAN’Sからのお知らせ。】

人気インストラクターによるフルタイム実演と音声による日本語ガイダンスで、「好きな時に」「自分のペースで」「いつでもどこにいても」YOGAを楽しんで頂けるiPhoneアプリ『Osh Yoga』の追加コンテンツをリリースしました。
無料ですので、iPhoneをお持ちの方は一度使ってみてください。

 

◎iPhoneのボイスオーバー機能(視覚障がい者向けのサポート機能)を使われている方へ。
高平先生に教わった、『OSH YOGA』の動画を再生する方法です。
※事前にAppStoreから『OSH YOGA』アプリをダウンロードしておいて下さいね。

再生のための手順は3つ。

1. OSH YOGAアプリをダブルタップで起動します。
メニューが4つ表示されます。(動画、プレイリスト、SNS、設定の4つです)
2. 右か左フリック(1本指で右から左へ、または左から右へ画面をこする様にするとメニューを次々読み上げます)して、動画と読み上げた所で、ダブルタップ(2回すばやく画面をポンポンとタッチ)して確定します。
次の画面はヨガの動画メニューの一覧画面が表示されます。
3. 右か左フリックで、好みのヨガメニューが読み上げられたら、ダブルタップで確定すると動画が再生されます。
手順の説明はここまでです。

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~2014.12.21開催(午前の部)

2014.12.21

12月21日、所沢市はちょっとひんやりした、この時期らしい薄曇り。
そんな中、毎月恒例のチャレンジド・ヨガが開催されました。

午前の部は「フェイシャルヨガ+プチプラフィンガーメイク」の予定なのですが、今日は間近に迫ったクリスマスに向けた特別企画があるのです。

それが「顔針」無料体験会

施術してくださったのは多田 佳美(ただ よしみ)先生。
視覚に障がいがあり、あん摩マッサージ・鍼・灸の国家資格を取得した後、現在は3人の子育てと平行しながら、完全予約制の訪問マッサージを中心とした治療活動を行っています。
腕の方はと言えば、すでに数か月先まで予約が埋まっているという人気ぶり。
一方、子育て中のママさんを応援する「にこにこマッサージ」というボランティア活動にも取り組まれています。
お子さんを預けて遊ばせている間に、お母さんにはマッサージで身体を癒してもらおうという活動は、自らも3人の子供を抱えて子育てに奮闘するお母さんならではの優しい想いに溢れています。

そんな優しい多田先生、容赦なく(笑)深々と針を打っていきます。
と言っても、痛みはおろか刺さったことすら感じないくらい。
通常は10分置鍼するそうですが、今回は時間の都合で6分間。
鍼を抜いたあとは顔面マッサージ。
あごからフェイスライン、頭のてっぺんまで・・・。

 

・・・至福のひと時(笑)。

 

さて、効果のほどは?

 

あごのラインがすっきり!
人間の身体って本当に不思議です。
鍼の神秘にアメイジング!な体験会でした。

 

 

 

 

 

 

顔針の後はフェイシャルヨガのクラス。
今回の参加者は13名。加えて、視覚障がい者のメイクについての論文を書くという大学生の見学者1名が参加されました。

 

最初のポーズは「おでこロック」
眼輪筋を鍛えてまぶたのたるみを改善します。
「眼輪筋」というのは、目のまわりを取り囲み、まぶたの開閉などを司る筋肉です。
この筋肉が衰えると、まぶたがたれてきて目が小さくなったり、目もとのむくみ、しわ、たるみなどの原因ともなります。
「おでこロック」は、カメラのレンズを目で表現します。
レンズを絞ったり、開いたりを繰り返して眼輪筋を鍛え、目の周りのたるみやしわを撃退しましょう。

ここからおでこロックの説明です。
1. 人差し指と中指でピースサインを作って、人差し指を眉に、中指を頬骨の上に置きます。
ひじをしっかり引き上げて、眉間にしわが寄らないよう軽く外に引っ張るような感じで、眼輪筋以外の筋肉が動かないようロックします。
2. まぶしいものを見るときのように目を細めます。
目を閉じないように気をつけて、目の奥の筋肉と目蓋の筋肉を意識しながら、ぎゅーっと力を入れて目を細めます。
額や眉が動いたり眉間にシワがよらないよう、目の周りの筋肉だけ使いましょう。
3. 額と眉をロックしたまま、目の周りの筋肉だけを使って、目を大きく見開きます。
眼球を前に向かって押し出すようなイメージで、しっかり眼輪筋を使ってください。
4. 目の筋肉を意識できるようになったら、今度は片手を額に当てて動かないようロックします。
まず、右手を使って親指以外の4本の指で額を押さえ、額の筋肉が動かないようしっかりロック。
次に左手の人差し指と中指で左側の眉と頬骨を押さえます。
5. この状態で左目を細めて、見開いてを繰り返します。
閉じて、開いてで1セット。これを3セット行います。
6. 3セット行ったら、目を閉じてふ~っと一息、リラックス。
目の周りの筋肉がじんわりほぐれていくのを感じてください。
7. 左右を入れ替えもう3セット行います。
おでこロックの説明はここまでです。

今回も絵を描いてもらいました。
こちらをご覧ください。

もっと詳しく知りたい方はこちら。
★All About
顔ヨガで目を大きくする!まぶたの垂れもストップ

 

 

次のポーズは「こめかみリフトのポーズ」
側頭筋、舌筋を鍛えて頬のたるみを改善、フェイスラインを引き上げます。
こめかみリフトのポーズによる顔のリフトアップ効果で、ほうれい線(「豊かな齢の線」と書きます)を取り除きましょう。

ここからこめかみリフトのポーズの説明です。
1. 背筋を伸ばしてあごを引きます。
2. 右腕を真上に伸ばし、右ひじを曲げて肘から先を頭の上に乗せます。
3. 右手首を曲げて右手を顔の左側面に当てます。
4. 右手の薬指で左の目尻を、中指で左のこめかみ付近を押さえます。猫背にならないように注意しましょう。
5. 押さえた目尻とこめかみを軽く後頭部の方へ引っ張ります。空いている左手でほうれい線が伸びているのを確認してみましょう。
6. 左腕を斜め45度まで持ち上げます。左手の指は真っ直ぐに伸ばします。
7. 首を右側に倒します。顔から首にかけての左側のラインを、斜め45度に上げた左腕のラインと一直線になるように合わせます。
8. 首を右に倒したまま、舌をあごに向けて思いっきり突き出し、息を口から吐き出します。
9. ポーズはそのままで、左手指を一度グーのかたちにします。
次いで、親指人差し指小指の順に伸ばしていきます。
グーから親指、人差し指、小指を順番に伸ばして行く時にそれぞれちがう筋肉が伸びるのを意識してください
10. 慣れてきたら、さらに思いきって息を口から吐き出しながら、床に向かって舌を付け根から思いっきりベローンと伸ばします。
こめかみリフトのポーズの説明はここまでです。

このポーズも絵に描いてもらいました。
こちらをご覧ください。

 

 

フェイシャルヨガで顔の筋肉がほぐれたら、今度はプチプラフィンガーメイクの時間。
時あたかもクリスマス目前。誰もが着飾って街に繰り出したくなる季節です。
今回は、今までのメイク講座の成果を踏まえて、眉やアイシャドウなどの目元メイクを加え、さらにワンランク上のメイクを目指します。
前回までのメイクはこちらから。

第1回(8/17)・10/12( 第2回(10/12)

 

今回も、使用するのはプチプラ便利グッズの数々。
100円ショップやドラッグストアで気軽に購入できるプチプライスなメイクグッズを使って、クリスマスに向けた目もと周りのメイクに挑戦します。

最初は眉のお手入れから。
スクリュー型の眉ブラシで眉毛の流れを整えます。
使用するのは、スクリュー型眉ブラシ付きのアイブロウペンシルと、アイブロウパウダー。
どちらも100円ショップで購入できます。

★おススメのワケ
普通のコーム(櫛)型の眉ブラシは、ブラシの毛の部分が長く歯の間隔も空いているため、眉毛を押さえても歯の隙間から眉毛がスルッと抜けやすく、押さえにくい構造なのに対して、スクリュー型眉ブラシの場合には、普通のブラシと同じように毛を整えるのに役立つだけでなく、眉毛の一本一本をしっかりと押さえてくれます。

 

まず、眉の始まりと終わりの位置を確認しましょう。

ここから眉の位置の確認方法の説明です。
1. 小鼻に人差し指を当てます。
2. 指の側面を小鼻から離さないようにしながら真上に指を滑らせていって、目頭を押さえます。
3. そこからさらに真上に指を伸ばしていくと、指先が眉頭の辺りにたどり着くので、軽く探って位置を確認してみてください。
4. 次に人差し指と中指を入れ替えます。人差し指で押さえていた位置に中指を当てます。
5. 中指の付け根を小鼻に当てます。
6. 人差し指を真横に開いていって、人差し指の腹のどこかが目尻に当たるところを探します。このときの人差し指の指先の辺りに眉尻があります。
眉の位置の確認方法の説明はここまでです。

眉頭と眉尻の位置を確認したら、自分の眉のタイプに合わせて、スクリュー型眉ブラシとアイブロウペンシルを使って眉を整えます。

ここから眉の整え方の説明です。
★眉がしっかりある方
1. スクリューブラシで毛並みを整えます。
2. スクリューブラシにアイブロウパウダーか、濃いめのブラウンアイシャドウを何度かつけます。
3. つけすぎを防ぐため、ティッシュの上で軽くブラシをポンポンとはたいてパウダーを落とします。
4. 眉の始めと終わりの位置を指で押さえて確認します。
5. 手首をワイパーのように動かしながら、眉頭から眉尻へ一気になぞります。

★眉が薄く、描き足す方
1. スクリューブラシで毛並みを整えます。
2. 眉の始めと終わりの位置を指で押さえて確認します。
3. アイブロウペンシルを眉頭の部分に当て、手首をワイパーのように動かしながら、眉頭から眉尻へ一気に描きます。
眉の幅(高さ)の中央よりやや下の部分に、ペンを走らせる眉毛の音を感じながら描きましょう。
ペンを描く反対の指でやや眉尻をひっぱると、やや描く部分がフラットになるので、眉が描きやすくなります。
4. スクリューブラシで手首をワイパーのように動かしながら、眉頭から眉尻へ一気にぼかします。
眉の整え方の説明はここまでです。

自分の眉のタイプや、描くときの色や濃さなど、サポーターさんと相談しながら試していきます。

 

 

続いて登場したのは「ちふれ グラデーションアイカラー(チップ付)」580円。
ドラッグストアで購入できます。

★おススメのワケ
アイシャドウは、まぶたに均等に塗れるクリームタイプが人気。
この商品は、左の2つがベースとなるアイシャドウでクリームタイプ、右の2つがポイントとなる色のアイシャドウでパウダータイプ。
クリームの上に粉が綺麗に付着するので、失敗が少ないと高評価。
また、左から順番に塗っていくだけで綺麗なグラデーションに仕上がるというわかりやすさも人気の理由。
左端のラメは自然な色で派手すぎず、涙袋にも使える応用範囲の広さも◎。

それでは実際に使ってみましょう。
アイシャドウの色の塗り方は様々ありますが、今回は基本となる薄い色から濃い色へ塗っていきます。
ポイントは、塗る色ごとに別の指を使うということ。
色が混ざらない、ということだけでなく、塗る場所に適した指を使うことで、より上手に塗れるようになるそうですよ。

ここからアイシャドウの塗り方の説明です。
1. 最初は薬指を使って、一番左側にあるクリームベースの白っぽい色を入れて明るさを出します。
白っぽい色を先に使うと、目蓋の色が均一になり、後から使う色の発色もよくなります。
塗り方は、目の際から眉に向けて、目蓋全体にぼかしていきます。
薬指はもっとも単独で動かしにくい指だと言われているので、細かい作業よりは比較的広いところを塗るのに適しています。

2. 今度は中指を使って、アイホールに左から2番目の淡い色を入れます。
アイホールというのは、目蓋が眼球にかぶさっている部分を指します。
目を閉じて目蓋に指を当ててみると、指先に眼球のかたちを感じます。
さらに指先で眼球をなぞっていくと、眼球と骨の境目が感じられますね。
この、眼球と骨との境目がアイホールの境界線です。
アイホールの部分は一番人に見える場所で、メインの色を入れる場所でもあります。
塗り方は、まず目のふくらみの一番高い所に中指の腹を押しつけ、そこからワイパーの様に左右に塗ります。
最初の位置から眼球と骨の境界線に向かってぼかしていきましょう。
このとき、目尻側は少しだけ眼球の丸みからはみ出すようにすると、全体のバランスがよくなり、目がスッキリ見えます。
中指は、手のひらを立てると自然に真上を向く指なので、眼球の縁をなぞるような動きに適しています。

3. 今度は人差し指を使って、目の際に色を入れます。
アイメイクのポイントとなるこの部分には、目の輪郭を際立たせ、引き締まった印象を与える濃い目の色を入れていきます。
ここでは左から3番目、濃色のパウダータイプの色を使います。
二重の幅(一重、奥二重の人は、しわよりも広めに)に入れていきます。
目尻には少し太めに入れると、目がすっきりと大きく見えますよ。
こういった細かい部分には、最も動かしやすく感度もよいと言われる人差し指が適しています。

4. 最後は小指を使って、アイラインに色を入れます。
目の中央から目尻に向かって、まつ毛の際につけていきます。
アイメイクの総仕上げ、ひときわ目を大きく見せるための最後のひと塗りには、左から4番目(つまり一番右)にある一番濃い色を使います。
こういうところには、一番細い小指が最適。きれいなラインが描けます。
アイシャドウの塗り方の説明はここまでです。

 

さて、本日のラストは「キャンメイク ジュエルスターアイズ」580円
ドラッグストアで購入できます。

★おススメのワケ
目前に迫ったクリスマスに向けて、キラキラのラメで目元をグレードアップ。
この商品はクリーム・ジェルタイプなので、塗りやすいと好評です。
ラメが目もとにしっかり密着するので、目周りへのラメ落ちを心配しなくてよいというのも人気の秘密。

 

気の毒にも賑やかし役の長岡さんが実験台に。
目もとのキラキラ感が伝わるでしょうか。

 

今回は、顔針でフェイスラインをシャープに整え、こめかみリフトの舌べろーんで盛り上がり、おでこロックと目もとメイクで目力UPを目指す盛りだくさんの内容でした。

参加した皆さんもサポーターさんも、真剣な中にも楽しんでいる雰囲気がとても素敵な講習会でした。

 

見学の方にもお話を聞いてみました。

問:どうでした?参加されてみて。
答:最初の顔ヨガが面白くて楽しかったです!
教え方も丁寧で分かりやすかったと思います。
アイスブレイク(集まった人を和ませ、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作るための手法。※筆者注)の役割もあるのかなと感じました。
問:楽しんでもらえてよかったです(笑)。メイクの方はどうでした?
答:やり方が簡単で良かったと思います。
サポーターの方が褒めると皆さんのテンションも上がって、場も盛り上がるし、言葉の力って大事だなと感じました。
化粧に対する関心も化粧をする頻度もそれぞれに違っていたようでしたので、もともと化粧に興味のある方はもう少し詳しい内容でもいいのかな、とも思いましたが、1つの講座の中に複数の内容を盛り込んだり、複数の講座を設けたりするのは難しいのかなとも思いました。
問:まだまだ工夫の余地はありますね。ありがとうございます。
答:こちらこそ、参加された方とたくさんお話しできてよかったです。
ありがとうございました。

素敵な論文に仕上がるといいですね。
関係者一同、応援しています。
頑張ってくださいね。

 

この後、休憩を挟んで午後の「チャレンジド・ヨガ」へ続きます。

 

Christenson × Daniel “TOMO”Thompson “MESCALINE”先行発売スタート!

2014.12.12

クリステンソンサーフボードから来年2015年の最注目モデル”MESCALINE(メスカリン)”が早くも入荷しました!

このボードは最近話題沸騰の前衛的でハイパフォーマンスなサーフボードで注目の”TOMO”ことダニエル・トムソンとのコラボモデル!
日本では来年30周年を迎えるオッシュマンズ原宿店のスペシャルアイテムとして限定先行発売となります。

ダニエルはクリスのシェイプルームを借りてシェイプしてこともあり、共にウェットスーツ”Axxe Classic”のコラボレーターでもあります。2人のセッションから生まれたこのモデルはダニエルの特徴的なテールエリアのデザインとクリスのノーズ~ミドルエリアの融合でクリスが完成させました。
オルタネイティブなカテゴリーに入るボリューム感ながら、かなりのハイパフォーマンスが期待できるモデルに仕上がったような印象です。スピードにこだわる2人だけにとにかく速そうですね!

 


特徴的なダブルダイアモンドフィッシュテールとシングルチャンネルボトムは水の抵抗を極限まで減らすためのTOMOならではのデザイン。

 

クリスの人気モデル”スクランブラー”のようなノーズまわりのボリューム感~センターエリアは”フィッシュ”に近いボリューム感があるので、かなり浮きそう。
普段から短めのボードに乗っている方には5’4″,5’5″といったサイズ、ロングボードからのオルタナティブサーファーには5’8″~5’10″くらいのサイズがシェイパーからのおススメとのこと。

現在は原宿店に5’10″のみ先行の先行で入荷しています。その他のサイズ(5’4″~5’8″)は随時入荷予定!気になる方は原宿店でチェックしてみてください!!

とりあえず、早く乗ってみたいです。試乗したらまた報告します。名前は・・・ですが、2015年は”メスカリン”に注目です!!