OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > オッシュマンズブログ

オッシュマンズブログ OSHMAN'S BLOG

4/29(水)より発売!格闘技インスパイアーされた2つのブランドが夢の競演。「100ATHLETIC×REVERSAL」

2015.04.28

総合格闘技界の中軽量級のパイオニアであり、かつファッシ

ョニスタでもある宇野薫氏が「良いスタイリングはパフォー

マンスを上げる」というコンセプトのもと、本格的なトレー

ニングウェアでありながらも、デイリーウェアとして

着やすく、かつ機能的でスタイリッシュなスポーツアパレル

として2,010年に立ち上げたブランドである「100ATHLET

IC」。

一方、1932年に創業した老舗武道用品メーカーであり、柔

道着や空手着を開発販売する「ISAMI」が「格闘技」をベー

スにして「ファッション」「音楽」「スポーツ」をクロスオ

ーバーさせたブランドとして2000年にスタートし、独自の

ポジションを確立したOSHMAN`Sでもお馴染みの「REVER

SAL」。

この格闘技を「DNA」として持ち、かつファッションと機

能を融合させた2つのブランドが2013年以来の2度目の夢の

コラボレーションが完成しました。

今回は宇野薫氏がかねてより熱望していたオリジナルの柔

術着をメインとしたカプセルコレクションで構成。

(すみません、、、OSHMAN`Sでは柔術着の取扱いはあり

ません、、、)

コラボレーションのメイングラフィックには東京メトロの

痴漢撲滅運動のキャンペーンポスターや雑誌「POPEYE」

などのイラストなどなどで活躍する人気のイラストレータ

ーである師岡とおる氏の描き下ろしなど、話題に事欠かな

い内容のコラボとなっています。

それでは商品を紹介していきましょう。

TEE “PORTRAIT”  ¥5,000(+TAX)

TEE”KIMONO METHOD” ¥5,000(+TAX)

DRAWSTRING BAG “KIMONO METHOD” ¥1,500(+TAX)

DRY TEE “R Logo”  ¥5,000(+TAX)

DRY TEE “100 Logo” ¥5,000(+TAX)

SHORTSLEEVE RUSHGUARD ¥12,000(+TAX) *5/7発売

BASEBALL CAP ¥6,000(+TAX)*5月上旬~中旬発売

商品により発売日が異なりすのでご注意ください。

なお100ATHLETIC×REVERSALのコラボ商品は以下の

店舗で発売予定です。

OSHMAN`S 原宿店 Tel. 03-3478-4888

OSHMAN`S新宿店 Tel. 03-3353-0584

OSHMAN`S吉祥寺店 Tel. 0422-28-7788

OSHMAN`S池袋店 Tel. 03-5957-5565

なお店舗により若干取扱い商品は異なりますので、

詳しくは店舗までお問い合わせください。

NB M997 Concepts×New Balance発売のお知らせ

2015.04.24

4月25日(土)にNB M997 TNY CONCEPTSコラボレーションモデルの国内発売が決定しました。

アメリカのボストンにあるプレミアムスニーカーストアである「CONCEPTS」とのコラボレーションモデル。

最高級のピックスキンに、牛革スムースレザーのアクセントが施されたアッパー。

高級感あふれるオレンジカラー。

インソールにCONCEPTSのロゴプリント。

国内正規販売はOSHMAN’SとMITA SNEAKERS限定になります。

MADE IN USA SIZE 25cm~28/29cm ¥ 30,240

 

【発売日】
・平成27年4月25日(土) 各店舗開店時間より順次発売開始予定

【発売店舗】
・OSHMAN’S 原宿、新宿、二子玉川、ONLINE SHOP

【事前予約について】
・人気商品につき、事前のご予約は承っておりません。

【商品のお取り置き・お取り寄せ】
・ご来店やお電話等による商品のお取り置き及び、オンラインを含む各店舗間でのお取り寄せは承っておりません。

【ご購入いただける数量】
・お一人様、一足限りとさせていただきます。
※お一人様の解釈は、お支払能力を有する成人及び、保護者同伴の中学生以上とさせていただきます。

【販売方法及びその他諸注意事項】
・開店前にお並びになる方は、場所等につきまして各店舗にお問い合わせくださいませ。
・発売日当日の状況により、お並びの方に整理券を配布させていただく場合がございます。
・発売数量に限りがありますので、事前にお並びいただいてもご希望の商品・サイズがご購入いただけない場合がございます。
・発売数量に限りがありますので、ご購入後のサイズ交換につきましては承ることができません。
・商品については事前に十分検品したうえで販売させていただきますが、万一不良等が発生した場合は、全てご返金での対応とさせていただきます。
・事前に転売を目的と推測される行為が見受けられた場合は、販売をお断りさせていただきます。
・発売に関しては各店スタッフの指示に従って頂きますよう、お願いいたします。

【お願い】
・発売日当日は混雑が予想されます。発売に関しては速やかなご案内を心がけますが、フィッティング等がございますので発売開始からご購入までに、多少のお時間が掛かりますことをあらかじめご了承下さいませ。

 

 

女性の・女性による・女性のための、WETSUITS ♪

2015.04.22

今シーズンより誕生した、オッシュマンズ オリジナルのウィメンズ ウエットスーツ 『オーシャンビーチ (OB) シリーズ』。
こちらは、サーフィン暦10年以上のサーフ部門を担当する女性スタッフ達が 「女性が本当に着たいと思える」 ウエットスーツを企画・開発。サーフィン暦に加えサーフ部門でのキャリアも積んだ彼女たちならではの経験と知識が詰まったウエットスーツは、納得のアイデアもいっぱい。サーフィンはもちろん、SUP(スタンドアップパドル)や、あらゆるウォーター・アクティビティにも活躍します。
 


こちらのロングジョンは、ウエットスーツの日焼け跡が気にならないホルターネックタイプ。クレジットカードやホテルのカードキーも入る大きめのポケットは海外でサーフィンするときにも活躍します。OBロングジョン ¥38,000(税抜) ※ショートジョンタイプは¥32,000(税抜)
 


ウエットスーツの概念を打ち破ったサロペットタイプのウエットスーツも登場です。こちらはファッション性の高さが魅力で、気になる体型も同時にカバーしてくれる優れもの。洋服を着ているような感覚でビーチアクティビティを楽しめます。 OBサロペット ¥35,000(税抜) サイズ展開はS,M,L ※カラーオーダーのみ受付
 


日焼け防止やケガ防止など、ビーチアクティビティには欠かせないラッシュガードもデザイン性を重視。袖周りのプリントや色使い、サイズ感など、女性が見て “かわいい” と思える要素が満載。


OBシリーズと組み合わせて着用するのもオススメです。
 


女性が本当に着たいと思える “ かわいさ ” を追求するところから始まったこのプロジェクト。
「以前から、ロングジョンのウエットスーツの日焼けの跡が気になっていたので、ホルタータイプをデザインしました。ホルターなら、背中の開いたワンピースやタンクトップを着るときも安心ですよね。」 原宿店サーフ担当 駒野佳声(写真右)
「体型が気になる女性にとって、ぴったりしたウエットスーツに抵抗がある人もいるかもしれない。気になるお腹周りや体型を上手くカバーしつつ、ラッシュガードなどと合わせてもかわいいアイテムはないか、そんな発想がサロペットのスタートでした。今までのウエットスーツにはないデザインですが、着てみると意外としっくりきました。サングラスなども入れられる大きめのポケットが付いているので、SUPなどのビーチアクティビティでも活躍すると思います。」 ウイメンズ担当バイヤー 岩田美緒(写真左)


こうして素材選びやデザインなど、女性スタッフの意向を忠実に再現した「オーシャンビーチ シリーズ」の生産は、ウィメンズのウエットスーツも多く展開するAXXE CLASSICが担当。オッシュマンズでも毎年取り扱っている人気ブランドだけに、素材や縫製のクオリティはお墨付きです。ぜひその着心地とデザインを体感してみてください。

町田店 閉店SALEのお知らせ

2015.04.21

町田店の閉店まで、残すところあと1か月と10日足らずとなりました。
お客様の長年のご愛顧に感謝して、下記日程にて町田店閉店SALEを開催いたします。閉店までのわずかな時間ですが、皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

開催期間:4/28(火)~5/31(日)

店内商品が、20%OFF~Max60%OFFとなります。
(一部SALE対象外商品もございます。)

*SALE期間中の注意事項
1.4/28(火)以降、町田店に於いては、各種オーダー、修理、インベントの受付けが終了となります。
2.5/8(金)以降、商品のお取り寄せ、およびお取り置きは承ることができません。
3.5/8(金)以降、町田店においては「雨の日割引」がご利用いただけません。
4.SALE商品の返品、交換はいたしかねますので、予めご了承ください。

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承ください。
町田店閉店のお知らせと、今後のお取り扱い商品のお知らせについてはこちらをご覧ください。

OSHMAN’S町田店 店長

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~藤沢市点字図書館「視覚障がい者のための体の健康づくり講座」編

2015.04.19

 

2015年4月19日。

ここは神奈川県藤沢市湘南台。
藤沢市総合市民図書館に来ています。
今日は、この図書館内の点字図書館が主催する教養講座「視覚障がい者のための体の健康づくり講座」のなかで、椅子に座ったままでも行える「椅子ヨガ」を行うことになっています。

会場内は大盛況です。

 

 

 

 

 

最初は呼吸法から。
まずは「腹式呼吸」

楽な姿勢で椅子に座り、背筋を伸ばし、あごは軽く引き、首の後ろを伸ばします。
最初軽く息を吐き出してから、お腹を膨らませ息を吸い、お腹を凹ませながら息を吐くを繰り返しましょう。
息を吐く時は、お腹と肛門(骨盤底)を締めます。
腹式呼吸は副交感神経を刺激し、リラックス効果があります。

カウントしながら「吸う」、「吐く」を繰り返します。
1・2・3・4でお腹を膨らませ吸い、
5・6・7・8でお腹を凹ませ吐く、これを繰り返します。

慣れてきたら「吸う」、「吐く」を1:2の比率にしていきます。
1・2・3・4で吸ったら、
1・2・3・4・5・6・7・8で息を吐きます。

今度は少しずつ「息を止める(止息=クムバク)」というのを入れてみましょう。
1・2・3・4で吸い、一瞬止めます。力まないのがポイント。
5・6・7・8で吐く、このカウントから慣れていきましょう。

 

今度は「胸式呼吸」をやってみましょう。

息を吸うときには胸を大きく広げてお腹を絞り、吐く時には胸を萎ませるのが胸式呼吸です。
胸の下に手を当てて、肋骨の動きを感じながらやってみましょう。
息を吐く時は、お腹と肛門(骨盤底)を締めます。
胸式呼吸は交感神経を刺激するので、頭がスッキリして活力がみなぎる効果があります。

カウントしながら「吸う」、「吐く」を繰り返します。
1・2・3・4で胸を広げてお腹を凹ませ、横隔膜を上げながら息を吸い、
5・6・7・8で胸をしぼませて横隔膜を下げながら息を吐く、を繰り返します。

慣れてきたら「吸う」、「吐く」を1:2の比率にしていきます。
1・2・3・4で吸ったら、
1・2・3・4・5・6・7・8で息を吐きます。

今度は少しずつ「息を止める(止息=クンバク)」というのを入れてみましょう。
1・2・3・4で吸い、一瞬止めます。力まないのがポイント。
5・6・7・8で吐く、このカウントから慣れていきましょう。

 

ここら辺で少し身体を動かしてみましょう。
隣の方と手を繋ぎます。

 

 

 

 

手を繋いだまま両手を上に持ち上げます。
胸を大きく開いて気持ちよく背筋を伸ばしましょう。

 

 

それではいよいよ本格的にヨガのポーズに入ります。

最初のポーズは「魚のポーズ」
本来は仰向けのポーズですが、今回は椅子ヨガ用にアレンジして行います。
胸を左右に開いて呼吸力アップ。
背筋を気持ちよく伸ばしましょう。

 

ここからポーズの説明です。
1. 椅子に浅く腰掛けます。

2. 両腕をまっすぐ前に伸ばして内側にねじり、親指が下になるように手のひらを外側に向けます。

3. 息を大きく吐きながら背中を丸め、両手を遠くに付き出すようにして肩甲骨の間を左右に大きく開きます。

4. あごを引いて頭を前に垂らし、首の後ろを気持良く伸ばします。
背骨や背面全体も伸びていきます。

5. 息を吸いながら、今度は背中を反らせていきます。
手は軽く握り、手のひらが上を向くように腕を外回しにしながら肘を曲げ、ゆっくり腋下に引き付けます

6. 椅子の背もたれに肘を押しつけます。両肩も軽く後ろへ引きましょう。

7. 後ろに引いた両肘を背中側で近づけて胸を広げます。

8. 顔を上に向けます。お腹が伸び、胸が伸び、のどが伸びていきます。

9. 再び両手を前方に伸ばして、2~8を繰り返します。

10. 何度か繰り返したら、全身の力を抜いてリラックスします。
ポーズの説明はここまでです。

 

※左の写真はポーズの前半、右の写真はポーズの後半です。

 

 

ちょっと座り疲れていたのか、皆さん実に気持ちよさそうですね。

 

 

 

次のポーズは「サギのポーズ」
脚裏全体を伸ばし、背筋を伸ばします。

ここからポーズの説明です。
1. 椅子に深く座り、背もたれに背中を付けます。

2. 右脚を上げて膝を折り、椅子の座面に足裏を置きます

3. 右脚の太ももの裏か膝の裏を両手で抱えます

4. 息を吸って背筋を伸ばします。

5. 息を吐きながら膝を伸ばして、右脚を斜め上に向かって伸ばします
かかとを突き出して脚の裏側が伸びているのを感じましょう。
膝は完全に伸びきらなくても構いませんが、背筋は出来るだけ伸ばしましょう。

6. 同様に左脚でも行います。
ポーズの説明はここまでです。

なかなか難しいポーズですが、中にはきれいにポーズを決める方も。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は「合掌ねじりのポーズ」
背骨を伸ばしながらねじって、内臓の働きを活発にします。

ここからポーズの説明です。
1. 椅子に浅く腰掛けて、両膝をくっつけます。
両足を揃えて足裏を床に付けておきます
※かかとを上げてもOKです。

2. 両手のひらを合わせて合掌します。

3. 上体を前に倒しながら、身体を右にねじって、左肘を右太ももか右膝の外側にひっかけます。

4. 息を吸いながら、背筋を斜め上、頭のてっぺんの方に向かって伸ばします。

5. 息を吐きながら、左肘で膝を外側から押すとともに反対の右肘を外へ開き、右脇腹を締めて、胴体を強くねじります。

6. 左右を入れ替えて反対側も行います。
ポーズの説明はここまでです。

いくつもの動きが組み合わさった難しいポーズですが、皆さん呑み込みが早いです。
ガイドヘルパーさんのサポートを受けながら、楽しげにポーズに挑戦しています。

 

 

 

 

 

 

 

続いてのポーズは「半月のポーズ」
身体の側面、体側を伸ばします。肝臓機能を向上させ、副交感神経を活性化します。
本来は立位のポーズですが、椅子に座ったままでも行うことが出来ます。

ここからポーズの説明です。
1. 椅子に浅く腰掛け、両膝は腰幅に開いて、足先は正面に向けます。
背骨をまっすぐ立て、背もたれに背中を付けないようにして座りましょう。

2. 胸の前で合掌します。

3. 息を吸いながら、合掌の手を天井へと伸ばし上げて行きます
腕が前に倒れがちになるので、出来るだけ真上に向かって伸ばすよう意識しましょう。
合掌の手が離れてしまう場合は、指を組んで人差し指だけを伸ばすようにすると、両手をくっつけておくための余計な力を使わずに、背中や腕を気持ちよく伸ばすことが出来ます。

4. 息を吐きながら、上体を右に倒します
前かがみにならないよう、真横に上体を倒すよう意識して、左の体側(身体の左側面)が気持ちよく伸びているのを感じましょう
このポーズは、右の脇腹を縮め、左の脇腹を伸ばすなど、普段動かさない部分に刺激を与えています。
動かさないところ、そこは脂肪がつきやすいところでもあります。

5. 息を吸って、傾けた上体をまっすぐに戻します。

6. 続けて反対側も行います
ポーズの説明はここまでです。

右に、左に、楽しそうに身体を傾ける参加者の皆さん。
サポートするガイドヘルパーさんとの会話も弾みます。

 

 

 

 

 

次に挑戦するのは「前屈」
伸ばしたら曲げる、曲げたら伸ばす。
正反対の動きをするポーズを組み合わせて、身体全体をバランスよく動かします。
ここからポーズの説明です。
1. 椅子に浅く腰掛け、両脚を揃えて前方に伸ばします
膝は軽く曲げておいて構いません。

2. 太ももとお腹の隙間を徐々に埋めていくようにして、深く腰を折っていきます。
あごをひきながら行うと猫背になりやすいので、前屈の最終形になる直前まで顔やあごを上げて伸びた背筋を保ち、最後にあごをひいて、脛に鼻先を付けます。
腕は自然に降ろして足首の辺りに添えます。
ポーズの説明はここまでです。

 

 

前屈が苦手、という方は多いのですが、椅子に座っている分、無理なく膝を曲げられるので、比較的楽に前屈姿勢を取ることが出来ます。

 

「立ち前屈」にも挑戦してみましょう。
脚を伸ばして立ったまま身体を二つ折りにして、脛に顔をくっつけます。
膝は曲がっていても構いません。伸ばせる範囲で伸ばして、首の後ろ側、背中、腰、脚の裏側(後ろ側)など、身体の裏側全体が気持ちよく伸びていくのを感じましょう。

 

 

 

 

 

 

ここからポーズの説明です。
1. 椅子に浅く腰掛けた状態から、上体を前に倒して腰を浮かせ、お腹と太ももをくっつけます

2. お腹と太ももがくっついた状態のまま、膝を伸ばして腰を持ち上げ、頭を下げて顔を脛に近づけます

3. 両手でそれぞれ左右の足首を掴みます。足首まで届かなければ、ふくらはぎや膝の裏などでも構いません。

4. 膝をさらに伸ばして腰を高く持ち上げ、顔を脛に付けます
首の後ろから足首まで、身体の裏側全体を気持ちよく伸ばしましょう。
ポーズの説明はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドヘルパーさんの見守る中、思い切って立ち前屈にチャレンジ。
身体の柔軟性がはっきり出るポーズなだけに、会場内もにぎやかに盛り上がっています。

 

 

続いてのポーズは「椅子のポーズ」
立位の姿勢から腰を落として椅子のかたちを作ります。
太ももの前側が座面、上半身の前側が背もたれになります。
脚の筋力アップに効果のあるポーズです。
ここからポーズの説明です。
1. 両足を腰幅に開いて椅子の前に立ちます。両腕は力を抜いて自然に降ろします。

2. 息を吸いながら、伸ばした両腕を前方へ振り出し、両手を前から天井に向けて上げていきます。
天井の方向まで上がらない方は、身体の正面に手を伸ばしているくらいで構いません。

3. 息を吐きながら両膝を曲げて腰を落とし、お尻を後ろに突き出します。
後方の少し離れたところにある椅子にお尻を載せるところをイメージしましょう。
上体があまり前に傾かないように、上半身を出来るだけ起こしておくよう意識します。

4. 背筋を上に伸ばし、お腹をひっこめて、呼吸を続けながらポーズをキープします。
肩の力を抜き、膝と膝の間隔があまり広がらないように、太ももの内側を引き締めましょう
ポーズの説明はここまでです。

見ると一度やってみたくなるポーズ。
サポート役のガイドヘルパーさんも思わず自分で挑戦。
ポーズのポイントを身体で掴んで、サポートに活かします。

 

 

 

 

動きそのものは分かりやすくても、実際にやってみると結構キツめのポーズ。
身体を動かす楽しさに、もう会場内には笑顔が溢れています。

 

クラスの締めくくりは「シャバアーサナ(屍のポーズ)」
全身の力を抜き、自ら屍となって、自分の中のすべてをリセットします。

目を閉じて椅子にもたれ、全身の力を抜きましょう。
腕はだらりと垂らして肩から指先までのすべての力を抜き、両脚も前に投げ出して、膝を自然に開いて脚の筋肉を緩めます。首も自然に後ろに傾けてリラックスさせましょう。

 

 

静かに流れるBGMとアロマの香りを感じながら、今日のクラスを振り返ります。

 

 

最後は合掌してのごあいさつ。
参加者の皆さんからは大きな拍手が送られます。
ヨガの楽しさ、身体を動かす喜び、確かに伝わったと感じる瞬間でした。

今回のポーズは、椅子さえあればどこでもできるものばかり。
家で気軽にヨガを楽しんでもらえたら、と思いつつ、会場を後にしたのでした。

 

チャレンジド・ヨガに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

NPO法人 日本カルチャーヨガ協会
電話番号:04-2939-8967
チャレンジド・ヨガへのメールはこちら
公式FACEBOOKページもあります。

ページトップへ

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~福島ヨガプロジェクト「ふくしまYOGAフェスティバル」編

2015.04.18

 

2015年4月18日。
福島県猪苗代町にやってきました。
まだ雪の残る磐梯山が雲一つない青空に映える、美しい朝を迎えています。

今日、ここ猪苗代町の体験交流館「学びいな」では、Fukushima Yoga Project主催のヨガイベント「ふくしまYOGAフェスティバル」が開催されています。

福島市で人気のカレー屋さん「笑夢」の移動販売車や、名湯甲子温泉を擁する西郷村の水と大豆にこだわって作る「西郷ゆば工房」などが出店するヨガマルシェも賑わいを見せていました。

今回は、このイベントの中で開催される、チャレンジド・ヨガの様子をレポートします。

クラスのテーマは「Senses Challenged Yoga」
視覚以外の五感(聴・触・嗅・味・心)を使ってヨガを楽しもう、という企画です。

 

参加者は全員健常者。
先生を中心にして放射状に並べられたヨガマットに、参加者が次々と着座していきます。アイマスクで視覚を塞いだ状態で行うヨガとはどんなものなのか、期待あり不安ありといった雰囲気です。

 

 

 

最初に高平先生から、チャレンジド・ヨガについての説明と、いつもの所沢開催のクラスと、この1月から福島県点字図書館が開催しているクラスを紹介します。
福島のクラスを担当するインストラクターの中山 亜希先生も駆けつけてくれました。

 

クラスの始まりは、いつものようにあいさつから。
安楽座の姿勢で座ったら、早速アイマスクを着用します。

 

 

 

開いた両掌を上向きにして両ひざに乗せ、静かに呼吸を整えて、意識を中心に集めます。
集中力を高めて胸の前で合掌。
そのまま両手を頭上高く、腕の伸びきるところまで差し上げます。
静かに両手を降ろして合掌の状態に戻ったら、一礼して始まりのご挨拶。

ここまでは特に戸惑うこともなく、淡々と進んでいきます。

 

ご挨拶が済んだところで、アイマスクを着用しての歩行体験
まず、アイマスクをしたまま隣の人と手をつなぎます。
次に、立ち上がって放射状に敷かれたヨガマットの外側の端へ移動します。
ここで、つないだ手を離します。
支えになるもの、頼りになるものが無くなり、外の世界とのつながりは先生の声だけ。

そのまま、ヨガマットの内側の端まで歩いて移動します。
前方に障害物が無いことは分かっていても、やはり何も見えない状態で足を踏み出すのには勇気が要るものです。
足の裏で感じるヨガマットの感触を頼りに、ゆっくりと一歩ずつ歩を進めます。

今まで意識することもなく出来ていた「歩く」という行為が、視覚を閉ざされただけで、五感のすべてを研ぎ澄ませて取り組む一大事業と化していきます。

 

マットの端にたどり着いたら、今度は回れ右で180°方向転換。再びマットの外側の端まで歩きます。

 

 

 

元の位置に戻ったところで、再び隣の人と手をつなぎます。
さっきと同じ位置に戻ってきたはずなのに、相方の手がなかなか見つかりません(笑)。

 

同じ流れで、今度はガイドヘルパー体験
二人一組で、一人がアイマスクを着用して視覚障がい者役となり、もう一人がガイドヘルパー役を務めます。

視覚障がい者をガイドするときの基本スタイルは、ヘルパーがガイドされる人の前に立ち、白杖(視覚障がい者が使う白い杖)を持っていないほうの手で肘の辺りを掴んでもらうというかたちです。

杖を持つ手が右手ならヘルパーは左斜め前に立ち、杖を持つ手が左手なら右斜め前に立ちます。
身長差があって肘を掴むのが難しいようなら、肩や二の腕を掴んでも構いません。

この態勢で、どのくらいのスピードなら安心して歩けるかをガイドされる人に確認しながら進みます。
ガイドする側としては、車椅子を押すときのような感覚で相手の後ろ側に回って、相手と前方の両方を見ながら押し出すほうが安全な気がしてしまうのですが、ガイドされる側としては、前の人に後ろからついていくのと、後ろの人に押し出されるのとでは、怖さがまるで違うのですね。

 

それでは早速やってみましょう。

床の上の障害物をその都度説明しながら、会場内を歩き回ります。

 

 

肘を掴む手の力の入り具合や、後ろに引っ張られる感覚で、相手の感じている怖さを推し量りながら、ゆっくりと会場内に歩を進めます。

前に何があるのか分からないなかで、ガイドさんだけを信じて踏み出す一歩。
今まで知ることのなかった世界がそこにはありました。

ひとしきり歩き回った後で、元の位置に戻ります。
白杖と点字ブロックだけを頼りに外を歩く。
ほんの少しだけ垣間見た世界は想像以上のものでした。

 

自分のマットに戻ったところで、いよいよヨガのポーズを取っていきます。
最初は「太陽礼拝」
ヨガのポーズの中では最もポピュラーなもののひとつ。黄道十二宮を表す12個のポーズを連続して行います。

最初の1巡目はアイマスクを外した状態でポーズを取ります。

 

①:合掌

②:太陽を仰ぐポーズ

 

 

 

③:立ち前屈

④:半分の前屈(足と手のポーズ)

 

 

 

⑤:歩く馬のポーズ

⑥:板のポーズ

 

 

 

⑦:八点のポーズ

⑧:キングコブラのポーズ

 

 

 

⑨:ダウンドッグ

⑩:歩く馬のポーズ

 

 

 

⑪:立ち前屈

⑫:太陽を仰ぐポーズ

 

 

 

①:合掌

 

先生のポーズを確認しながら、タイミングを合わせてポーズを取っていきます。
ここまでは普通のクラスと変わりません。

 

 

2巡目は、ポーズの左右を入れ替え、アイマスクを着けて行います。
先生の声を頼りに、太陽礼拝に挑みます。

 

①:合掌

②:太陽を仰ぐポーズ

 

 

 

③:立ち前屈

④:半分の前屈(足と手のポーズ)

 

 

 

⑤:歩く馬のポーズ

⑥:板のポーズ

 

 

 

⑦:八点のポーズ

⑧:キングコブラのポーズ

 

 

 

⑨:ダウンドッグ

⑩:歩く馬のポーズ

 

 

 

⑪:立ち前屈

⑫:太陽を仰ぐポーズ

 

 

 

①:合掌

 

 

 

 

 

感想を聞いてみました。

やはり、自分が正しくポーズを取れているのか不安になる、という声がありました。
視覚を遮られてしまうと、先生がどんなポーズを取っているのか、周りの人がどんなポーズを取っているのか、確認する手段が何も無くなってしまいます。

よく知っている慣れ親しんだポーズであっても、やはり不安を感じるものなのですね。

 

今度は2人1組になって、一人がアイマスクをしてポーズを取り、もう一人がサポートします。

ポーズの名前は明かさず、サポート役の方が先生のポーズを見ながら、アイマスクをした相手にポーズのかたちを伝えます。

 

マットの中央に体育座りの姿勢で座ります。
両手は膝の裏やふくらはぎのあたりに自然に添えておきます。

ここから背筋を伸ばして上半身を少しずつ後ろに倒していきます。

 

両足を床から浮かせて持ち上げます。

お尻だけがマットに付いた状態で、後ろに倒した上半身と、前に浮かせた両脚とでバランスを取りながら、すねが床と平行になるところまで上げていきます。

 

 

余裕があれば、さらに両膝を伸ばして足を上げ、膝をまっすぐに伸ばします。
目線はつま足の向こうを見るようなイメージ。

 

 

しばらくポーズをキープしたら、体育座りの姿勢に戻り、両腕で膝を抱えて身体を丸めます。

 

 

ご覧の通り、ポーズの名前は「舟のポーズ」

皆さん戸惑いながらも一生懸命ポーズのかたちを伝えていきます。

比較的わかりやすいポーズなので、かたちはだいたい伝わっているのですが、ポーズ自体の難易度がそこそこ高いうえに、視覚を遮られることによるバランス感覚の狂いもあって、ポーズを取るのに苦労している方も。

 

役割を入れ替えて次のポーズへ。
先生がささっと出したお題がこのポーズ。

 

電話でこのポーズを説明するところを想像してみてください。
上手く伝えられるでしょうか?

参加した皆さんも、結構苦労しているご様子。

「手を触れてもいいんですよ~」
先生のアドバイスに思わず苦笑い。

「ちょっと身体に触りますね。こっちの足をもうちょっとこう・・・」

日常生活で、他の人の身体に触れる機会は意外と少ないもの。
相手を驚かせないようにちょっと気を使いながら、身体に触れてのサポートが始まります。

 

「それではアイマスクを取ってみましょう」
お題のポーズを取ったまま、先生が声を掛けます。

「あ!そういうことか~!」
そんな声も上がります。

百聞は一見に如かず。
昔の人は上手いことを言ったものですね。
伝えること、受け取ることの難しさを実感した瞬間でした。

 

続いては、二人一組になってのペアヨガに挑戦。
ポーズは先ほどの「舟のポーズ」
これを、二人ともアイマスクを着けた状態で行います。

最初に高平先生と中山先生が挑戦。
体育座りの姿勢で向きあって座り、足の指で相手のつま先の位置を確認します。
同時に、お互いに両腕を身体の前に伸ばして、相手の手を掴みます。

これで準備はOK。

 

まずは片脚で。
片方の足裏同士を合わせたら、声を掛け合いタイミングを合わせて、真上に向かって持ち上げます。

 

 

続いて、今度は両方の足裏同士を合わせて、真上に持ち上げます。
伸ばすべきところはピシッと伸びて、それでいて余計な力みなどが全くない完璧なポーズ。
お見事です。

 

足を降ろす時もバランスを崩さないよう、声を掛け合い片脚ずつ降ろしていきます。

 

 

 

それでは早速やってみましょう。
相手の手足の位置を探って確認し、声を掛け合い確認しながらポーズを取っていきます。
コツが掴めてきたのか、あちこちから笑い声も聞こえてきます。

 

 

 

 

 

続いてのポーズは「英雄(戦士)のポーズⅡ」
ヨガのイメージ写真などでしばしば見かける、非常にポピュラーなポーズです。

まずはアイマスク無しで一度やってみましょう。
皆さん難なくポーズを取っています。

もちろん、チャレンジド・ヨガですから、ただポーズを取って終わりではありません。
ここでは視覚と聴覚の関係を学びます。

まず、アイマスクをして待機します。
会場内のどこかで先生がティンシャを鳴らしたら、音のした方向へ向かって英雄のポーズを取ってみましょう。

これが最初の1回目。

僕が撮影ポジションへ移動する足音や、演劇やコンサートなども行うこのホールの音響特性の影響で、ほぼ反対の方向にポーズを取ってしまった方もいらっしゃいました。

 

これが2回目。

やはり戸惑う方が続出。
聴覚というのも独立して認識されているわけではなく、視覚と密接な関係があります。
視覚が閉ざされると、聞こえる方向にも狂いが生じることがあるのですね。

 

 

続いてのポーズは「バカアーサナ(「鶴のポーズ」あるいは「カラスのポーズ」)」
「バカ」とはサンスクリット語で「鶴」のこと。
両腕の上に全身を載せてふわりと浮きあがる様子は、無重力空間さながらの光景です。
絶妙なバランス感覚と集中力が必要とされるポーズ。
とても難しそうに見えるのに、何故だか試してみたくなる不思議なポーズです。

ここからポーズの説明です。
1. マットの中央でしゃがみこみ、マットに両手を付きます。手を付く位置は肩幅程度に離し、指をしっかりと開きます。
2. 手をついたままつま先立ちになり、膝を脇の下近くの二の腕の辺りに付けます。
3. 上半身を前方に押し出すようにして、体重を腕の方に移します。
4. 前方の床に視線を向けるようにしてあごを上げ、さらに前傾して顔を床に近づけます。
5. 重心を腕より前に移動させ、バランスを取りながら膝を畳んで、足をマットから離します。
6. バランスを維持しながら、足の指先をピンと伸ばします。
ポーズの説明はここまでです。

さっそく挑戦。
二人一組になって、どちらか一人がアイマスクをしてポーズを取り、もうお一人の方がサポートします。
顔と床との距離感が掴めないなど、何も見えない中で身体が浮くほどの前のめりの姿勢を取るのは勇気の要ることですが、皆さん果敢にチャレンジしています。

 


 

筋力に勝る男性が得意なポーズかと思いきや、中山先生がこの細腕でふわりとポーズを決めています。
中山先生曰く、「身体が浮くポイントがある」とのこと。

重心の位置を正しく掴めば、この浮遊感を味わえるそうですよ。

 

 

続いて、全員アイマスクを着けて安楽座の姿勢で座るよう先生から声が掛かりました。

 

 

 

一同に配られたのがこの袋。

続いて「袋の中に入っているものを口に入れてください」と声が掛かります。
「食べ物ですから食べても大丈夫ですよ」との注釈つきで(笑)。

袋の中の直径1センチほどの球体を取り出し、恐る恐る口の中へ。

「わ、すっぱい!」
そう、球体の正体は酸っぱいグミ。

 

続いて先生はもうひとつ別な袋を配ります。
「この中には甘い金平糖が入っています」との注釈つきで。
同じように見えないながらも、今度は落ち着いて甘みを味わうことが出来ました。

味覚といえども視覚と無関係ではありません。
視覚を閉ざされると、食べ物の情報の8割が失われる、とも言われています。
このため、暗闇の中では自分の食べたものを言い当てられない、ということが起こります。

そして、言葉で足りない情報を補うことで、味わいもまた変わってくるのですね。

 

 

最後はアイマスクをしての「シャバアーサナ(屍のポーズ)」
アロマ(嗅覚)とBGM(聴覚)を感じながら、自ら一度屍となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はちょっと力の入っていた方も、柔らかく響く先生の言葉とともに、今日のクラスを振り返りながら、だんだんと全身の力が抜けていきました。

 

屍となるのは再生への準備のため。
身体を丸め、左右に揺すって目覚めのときに備えます。

 

 

 

 

 

身体を起こし、安楽座のごあいさつで締めくくります。
クラスの途中で食べ物が出るなど、相当に型破りな要素もありました。
今まで受けたヨガのクラスでは感じたことのない不思議な感覚。参加されたお一人お一人が、きっと何かを感じ取っていかれたと信じます。

 

チャレンジド・ヨガに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

NPO法人 日本カルチャーヨガ協会
電話番号:04-2939-8967
チャレンジド・ヨガへのメールはこちら
公式FACEBOOKページもあります。

4/17(金)発売!世界でも限定された店舗のみ展開のNEWLINE HALO COLLECTION

2015.04.16

デンマーク空軍に所属し、ランナーとしても長い経験を積んできたHERGE PETERSENが

パラシュートで水面に降下したときに、「ダイビングスーツはこんなに濡れているのに

なぜパラシュートはこんなに乾いているのか?」というタフで高機能なパラシュート素材に

目をつけ、1枚のパラシュート素材を使用した1枚のウィンドブレーカーを1981年にロンチした

ことから歴史が始まった特異なオリジンを持つデンマーク発のランニングウェアブランドである

「NEWLINE」。

その後ブランドは進化し続け、現在ではその高機能素材を用いながらも、数々のブランドを

手掛けたパリ在住のデザイナーを起用し、機能性とファッション性を融合したアーバンスタイルの

コレクションはアメリカ「URBANOUTFITTERS」などのセレクトショップのバイヤーに目に留まり、

次世代ランニングウェアとして世界的に注目されています。

そんなNEWLINEがこの2015年4月に新たな限定コレクションとして発表するのが「HALO」

コレクション。

「HALO」とは「HIGH ALTITUDE LOW OPENING(高高度降下低高度開傘)という高い技術を要する

パラシュート降下技術の頭文字を取ったもので、これはブランド設立から30年が経過し、現在は

ブランドから離れている創設者の彼とその功績に捧げるコレクションとして、今なおブランドの

DNAとして残るデンマーク特殊部隊にインスパイアーされたミリタリーテイストなランニング

コレクションとして仕上がっています。

そしてこのコレクションはフランス・パリの「COLETTE」・ドイツ・ベルリンの「SOTO」・香港の「HYPE

BEAST」・アメリカ「URBAN OUTFITTERS」といった感度の高い名立たるセレクトショップの旗艦店

のみの限定展開となっており、日本の東京地区では「OSHMAN`S 新宿店」のみの取り扱いと

なります。

それではコーディネートもご紹介します。

Tee ¥12,000(+Tax) LS Tee ¥13,000(+Tax) Short ¥12,000(+Tax) Tight ¥14,800(+Tax)

全て吸汗速乾などの機能素材使用、Tee&LS Teeは写真ではわからないですが、スラブ感のある

ウールのような肌触りであるにも拘わらず、100%化繊で吸汗速乾性に優れてます。

白はいわゆるオフホワイトでミリタリーのアンダーウェアを彷彿させます。

Tee ¥12,000(+Tax) Short ¥12,000(+Tax)

注目のカラーであるバーガンディーとグリーンを組み合わせた都会的なカモフラージュが

かなりよいです。

Jkt ¥22,000(+Tax) LS Tee ¥13,000(+Tax) Short ¥12,000(+Tax) Tight ¥14,800(+Tax)

90`Sブームの折アノラックもトレンドアイテム、防風性と軽量性に優れてます。

(左) Jkt ¥37,000(+Tax) Pant ¥16,000(+Tax)  Bag ¥25,000(Tax)

(右) Tee ¥12,000(+Tax) Pant ¥16,000(+Tax)  LS Tee (参考商品)

左のJktはトレンドど真ん中のMA-1タイプのフライトジャケットからインスパイアされた

コートです。

これらNEWLINEのHALOコレクションは4/17(金)に発売です。

前述もしましたが日本の東京地区ではOSHMAN`S新宿店のみ発売となりますので、

お見逃しのないようにお願い致します。

OSHMAN`S 新宿店

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-1 Flags 5F / 6F
Tel. 03-3353-0584
営業時間 : 11:00~22:00 / 不定休

パパ必見!

2015.04.16

時短バイヤーの田所です。 
周りの協力のおかげで、時短勤務も今日で三年目に突入しました。毎日感謝です!
今年も2人のママが、OSHMAN’Sの店舗に今日から復帰しています。
そんな仲間たちにもエールを送るべく、イベントのご紹介です。

『子育て、家事、仕事と年中無休定休日なく奔走するママ。 そのママたち全員が一年に一回、主役になれる日が「母の日」。自分のためだけに時間を持ち、「また明日から頑張ろう!」と笑顔あふれるイベントを目指しています。』

企画、運営の全てをママたち自らが行い、アクティブに活動されているCheer Up Momさんの最大のイベント、『SMILE FESTA』が2回目を迎えます。

http://cheerupmom.com/blog/2028/

今回は、学芸大学のCLASKA(http://www.claska.com/)を会場に、たくさんのプログラムやワークショップが開催されます。

昨年は、YOGAのクラスに参加しただけでしたが、今回はOSHMAN’Sもブースを出します。
このイベントの楽しいところは、ママだけでなくパパや子供たちも楽しめるワークショップがたくさん用意されているところ♪

ワークショップでそのまま母の日のプレゼントまで用意できちゃうんです。

だから、このブログをご覧になっているOSHMAN’Sフリークのパパ達にもおすすめです。
「子供は見てるから、行ってこいよ」なんて言って、奥様は3Fのスタジオで自分磨き。
楽しんで屋上で合流したらお子さんから「ハイ、いつもありがとう」なんてプレゼントをさりげなく渡す・・・・

ん~、想像しただけで涙がでます。
この機会にポイント稼ぎしてくださいね(笑)

OSHMAN’Sブースでは、キッズ向けのアイテムもご用意する予定です。
ぜひ遊びにきてください。

RFW ROLL 60/40 OSHMAN’S別注モデル発売のお知らせ

2015.04.11

RFW ROLL 60/40 OSHMAN’S 別注モデルの発売が4月18日土曜日に決定しました。

RFW ROLL 60/40 OSHMAN’S 別注 ¥13,000+税 SIZE23/24/25/26/27/28

取扱店舗:OSHMAN’S原宿、新宿、吉祥寺、二子玉川、ONLINE

詳しくはこちら!!!

皆様のご来店をお待ちしております。

 

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~2015.4.4開催

2015.04.04

 

2015年4月4日、土曜日。
花曇りの穏やかな午後、新所沢公民館の前では満開の桜が出迎えてくれていました。

 

 

 

 

クラスが始まるまでの空き時間を利用して、準備体操を行います。

ここから準備体操の説明です。
① 長座の姿勢でまず右ひざを曲げ、右足を左太ももの上に乗せます。
② 両手を使って、隣り合う足指を上下、左右に広げます。
③ 足首を回してほぐします。
④ 足裏を拳で叩いたり、揉んだりしてほぐします。
⑤ 左右を入れ替えて行います。
準備体操の説明はここまでです。

足指、足裏にはたくさんの神経や血管が張り巡らされています。
足指じゃんけんなどのトレーニングで足指を自由に動かせるようになると、筋力や筋反応、姿勢制御能力などが改善されると言われています。
また、脚は第2の心臓と呼ばれるところ。
足裏を刺激して血行を良くしておくことで、脚がつったりするのを予防します。

 

 

 

本日のチャレンジド・ヨガは、前回に引き続いて「じっくりヨガ」
ポーズの練習はひとまず置いて、ヨガの基本を深めます。
第2弾のテーマは「ブレス、ブレス、ブレ~ス♪」
ヨガの基本、呼吸について学びます。

 

 

まずはいつものように「あいさつ」から。

ここからポーズの説明です。
安楽座(いわゆる胡坐)の姿勢で座ります。
背筋を伸ばし、しっかりお尻を割って座るのがポイント。
胡坐の姿勢が苦しい場合は、座布団を使って座りやすいよう調整しましょう。

② 開いた両掌を上に向けて両ひざの上に置き、静かに呼吸を整え、意識を中心に集めます。

③ 胸の前で合掌し、そのまま両手を頭上高く、腕の伸びきるところまで差し上げます
呼吸を止めないよう意識しましょう。

④ 静かに両手を降ろし合掌の状態に戻ります。

⑤ 「よろしくお願いします」と一礼
ポーズの説明はここまでです。

 

それでは早速、呼吸法について学んでいきましょう。

そもそも、呼吸の役割をとはどういうものでしょう。

呼吸といっても、レントゲンを撮ったり肺活量を調べたりといったとき以外は、息を吸ったり吐いたりというのを毎回毎回意識して行っているわけではありませんね。

これは、もともと身体に備わっている「自律神経」の働きによるものです。
呼吸だけでなく、血流や発汗、内分泌など、人間の身体を維持していくための様々な活動を、一つ一つ意識することなく行えているのは、この神経が働いてくれているからです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、互いに譲り合いながら活動しています。
交感神経と副交感神経が両方とも前面に出て活動することはなく、交感神経が前に出る時には副交感神経が後ろに下がり、副交感神経が前に出る時は交感神経が後ろに下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

身体が活発に活動しているときには、交感神経が働いて発汗や血流が促され、呼吸は浅く荒くなっていきます。
反対に、休息中など身体の活動が落ち着いてリラックスしているときは副交感神経が優位になり、呼吸は深く緩やかになります。
逆に言えば、呼吸を浅くすると交感神経が優位になって、身体が活発な活動に対応する状態になり、呼吸を深くすると副交感神経が優位になって、リラックスした休息状態になります。

呼吸というのは、自律神経を自分の意思でコントロールするための唯一の方法なのです。

 

 

呼吸の基礎を踏まえたところで、今度は実践編。
まず、仰向けになり「腹式呼吸」を練習します。
腹式呼吸というのは、胸郭(胸の肋骨などの籠状の骨)をなるべく動かさずに行う呼吸法です。
次の手順で試してみましょう。

① 仰向けになり、両手をお腹の上に置きます
② 腹筋を使って、身体の中の空気を全部吐き切ります。
③ 腹筋を緩め、お腹が「ポン」と膨らむのを感じましょう。

この、お腹が膨らむ感じを覚えておいてください。
ここが腹式呼吸のポイントです。
息をしっかり吐き切ることで、そのあとの吸う息が深くなります。
深く吸い込んで広がった肺に押し出されて、肺の下の横隔膜がお腹の方に移動し、これに押されてお腹が膨らみます。
この、お腹の膨らむ感じを踏まえて、腹式呼吸を練習します。

ここから腹式呼吸の説明です。
① 手のひらをお腹に乗せて、ゆっくり息を吐きます。
吐く息は口からでも鼻からでもOKです。しっかり吐き切るのがポイント。

② 鼻からゆっくり、胸の肋骨を出来るだけ動かさないようにしながら、深く息を吸いこみます。
肋骨が動かない分、肺は身体の下側(脚側)に向かって広がり、これに押されて横隔膜が内蔵側に押し下がっていきます。
横隔膜に押されて腹腔内の圧力が上がり、お腹がポコッと膨らみます。

③ 腹筋をしっかり使って、鼻から息を吐き出します。

④ 少しずつ意識的に時間をかけて、ゆっくりと吸う、ゆっくりと吐く、を繰り返します。
最初のうちは、6秒で吐いて、3秒で吸って、というくらいのイメージで、時間をかけて吐くことを意識しましょう。
何度も繰り返すと、深くゆっくりとした腹式呼吸ができるようになります。
おへそから指3本分下がった位置にある「丹田」を動かすよう意識してみましょう。
腹式呼吸の説明はここまでです。

腹式呼吸を繰り返すことで、副交感神経の働きが活発になり、身体が休息モードに入ります。
深い呼吸によって、身体により多くの酸素が取り込まれます。
ストレスレベルが下がり、代謝や血流も正常化。質の良い眠りが得られるようになります。
横隔膜の動きが良くなると、横隔膜に押されて胃腸が刺激を受け、お通じの改善にも。
横隔膜の動きに合わせて腹筋も鍛えられ、内蔵が正常な位置に戻るので姿勢も良くなり、腰痛の改善にまでつながっていきます。
身体をよい状態に保つためには、しっかりとした深い呼吸が大切なんですね。

 

今度は、腹式呼吸の反復練習のため、「脚の上げ下げ」を行います。
ここからポーズの説明です。
① 仰向けの姿勢で、両脚を真っ直ぐ伸ばします。両腕は自然に伸ばして、両手のひらをマットに付けます。

② 踵を突き出し、アキレス腱を伸ばします。

③ 鼻から息を吸いながら、伸ばした右脚をゆっくり天井へ向けて上げていきます
脚は上がるところまででOK。
出来る方は、右脚がマットと垂直になるところまで上げてみましょう。

④ 下腹部に力を入れながら息を吐いて、右脚をゆっくりマットまで降ろします
おへそをマットに近づけるイメージでお腹をへこませ、腰がマットから浮かないよう意識しましょう。
お腹に力が入っていないと腰が反ってしまい、マットから腰が浮いてしまいます。
腰が浮いていないか確認するために、腰とマットの隙間に手を入れてみましょう。

⑤ 右脚がマットに触れる直前で止め、しばらくその姿勢を維持したあと、静かに右脚を降ろしてマットに付けます。

⑥ 左右を入れ替えて行います。
ポーズの説明はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

出来る方は、呼吸に合わせて両脚を同時に上げ下げしてみましょう。

脚をマットに付く直前で止めて、そのまま静止させるのが結構きつい。
しっかり腹筋に効いている感覚がありますね。

 

 

 

 

腹式呼吸、ときたら次は「胸式呼吸」
お腹を凹ませたまま、胸を左右に広げたり、しぼませたりして呼吸します。
胸式呼吸は交感神経を活発に働かせ、身体をすっきりと目覚めるさせる効果があります。

また、胸式呼吸は腹部を取り巻くコルセットのようなかたちをした「腹横筋」という筋肉を刺激します。

「腹横筋」は、腹部の一番深いところにあって腹壁を構成する筋肉です。
上は横隔膜、下は内蔵を支える骨盤底筋群、後ろは姿勢を維持する背骨付近の多裂筋などとつながっていて、内蔵の位置を安定させたり、腹腔内圧を高めたり、排便を助けたりしています。
腰のくびれを作る筋肉でもあります。
胸式呼吸によって腹横筋を刺激することで、周辺のインナーマッスルも刺激され、筋力の増強や基礎代謝の向上につながります。

それでは胸式呼吸を練習してみましょう。
ここから胸式呼吸の説明です。
① 仰向けの姿勢で、両膝を立てて揃えます。

② 片手を胸に、もう一方の手をお腹に当てます

③ お腹を背中に近づけ締めるイメージでお腹をへこませます。お腹に当てた手で、お腹のへこむ感じを確認します。

④ お腹をへこませたまま、鼻から息を吸います。

⑤ 肋骨が大きく開いて肺に息が取り込まれ、胸が大きく広がります。胸に当てた手で、肋骨が外側に広がって動く感じを確認しましょう。

⑥ お腹はへこませたまま、口から息を吐きます。

⑦ 肋骨が閉じて肺から息が出ていき、胸がしぼみます。胸に当てた手で、肋骨が内側にしぼんでいくのを感じましょう。

⑧ 次に、両手を肋骨の上、息を吐いたときに指先同士が触れる位置に置いて胸式呼吸をしてみましょう。
息を吸いこむと指先が離れ息を吐くと指先がくっつきます
両手で胸の動きを確認しながら、胸式呼吸で胸が開いたりしぼんだりする感覚を掴みましょう。
胸式呼吸では吸うときも吐くときも腹筋は引き締めたままにしておきます。
肩甲骨を引き下ろすようにして首を伸ばすと、自然に腹筋が引き締まります。
胸式呼吸の説明はここまでです。
胸に手を当てて胸郭が動く感じを掴みます。

 

 

 

 

 

 

続いて、胸式呼吸の反復練習のために「橋のポーズ」を練習します。
身体の前面を使って、橋のようにアーチ型を作ります。

初めは、両腕を上げて胸を開きます。

① 立て膝で仰向けになります。両腕は自然に降ろします。

② 鼻から息を吸って、両腕を天井に向かって上げていき、そのまま反対側に倒して頭上のマットに付けます
両腕を頭の上に持っていくことで身体の前面が開き、胸にいっぱい息を入れていきます。

③ 今度は息を吐きながら、両腕をお尻の横に下します。

 

今度は、橋のポーズを呼吸に合わせて行います。
ここからポーズの説明です。
① 立て膝で仰向けになります。
脚は腰幅。
両太ももの内側の筋肉も使って、膝と膝の間が広がり過ぎないよう意識します。
両膝の間にソフトボールくらいの大きさのボールが挟まっているとイメージしてみましょう。タオルなどを挟んで行ってもOKです。
両腕は自然に降ろして両手のひらをマットに付けます。

② かかとをできるだけお尻の方に引き寄せます

③ 鼻から息を吸って、両手で床を押し、太ももと腰をマットから持ち上げます
お尻を引き締めて小さく中心に集めるイメージで、腰を天井に向かって突き上げます
腰に手のひらを下から当てて行ってもOKです。
胸を開いて肺いっぱいに空気を取り込みます。

④ 息を吐きながら ゆっくり腰を降ろしていきます。

⑤ ①~④を繰り返します。

⑥ 慣れてきたら、腰を下ろさず上に上げたまま呼吸を続けてみましょう。
しっかりと足の裏全体でマットを踏み、恥骨を高く押し上げて、お腹が膨らまないように意識しながら胸式呼吸を続けます。
ポーズの説明はここまでです。

サポーターさんとの練習タイム。
真剣な中にも、時おり笑いが混じります。


 

 

続いての呼吸法は、その名も「完全呼吸」
腹式呼吸、胸式呼吸、肩(鎖骨)呼吸、クムバク(息を止める)を組み合わせて行う呼吸法です。
たくさんの酸素を身体に取り入れることで呼吸機能を高め、神経を穏やかにし、ストレスを軽減させる効果があります。

 

空気中に満ち溢れている自然のエネルギーを体内に取り込むイメージで、いっぱいに息を吸い込みます。

今度は息を止めて、取り込んだ「気=プラーナ」が全身を巡っていくのを感じましょう。

身体の隅々にまで気が行き渡るのを感じたら、今度はストレスや毒素など、身体の中に抱え込んだ悪いものを体外に排出するイメージで、ゆっくりと息を吐き出します。

 

ここから完全呼吸の説明です。
① まず息を吐ききるところから始めます。おへその下にある丹田を意識して、下腹部をへこませながら吐いていきます。

② 背筋を真っ直ぐ伸ばして姿勢を正し、一定のスピードでゆっくりと鼻から息を吸いこみます。
腹式→胸式→肩の順で身体の下の方から順に空気を満たしていきます。
(1) まず最初に「腹式呼吸」で横隔膜を下げ、肺の下の方に空気を入れてお腹を膨らませます。

(2) 次に「胸式呼吸」で胸を広げて、肺の中ほどに空気を流し込みます。

(3) 最後に「肩(鎖骨)呼吸」。肩甲骨を下げて鎖骨を開き、肺の上の方に空気を入れます。
最終的には、下腹部をややへこませ、胸の上部を突き出したような姿勢になります。

③ こうして肺の中いっぱいに空気を詰め込んだら、数秒の間、自然に息を止めます。
この時、丹田に力を集中し、肛門を締めて、肩とみぞおちの力を抜きます。

これを「クムバク」と言います。普段は呼吸を止めないことが重要視されるヨガですが、このときはあえて呼吸を止めることで、呼吸によりいっぱいに取り込んだ「気」を身体の中に充満させます。

④ 今度はゆっくりと息を吐きます。これもまた身体の下の方から順に吐いていきます。

(1) まず、胸のかたちはそのままで、お腹をへこませてゆっくりと息を吐いていきます。

(2) 続いて胸をしぼませ、肩も下げながら吐きます。

⑤ お腹、胸、肩の位置が通常の状態に戻り、息を完全に吐ききったら、①に戻って繰り返します。

呼吸の長さは、最初のうちは、「吸気1:クムバク1:呼気1」
慣れたら「吸気1:クムバク2:呼気2」としていき、最終的には「吸気1:クムバク4:呼気2」を目標に、少しずつ近づけていきましょう。

 

 

続いては、完全呼吸を使った「桜の木のポーズ」に挑戦します。
時は桜の最盛期。会場の外の桜も満開です。

ベースになるのは「ヤシの木のポーズ」。
つま先立ちになることで、ふくらはぎの筋肉を強化し、全身の血流を良くする効果があります。

今回はヤシの木のポーズの手のかたちを変えて、みんなで満開の桜を表現します。
両手のひらを大きく広げて、今が盛りと咲き誇り、微かな風に散っていく、はかなくも美しい桜の古木をイメージしましょう。

最初に上半身の動きを練習します。
ここからポーズの説明です。
① 足を肩幅に広げて立ちます。両腕は自然に下して、手のひらを「パー」のかたちに広げます。深く静かに自分のペースで呼吸しましょう。

② 完全呼吸で息を吸いこみながら、伸ばした両腕を前方にゆっくりと上げていきます。肩の高さを通り越し、両腕を天井の方向へと伸ばしていきます。

③ 息を止めて、取り込んだ気が身体の中を巡っていくのを感じながら、両腕を横方向に開きます。角度の目安は2時と10時の方向です。手のひらを大きく広げて、今がその時と力強く花開く桜を表現しましょう。

④ 完全呼吸で息をゆっくり吐きながら、開いた両腕をそのまま横方向にゆっくりと下ろします。指先で、身体の側面に出来るだけ大きな円弧を描くよう意識しましょう。
ポーズの説明はここまでです。

最初のステップでは、先生の声を頼りにポーズを取ります。
サポーターさんは一緒にポーズを取りながら、静かに見守ります。

 

次に、つま先立ちを練習します。

壁や柱など、身体を支えられるものに手が届くところで練習しましょう。
つま先立ちになった時は、両足の親指の付け根付近に体重を掛けます。
外重心だとバランスがとりにくくなるので、身体の内側に向けて重心を掛けるよう意識しましょう。

 

今度は、上半身の動きにつま先立ちを加えた完成ポーズを練習します。

ここからポーズの説明です。
① 息を吸いながら腕を前方に上げていくところで、腕の動きに合わせてゆっくりとつま先立ちになります

② 両腕を天井に向けて上げ、息を吸い終わったら、つま先立ちの姿勢を維持したまま息を止め、腕を2時と10時の方向に広げて静止します

③ 3~5秒の静止後、ゆっくり息を吐きながら腕を下ろします腕の動きに合わせてゆっくりかかとを下ろしてマットに付けます
ポーズの説明はここまでです。

 

サポーターさんと完成ポーズの練習。


 

 

 

 

 

 

 

健常者でも、ひとたび目を閉じれば身体のバランスを取るのは難しいものです。
これは、脳が姿勢を保つために必要とする情報の大部分を視覚から得ているためです。
つま先立ちの不安定な姿勢に、呼吸と腕の動きが加わると、かなり難易度の高いポーズになります。
サポーターさんが腕やかかとに手を触れながら、正しいポーズのかたちを伝え、バランスを取りやすい重心の位置を探っていきます。

 

最後に、全員で完成ポーズに挑戦。

 

個性豊かな桜の木が、それぞれに満開の花を咲かせます。
素敵な桜の林の光景です。

 

 

続いてのポーズは「門のポーズ」
背骨をしっかり横に伸ばして、二人一組で左右対称のポーズを目指します。
内臓の調子を整える、ウェストを引き締める、背骨を柔軟にする、肺を広げて深い呼吸ができるようになる、などの効果があります。まずは一人でポーズを練習します。

こちらはポーズの前半部分(前面から撮影)です。

ここからポーズの説明です。
① 両膝を揃えて膝立ちの姿勢になります。

② 右足を真横に伸ばします。足先を右に向け、足裏全体をマットに付けて、脚全体をピンと伸ばします

③ 右手を右脚の上に置き、右手のひらを上に向けます。右手を足先に向かって滑らせて、身体の左側面が伸びるのを確認します。

④ 息を吸いながら、左腕を天井に向かって伸ばし、合わせて背筋を伸ばします。

⑤ 息を吐きながら、左腕を右方向に倒していきます。腕に引っ張られるように、上体も右に倒します。腕と上体を真横の方向に倒し、お尻を後ろに突き出さないよう意識しましょう。伸ばす側の肋骨を開くイメージが大切です。

⑥ 右に倒した上体を戻し、左腕を下ろします。

⑦ 左右を入れ替えて行います。
ポーズの説明はここまでです。
背面から見たポーズ(後半)はこんな感じ。
(左右は説明と逆です)

 

 

 

 

 

 

言葉だけではなかなか分かりにくいポーズですが、サポーターさんとの二人三脚で完成形に近づけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度はこれを二人一組でやってみましょう。
ここからポーズの説明です。
① 二人で横に並んで膝立ちになります。
間隔は、お互いに手を伸ばすとかろうじて届く、というくらいの位置まで離れます。

② お互いの内側の脚を相手の方へ伸ばします。
足先は前へ向け、自分の足の外側と相手の足の外側を触れ合わせます

③ 内側の手を内側の脚の上に乗せます。

④ 息を吸いながら背筋を伸ばし、外側の手を上に向かって伸ばします。

⑤ 二人で呼吸を合わせて、息を吐きながら上体を相手の方へ倒します
伸ばした自分の外側の手の指先と、こちらに向かって伸びてくる相手の外側の手の指先を触れ合わせます

⑥ 脚に添えた内側の手を相手の方へ伸ばし、内側の手の指先同士を触れ合わせます

⑦ 外側の手の指同士を触れ合わせたまま、呼吸を合わせて手首を下に曲げると、両腕のラインがハートのかたちになります。

⑧ 5秒間ポーズを維持した後、呼吸を合わせて外側の指を離し、ゆっくりと上体を元に戻します。

⑨ 内側の指も離して、内側の太ももの上に戻します。
ポーズの説明はここまでです。
組ヨガの時は、相手と呼吸を合わせて声を掛け合いながら行いましょう。
手が届かない場合は、タオルなどを使ってリーチを補ってもOKです。

 

サポーターさんも交えて二人一組になっての練習タイム。あちこちで悲鳴と苦悶のうめき声が上がります(笑)。



 

最後に揃って完成ポーズを披露。
会場内のあちこちに、全身を使ってつくったたくさんの大きな輪が出来ました。

 

 

 

 

クラスの終わりはいつものように「シャバアーサナ(屍のポーズ)」
あらゆるヨガクラスで必ず行われる重要なポーズです。
自ら屍となり、母なる大地へと帰っていきます。

今月のアロマは「ローズウッド」
心を活性化する作用と、鎮静化する作用、両方の性質を持っています。
精神的な疲労を取り除き、落ち込んだ心を改善してくれると言われています。

全身の力を抜く、というのは簡単なようでいて案外難しいもの。
サポーターさんが回って、固まった筋肉を緩めるよう促していきます。

 

シャバアーサナの後は、身体を丸めて左右に揺すり、再び目覚める準備をします。

 

 

 

最後は安楽座で隣の人と手をつなぎ、終了のごあいさつ。
キツいポーズもあったけれど、最後は満開の桜のような笑顔で終わったクラスなのでした。

 

~チャレンジド・ヨガ プロジェクトからのお知らせ~

今回のクラスの中で、高平先生より重大発表がありました~。

なんとなんと、
6月から毎月、立川市の泉体育館でチャレンジド・ヨガを開催することが決定しました!

インストラクターは、今回のチャレンジド・ヨガでもサポーターを務めてくださっているAki先生
では、Aki先生。一言お願いします。

 

こんにちは。Akiです。
このたび立川でのチャレンジド・ヨガのクラスを担当させて頂くことになりました。
この機会を下さった泉体育館の関係者の皆様、高平先生はじめチャレンジド・ヨガの皆様に感謝申し上げます。

実はサポーターとして参加する以前、私は「チャレンジド」の意味はもちろん、その言葉の存在すら知りませんでした。
所沢での活動を通し、視覚障がいを持つ参加者の皆さんとyogaを通して触れ合う中で、このクラスが持つ『ちから』を感じています。
ヒトを変える『ちから』を持っていること・・・
ヒトと繋がる『ちから』を持っていること・・・

今後、この活動が多くの地域の方と繋がっていけるように、この立川の地で皆さんとyogaの時間をシェアしていきたいと思っています。

最初の一歩。
すごくエネルギーがいることかもしれません。
でも、yogaにはヒトを変える『ちから』があります。
一緒に踏み出してみませんか?
高平先生はじめ、サポーターのみんなとともに、立川でお待ちしております。

Aki先生、ありがとうございました。

 

立川でのチャレンジド・ヨガは、毎月の第1土曜日、14:00~15:00に開催します。
※2016年1月のみ第2土曜日(1/9)に開催。
見えない、見えにくいと感じている方はもちろん、ご家族やガイドヘルパーさんなど同伴の方もご参加いただけます。
※障害者手帳の有無は問いません。
※視覚を閉ざされた状態でのヨガを体験してみたい方など、お気軽にご相談ください。

★会場への行き方
JR立川駅の北口から出て、多摩モノレール立川北駅へ移動します。(徒歩3~5分程度)
上北台行のモノレールに乗って3つ目の、そのものズバリ「泉体育館」駅で下車します。
進行方向左側の出口から出れば、会場の泉体育館はもう目の前です。

 

 

所沢での次回の開催日は5/17(日)です。

お申し込み・お問い合わせは下記までご連絡ください。

NPO法人 日本カルチャーヨガ協会
電話番号:04-2939-8967
チャレンジド・ヨガへのメールはこちら
公式FACEBOOKページもあります。
※お申し込みの際、以下の項目についてお知らせください。
・ お名前
・ 携帯番号
・ メールアドレス
・ 障がいの有無
・ 障がいの種類(差し支えなければで構いません)

 

※過去のチャレンジド・ヨガの記事はこちら。
★チャレンジド・ヨガ(所沢開催)
2013/8/11 2013/9/8 2013/10/13 2013/11/10 2013/12/8
2014/3/16 2014/4/13 2014/5/18 2014/6/8 2014/7/13(午後) 2014/8/17(午後) 2014/9/21(午後) 2014/10/12(午後) 2014/11/16(午後) 2014/12/21(午後) 2015/1/25(午後) 2015/2/22(午後)
2015/3/22

★視覚障がい者のためのiPad講習会
2014/7/13(午前) 2014/9/21(午前) 2014/11/16(午前) 2015/2/22(午前)

★フェイシャルヨガ+プチプラフィンガーメイク
2014/8/17(午前) 2014/10/12(午前) 2014/12/21(午前) 2015/1/25(午前)

★チャレンジド・ヨガ(福島ヨガプロジェクト)
2014/4/5 2014/8/24

★チャレンジド・ヨガ(「お寺でJAZZ YOGA 2014」)
2014/10/4

★サポーター勉強会
2014/1/19

 

【OSHMAN’Sからのお知らせ。】

人気インストラクターによるフルタイム実演と音声による日本語ガイダンスで、「好きな時に」「自分のペースで」「いつでもどこにいても」YOGAを楽しんで頂けるiPhoneアプリ『Osh Yoga』の追加コンテンツをリリースしました。
無料ですので、iPhoneをお持ちの方は一度使ってみてください。

 

◎iPhoneのボイスオーバー機能(視覚障がい者向けのサポート機能)を使われている方へ。
高平先生に教わった、『OSH YOGA』の動画を再生する方法です。
※事前にAppStoreから『OSH YOGA』アプリをダウンロードしておいて下さいね。

再生のための手順は3つ。

1. OSH YOGAアプリをダブルタップで起動します。
メニューが4つ表示されます。(動画、プレイリスト、SNS、設定の4つです)
2. 右か左フリック(1本指で右から左へ、または左から右へ画面をこする様にするとメニューを次々読み上げます)して、動画と読み上げた所で、ダブルタップ(2回すばやく画面をポンポンとタッチ)して確定します。
次の画面はヨガの動画メニューの一覧画面が表示されます。
3. 右か左フリックで、好みのヨガメニューが読み上げられたら、ダブルタップで確定すると動画が再生されます。
手順の説明はここまでです。