OSHMAN'S We Make sure you're the winner

OSHMAN'S ONLINE



HOME > オッシュマンズブログ

オッシュマンズブログ OSHMAN'S BLOG

次の10件

6/13(土) オッシュマンズ原宿店にロブマチャドがやってくる!

2015.05.29

6月13日(土)にオッシュマンズ原宿店で特別なイベント開催します。

世界で一番有名で一番ファンに愛されてるサーファー ロブ・マチャドがオッシュマンズ原宿店にやってきます。

今回は自身をサポートするビーチサンダルを中心として海を感じられるライフスタイルを提案するREEFの新生REEF JAPANのローンチを記念して来日。
来日期間中の6月13日にオッシュマンズ原宿店にREEF JAPANアンバサダーの大野 修聖氏や間屋口 香氏と共に来店。トークショーや写真撮影など特別なイベントを行います。

【6/13(土) ROB MACHADO来日イベント IN オッシュマンズ原宿店】

イベント開催日時:2015年6月13日 13:00~1500

場所:オッシュマンズ原宿店 B1

①Talk Show with ROB MACHADO
最近の活動やライフスタイルについて、最新のショートムービーを交えロブ・マチャド本人から話を聞いちゃいます。
当日は大野 修聖氏や間屋口 香氏といったREEF JAPANアンバサダーたちも集結。貴重な話が聞けるはず。MCには堀内 直子氏。

②Silent Board Auction(サイレントボードオークション)
ロブ・マチャド・ファンデーションへの寄付を目的とした、サイレントボードオークションを開催。

-サイレントボードオークション レギュレーション-
6/4(木)~6/13(土)の期間内にロブ・マチャド使用のユーズドボードを展示し、購入可能額を明記して投票を行います。13日のイベント当日に開票し、最高値を投票して落札者を発表。落札者にはサーフボードにロブ直筆サインをし贈呈します。
オークションはロブが主宰する自身のファンデーションへの寄付の為に行われ、今回の売り上げはロブマチャド・ファンデーションへ寄付します。

③ROB MACHADO ”Autograph Signing” (サイン会&記念撮影)
イベント当日(6/13)にREEF商品をオッシュマンズ原宿店でお買い上げの方限定でサイン会&記念撮影を行います。
REEF商品をお買い上げいただいたお客様には整理券を配布します。(14:30に最終締め切り)
サイン会の際には整理券を忘れずにお持ちください。

[REEFとは]
1984年アルゼンチン出身のFernandoとSantiagoの二人の兄弟がスタートしたブランドです。
サーフィンへの熱い思いとユニークな企業家精神に動かされ兄弟はハイクオリティでアクティブなライフスタイルを象徴するサンダルの実現に向け取り組んだ。現在ではサーフアイディンティティを基盤に海を感じるbrandとしてのライフスタイルブランドとして確立。

今期、オッシュマンズではREEFのビーチサンダルとシューズを展開。
今回来店するロブ・マチャド自身もデザインに参加したシグネイチャーモデルを日本ではオッシュマンズでのみ販売。
また、ビーチサンダルだけではなくシューズなども合わせたREEFポップアップストアをオッシュマン原宿店で6/4(木)~6/21(日)で開催。
REEFブランドも豊富にそろいREEFブランドのブランドイメージを感じられるはず。6/4からはサイレンオークションに出展されるロブ・マチャド使用のユーズドボードを展示。どんなボードかはぜひ店頭で確認してください!

 

問い合わせは原宿店サーフスタッフまでご連絡ください。(TEL:03-3478-4888)

 

東京都渋谷区神宮前1-14-29
JR山手線原宿駅 表参道口、目の前
OSHMAN‘S原宿店
TEL 03-3478-4888
営業時間 11:00~21:00 年中無休

フジロック公式フリーマガジン『Festival echo ’15』到着!

2015.05.27

日本最大級の野外ロックフェスティバル『フジロック』。
音楽と自然に満ちたあの3日間がいよいよ今年もやってきますね♪

ここをご覧の方の中でも、すでにチケットをゲットされてる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか!
ということで、今年もフジロックの公式フリーペーパー『Festival echo ’15』が到着いたしました♪

日別の出演アーティスト情報はじめ、インタビュー、対談、フジロック好き著名人による歩き方等々、今年も情報満載な1冊に仕上がっております!
「そもそもフジロックってなに!?」
「フジロックってよく聞くけど、楽しいの!?」
なんて方々がご覧になれば、フジロックがどんなものなのかは掴めると思います♪

是非Checkしてください!

さて。
天候が変わりやすい山という大自然の中では、全天候に対応出来るアウトドア系のテクノロジーが必需品であろう、しかもお洒落にかっこよく。そして快適に。
そんな想いからオッシュマンズでは2007年よりフジロックへの取り組みをはじめてきました。
10年近く会場に足を運んでおりますが、ここ1、2年でスタイリングに変化を感じております。
普段と変わらないようなファッションを楽しむスタイルで来られる方が増えてきたなぁと。
でも変わらないのは、晴れ、曇り、雨、(時には嵐、雷)の全てを体験できる事(笑)
そんなお洒落を楽しんでる方々も、雨が降ればサッとレインジャケットやポンチョを出してプロテクト。
実にスマートな方々が増えてきました。

今回の『Festival Echo』P.40、41では、この「フェス・ファッション」について、
毎年会場に足を運んでいるオッシュマンズのマーチャンダイズ担当スタッフと、
雑誌POPEYEなどで活躍する人気スタイリスト 石川 顕氏で対談をしていただきました。
フェスファッションを見続け、そして企画し続けてきたスタッフと、
大のフェス嫌いというファッション界の人気スタイリスト。
化学反応が起こりそうなこの企画、是非ご覧くださいませ!

オッシュマンズ町田店閉店最終SALEのお知らせ

2015.05.25

いよいよ5/31(日)をもちまして、OSHMAN’S町田店は閉店となります。

最終SALEといたしまして、5/25(月)より店内の商品全品を値下げ価格から更にレジにて10%OFFいたします!

最終売り尽くしの為、色・サイズは出ている限りとなります。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

永年にわたるご愛顧をスタッフ一同心から感謝を申し上げますと共に、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~サポーター勉強会(2015.5.23)

2015.05.23

 

2015年6月6日、いよいよ立川でチャレンジド・ヨガの定期開催が始まります。
これに先立つこと2週間前の5月23日に、クラスの運営を担うサポーターさん向けの勉強会が開催されました。

参加者は21名。

所沢のクラスでのサポーター経験者だけでなく、立川での定期開催を知って応募された方、会場となる泉市民体育館の運営を任されているシンコースポーツさんのスタッフの方など、参加のきっかけも様々です。

実際に障がいのある方の意見が参考になるので、いつも所沢のクラスに来てくれている方にも参加して頂きました。
参加者の皆さんを万全の態勢で迎え入れるために、皆真剣な面持ちで勉強会に臨みます。

 

 

最初は、歩行訓練士の内田 まり子先生による移動介助、いわゆる「手引き」の基礎知識
会場の入口から、自分用のヨガマットの位置まで案内する場面を想定しています

まずは基本姿勢から。

1. まず、自分の名前を告げてあいさつをしましょう。

2. 続いて、サポーターさんは参加者さんの左側、かつ半歩前に立ちます。
肩の力を抜き、腕は自然に垂らしておきます。

3. 参加者さんは、左手のひじを曲げ、サポーターさんの右ひじの関節の少し上を軽く掴みます。

4. サポーターさんの身体と腕の間に親指以外の4本の指を差し入れ、親指だけサポーターさんの身体の外側(参加者さんにとっては自分側)に出るように掴みます。
サポーターさんと参加者さんの間に身長差がある場合、参加者さんの背が高ければサポーターさんの肩に手を置き、参加者さんの方が低ければ、サポーターさんの手首など、手の届くところを掴みます。

半袖やノースリーブなど腕の出る服を着ている場合、直接肌に触れるのが気になるようでしたら、ハンドタオルなどを使ってその上から掴みます。

 

 

この態勢で、サポーターさんが半歩前を歩きます。

 

 

歩く時のポイント。

・腕を振ったり、脇を強く締めたりせず、手引きしている右腕は力を抜いて自然に垂らしたままにしておきます。
ただし、手引きには安全確保の側面もあります。
脇が甘くなりすぎて右腕(右ひじ)が自分の身体から遠く離れてしまうと、その腕を掴んでいる後ろの参加者さんとの距離が必要以上に離れてしまいます。
その分、参加者さんの安全確保が難しくなってしまうので、腕全体の力は抜きつつも、脇は緩めすぎず適度に締めておきましょう。

・むやみに振り向こうとせず、出来るだけ自然に歩きます。
振り向くことでサポーターさんの肩が動いて向きが変わると、それに伴って手引きしている腕も回転してしまいます。
参加者さんもそれに合わせて方向を変えようとしてしまうため、お互いにまっすぐ歩きづらくなります。

・お手洗いへの案内などである程度長い距離を歩く場合、歩く速度は参加者さんに合わせましょう。
「このくらいの速さでいいですか?」など、確認しながら歩きます。
急に走ったり、急に立ち止まったりは極力避けましょう。
足が出にくかったり、腕を握る手に力が入っていたりする場合、歩行に不安を感じていることが多いので注意が必要です。

・曲がるときは、「左に曲がります」と、曲がる直前に立ち止まってから声を掛けます。
何となく伝えて、何となく曲がるのではなく、言葉はシンプルに、動きにメリハリをつけましょう。

 

 

マットとマットの間など、人ひとり分以下の幅しかないような狭い隙間を通るときには、「狭いところを通るので横向きになりましょう」というように声を掛けます。
お互いに横向きになったら、そのまま蟹歩きの要領で横に進みます。

自分のマットに着いたら、立ち止まって「着きましたよ.。座りますね。」と声を掛け、そのまましゃがみます。

 

 

 

サポーターさんの腕が下に下がると参加者さんも自然に姿勢が低くなるので、そのまま腰を下ろしてもらいます。

 

自分がマットのどのあたりにどの向きで座っているのか、マットを触って確認してもらいます。

 

 

ここからはいよいよ歩行体験。
二人一組になり、一人がアイマスクを着けて参加者役になります。
サポーター役の人の腕を掴み、会場内を一周します。

前を見ずに歩く。

サポーターさんの腕に掴まって踏み出す一歩一歩が新たな体験です。
口元の笑みも心なしか少しばかり強張り気味。
それでもサポーターさんを信じて歩を進めます。
サポートする側も、手引きする腕を掴む手の力の入り具合や、腕が後ろに引かれる感覚から、口に出さない相手の心を推し量り、こまめに情報を伝えながら会場内を進みます。

途中で役割を交代し、サポートする側、される側の両方を体験します。

 

歩行体験の後は質問コーナー。

「駅までの送迎で、一度に二人以上を手引きしなければならない時があるのですが?」

手引きは1対1が原則ですが、一度に複数の方を手引きしなければならない場合は、両手を使う方法と、自分が手引きする方の腕に次の方を掴まらせる式に数珠つなぎにする方法があります。

 

両手を使えば二人の方の状況を自分で把握できますが、ドアの開け締めなどの際には支障が出てしまいます。

数珠つなぎ式だと、後ろに回った方の状況が直接把握できなくなりますが、常に片手が空いているので、ドアなどの障害物にも対処しやすく、狭い場所での横歩きも比較的簡単に対応できるなどの長所があります。

 

「腰やひざを痛めていて、椅子に座ってもらうような場合の対応は?」

まず椅子の前に着いたら声を掛け、座面に物が置いていないかなど、座れる状態であることを確認します。

次いで、参加者さんの空いている手(この場合は右手)を取って、背もたれに手を乗せます。

視覚障がいの方は、背もたれの曲がり具合で前後を判断し、座面を触って椅子のかたちを把握して座ることができます。

移動介助の講座はここまでです。
内田先生、ありがとうございました。

 

 

ここからはヨガの時間。

まずは、アイマスクをしてのヨガを体験してみましょう。
視覚を遮断し、インストラクターの声だけを頼りにポーズを取ります。

胡坐の姿勢で、手のひらを上に向け、膝の上に乗せます。

背筋を伸ばし、深く静かに呼吸を繰り返します。

合掌してあいさつ。「よろしくお願いします」

 

 

 

 

自分のペースで深くゆっくり呼吸を繰り返しながら、合掌した手を頭上へと上げていきます。

腕をいっぱいに伸ばして、合掌した手を頭上高く差し上げたら、今度は両腕を左右に開いて「アンテナのポーズ」

開く角度は10時と2時の方向。

深宇宙の声を聴くパラボラアンテナのように、指先までいっぱいに伸ばし、胸を大きく開いて気持ちよく身体を伸ばしましょう。

空気を胸いっぱいに取り込んで、それからゆっくりと吐き出して、深い呼吸を繰り返します。

今度は腕を降ろして正座の姿勢で座り、上体を前に倒していきます。

両ひざを開いて、両手を出来る限り前方遠くに伸ばしたら、全身の力を抜きましょう。

「チャイルドポーズ」と呼ばれる休息のポーズです。

股関節の柔らかい赤ちゃんのうつぶせ寝をイメージしてみましょう。

しばらく休んだら、ゆっくりと身体を起こして正座の姿勢に戻ります。

 

「声だけを頼りにポーズを取る」ということがどういうことか、どんな時に不安に感じたか、どんな時に声を掛けてほしかったか、どんな時に手を触れて直してほしかったか、自らの体験、自らの感じたことを心に刻みます。

 

今度は4人一組で役割を分担してポーズを取ります。

グループの中の1名は視覚障がいの方なので、残りの3名で、アイマスクをしてポーズを取る参加者役、二人のサポートをするサポーター役、参加者とサポーターの全体を見て、良さを見出すとともに改善点を探る見守り役、の3つの役割に分かれます。

 

インストラクターを務めるAki先生のリードでポーズを取っていきます。
ポーズは「ねこのポーズ」
背骨の柔軟性を高め、首こりや肩こりの解消、内臓機能の調整などの効果があります。

まず、四つんばいの姿勢になります。
呼吸は鼻呼吸。
腕と太ももは床に対して垂直に立て、腕は肩幅、脚は腰幅に広げてつま先を立てます。

つぎに、鼻から息を吸いながら、ゆっくり背中を反らせます。
顔を上に向けて、お尻から後頭部まで使って弓なりのラインを作ります。
身体を反らせ、胸を開いて、肺に空気を一杯に取り込みます。

今度は、鼻から息を吐きながら、背中を丸めて持ち上げます。
突然、床からせり出してきた杭に、みぞおちのあたりをぐいっと突き上げられたところをイメージしてみましょう。
お腹をひっこめ、しっかり息を吐き切ります。
あごを引き、視線はおへそを見る感じで。

反らせて、丸めてを何度か繰り返したら、チャイルドポーズで休息しましょう。

 

グループごとに、それぞれの立場で話し合う時間。

 

 

 

 

わかりやすかった言葉、わかりにくかった言葉。
インストラクターやサポーターの声の聞こえ具合。
周りの音に紛れてしまっていなかったか。
身体に触れるタイミングや力加減。
触れる前の声の掛け方。

それぞれの立場で感じたことを共有します。

 

 

役割を入れ替えて次に進みます。
ポーズは「ダウンドッグ」
犬が下を向いて前脚を伸ばし、背中をグ~ッと伸ばしているイメージです。
お腹や足を引き締め、全身を強化します。

このポーズもスタートは四つんばいです。
腕と太ももは床に対して垂直に立て、腕は肩幅、脚は腰幅に広げ、つま先を立てます。

息を吐きながら、ひざを床から浮かせ、お尻を天井に向けて持ち上げて、腰が気持ちよく伸びていくのを感じます。
視線はおへその下を見る感じで、首の後ろ側をリラックスさせましょう。

余裕があれば両脇をしっかりと伸ばし、さらに余裕があれば両ひざも伸ばし、脚の裏側を伸ばしてかかとをゆっくりと床に沈めていきます。
脚の裏側を伸ばすのが難しい方、かかとが床につかない方は膝を曲げてもOKです。

両手でしっかりとマットを押して、お尻をさらに後ろ斜め上の方に突き出し、背骨を伸ばします。
下腹を引き上げ、背中に近づけるようにして、お尻の位置を高く保ちます。

マットに付いた手から仙骨までを、斜めに立て掛けた板のようにまっすぐ伸ばしたら、首や肩の力を抜いていきます。

 

 

しばらくポーズをキープしたら、ひざをついて腰を落とし、再びチャイルドポーズで休息します。

 

 

 

ここでもう一度意見交換。
自分のイメージと実際に取ったポーズはどのくらい違っているのか。
どのあたりまでなら身体に触っても大丈夫か。
短い時間の中にも密な意見交換が行われます。

 

 

 

ここからインストラクターは高平先生にスイッチ。
立位のポーズに移ります。
ここからはポーズの名前を伏せて、インストラクターは最小限の説明でポーズを取るのみ。
サポーター役の方が、ポーズを見て自分の言葉で説明していきます。

実際のクラスでは、会場内がざわついて先生の声が聞こえづらくなるときがあります。
そんな時こそサポーターの出番です。
参加者の目となり、慌てず落ち着いてポーズを伝えましょう。

 

まず、マットの長い方の辺を前に、両脚を大きく開いて立ちます。
両かかとの間を肩幅の2倍程度に開きます。

 

 

 

 

右の足先だけを身体の外側(この場合は身体の右方向)に向けます。
左の足先はそのまま前に向けておきます。

 

 

 

次に、両腕を伸ばして左右に開きます。
いわゆる「大の字」の状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

両腕はそのままで、腰を左上に持ち上げます。

 

 

 

 

 

上半身を右に倒していきます。伸ばした右手が右脚に触れるところまで真横に倒します。
左腕は真上に向けて伸ばし、首をひねって顔も上に向け、天を指す左手指のはるか先を見つめます。
※首が痛い方は無理のない範囲で。

ここまで来ると、つい息を止めてしまいがちです。呼吸を忘れずに。

5呼吸の間ポーズをキープしたら、身体を起こして最初の姿勢に戻り、今度は左右を入れ替えて同じようにポーズを取ります。

ポーズの名前は「三角のポーズ」
骨盤のズレを矯正し、毒素の排出を促します。
合わせて、太ももやお尻、腰回りを引き締め、ウェストのくびれを作る効果があると言われています。

参加者役の二人を相手に奮闘するサポーター役の皆さん。
見たものを自分の言葉で伝えながら、時に手を触れてポーズを調整し、時には自らポーズを取って負荷のかかるところを確かめて、少しずつポーズを完成させていきます。

 

 

役割を交代して次のポーズへ。

今度は四つんばいの姿勢から始めます。
腕と太ももは床に対して垂直に立て、腕は肩幅、脚は腰幅に広げます。

 

 

 

一度上体を起こして右足を前に出し、四つんばいのときについていた両手の位置を結ぶ線の間に右足を置きます。
かかとから二の足の部分を、マットと垂直になるように立てます。

再び上体を倒して、踏み出した右足の両側に両手を置きます。
左脚は後方になが~く伸ばしておきます。

 

 

 

 

右ひざに両手を置いて、再び上体を起こします。

 

 

 

 

 

両腕をまっすぐ前方に伸ばし、両手のひらを身体の内側に向けて向い合わせにして、そのまま頭上に向かって振り上げます。
視線をやや上に向け、身体を後方に反らして、上体前面から左の鼠蹊部、太ももの前面までをしっかり伸ばします。
両手の先から後頭部、背中、お尻、左脚の裏側までを使って、大きな円弧を描きましょう。
右足に重心を置き、腰を下に落として左の鼠蹊部を伸ばす一方、上半身はできるだけ力を抜いて、自然に柔らかく反らせます。

 

腰が痛い場合は、左ひざをマットに付いてポーズを取りましょう。

5呼吸の間ポーズをキープしたら、上体を前に倒して両手をマットにつき、右足を戻して四つんばいの姿勢に戻り、左右を入れ替えて同じようにポーズを取ります。

 

 

 

 

四つんばいの姿勢に戻ったら、チャイルドポーズで休息しましょう。

ポーズの名前は「三日月のポーズ」
背中やウェスト、お尻などの引き締め、骨盤矯正、腎・肝機能の改善、倦怠感の改善などに効果のあるポーズです。

文章で書いてもこれだけの文字数を費やす複雑なポーズ。
言葉だけでは到底追いつきません。
ゆっくりと変化していく先生のポーズに合わせて、あちこち手を触れながらポーズのかたちを伝えていきます。

 

 

チャイルドポーズの休息の後、グループごとに集まって感想を話し合います。
伝える側、受け止める側、お互いに夢中になって一つのポーズを完成させていく体験。
やってみて初めて分かる感覚に、皆さんのテンションも上がり気味です。

 

最後は全員で輪になっての「木立のポーズ」
もちろん、アイマスク着用でポーズを取ります。
視覚が遮られた状態でのバランスポーズの難しさを体験するとともに、全員が輪になることで、ヨガ本来の意味である「繋がり」を感じます。

全員で輪を作り、アイマスクをして両隣の方と手を繋ぎます。

左ひざを曲げて左足を上げ、足裏を右脚の内側に付けます。
バランスを取りづらい場合は、左のつま先をマットに残したまま、かかとだけを上げて右のくるぶしあたりに付けてみましょう。
慣れてきたら、つま先もマットから離して右のふくらはぎあたりまで上げてみましょう。
もっと高く上げても大丈夫、という方は、右ひざあるいは右太ももあたりまで思い切って上げてみましょう。

片足立ちの状態で輪の全体が落ち着いたら、今度は繋いだ両手を天井に向かって上げていきます。
バランスを崩さないよう、隣の人と呼吸を合わせて、ゆっくりと腕を上に伸ばします。

繋いだ手を通して伝わってくる輪の感覚。
繋がりを感じながら、両手を高く上げていきます。

繋いだ手をゆっくりと下ろし、ポーズを終わります。

 

そして最後のまとめ。
その場で車座になって座り、全員で今日の勉強会を振り返ります。
知らなかった世界を垣間見たという感覚、志を新たにしたという方、共通していたのは、一つのことを共に体験したという「繋がり」でした。

 

 

6月6日に行われた立川のクラスの様子はこちらです。

 

研修で大山(神奈川)登ってきました♪ 5月15日【金曜日】

2015.05.22

みなさんこんにちは!

暑い日が続いて、気分はすでに夏ですね!

 

入社して2年目の8名が、研修で大山トレッキング!!!引率含め計10名で行ってきました♪

経験者から初心者に近いメンバーでの初登山。ヒーヒー言いながらも無事登頂してきました♪

少し遅いスタートでしたが、山の神様が味方してくれたんでしょうねー。

雲が若干でてたものの、最後まで雨も降らず降りてこれましたー!

皆さんが登る時は、午前中がオススメですよ。山の天気は変わりやすいので早めの登頂、下山を計画しましょう!

 

大山は標高1252mでしっかりと高さもありつつ、とても登りやすいと人気のある山なんです!

新宿から電車・バスを乗り継いで約90分!!都心からのアクセスのしやすさも人気の一つですね!

上の写真は、伊勢原駅からバスに乗って揺られる事30分。降りたバス停付近で軽い準備運動してから

出発までの写真ですね。

経験者である澤田君より、靴ひもの締め方をレクチャーしてくれました。

 

さて!しっかり靴ひもをを絞めていざ出発ーーーーーーー!!!!!!!

 

そう!!!!大山はケーブルカーがあるんです!!!なのでちょっと体力に自信ないわという方、

子供から年配の方々まで幅広く大山を堪能できるんです!!

ただしごめんなさい。大山ケーブルカー設備更新の為5/18~9/30まで運休、再開は10/1となっております。

 

私たちは行きにケーブルカーを利用して登りました!ケーブルカーは約10分。ケーブルカーからの景色はとても素敵で、紅葉の時期などはすごく

キレイでしょうね♪

景色にみとれているとあっという間に到着。

少し歩くと長ーい階段が顔を出します。それを登りきると存在感ある阿夫利神社下社がみえてきます。

歴史ある神社ですが、お話しますと長ーーーーーくなるので割愛いたします♪

ちなみに本社は山頂にございます。

さておき、神社を横目に進んで行くと再び階段!!「えーーーーーーー!!!!」という声から始まっていきます(笑)スタートから階段とか

キツイよーと言いながら進むとパーッとひらけた道が出てきて山らしい風景が広がります。

「暑いなー」「キツイよー」「おなかすいたねー」などなど小言を言いながらも各自楽しんでいる模様。

休憩をはさみながら進んで行くと、色んな方々とすれ違いました。

ジャージを着た高校生。元気にワイワイと下って行ってました。学生の団体はよくみかけますね。学校の外部授業ですかね。

あんな元気があれば。。。なんてぼやきながら(笑)

そんなこんなで、1時間半くらいでしょうか歩き続けるとようやく山頂に到着!!!!!

「いやーーーーーーーー着いたねーーーーー!!!!」とみんな足取りが一気に早くなってた気がする。

みんな思った以上に疲れたんでしょうね。。。。ご飯食べてる時の写真が1枚もないっっっっ!!!!!

なので、山頂からの風景とコーヒーの写真で許してください(笑)

山頂での集合写真も撮り忘れるくらいでしたので。。。。

ちなみにサンドウィッチや、ラーメンやお弁当を作って持ってきてたりしてましたよーーーー♪皆で持ち寄って食べるのも楽しそうですね♪

 

あとあと!!コーヒーはOSHAMANSで売ってますので。ぜひ。

コーヒー苦手な方でもさっぱりしてて飲みやすいと思いますよ!!

 

さて、一息ついた所で下山へ

下りはケーブルカー使わずに下山しました!!

実は、ケーブルカーを使って登ってきた部分が結構見どころ満載なんです。写真には載せてませんが、大山の七不思議であったり女坂男坂などなど。

呪い杉なんてものもあるので気を付けてくださいね。触ると呪われるかも。。。。。なんて。。。

一人呪い杉に抱きついて写真を撮った事があるスタッフがいるんです。呪われてるかも(笑)

 

と、下りも良いペースでなんとか暗くなる前に下山してきました!!

最後までバタバタな大山トレッキングでしたが、それぞれ何か感じる物はあったのではないかと思います!!

山頂で撮れなかったので駅前にて。。。。せっかくの登山が(笑)

心なしか顔が疲れてるのは見逃してやってくださいなーーー。

 

 

最後に、8名のコーディネートをご紹介☆

機能性タイツ、トレッキングシューズ、BAG以外各自持ってるもの、買ったものを組み合わせてきました♪

それぞれ個性があって面白いですね☆

気温の関係や動きやすさからも、ショートパンツのスタイルが目立ちますね♪ロングパンツより可愛いデザインが多いので女の子は選ぶ人が多いのかも☆

*一人サンダルなのは目をつぶってください。サンダルで登ったらケガしますのでご注意を。

 

最後に少しだけ商品のご紹介♪

 

・CW‐X  ジェネレーター(¥18360)

ヒザ、腰、股関節、おしりまで下半身全体をサポートしてくれる機能性タイツ。膝への衝撃も軽減してくれる優れもの。

確かに下山時の膝が笑う感覚は少なかったような。。。足の上げ下げもしやすかったのが素直な感想です!!

ただーし!!!!!!!!!!!!次の日の筋肉痛からは逃れられませんでした(笑)

 

・KEEN DURAND(¥24300)

トレッキングは歩くスポーツです!足が痛くなったら何も楽しめなくなってしまいます!しっかりサイズ感が合っている物を選びましょう!今回スタッフ達が使用したトレッキングブーツはどれもライトトレッキング用です。ソールも柔らかくソールのグリップ力も抜群に効いてました!

登山者の中にはランニングシューズなどで登られていた方がいましたが…沢山滑っていました。滑って転ぶ人も、それを見てヒヤヒヤする人も、楽しく山登りが出来ません!ですから、山の坂道はすごく滑りやすいのでやはりトレッキングブーツがオススメです!

 

また、オッシュマンズに置いてあるトレッキングブーツは、ほとんど街履きでも対応ができます!完全防水なので雨の日のお出かけや、キャンプやフェスでも使えるアイテムです!

 

・GREGORY Jシリーズ(19440)28L

アウトドアブランドの中でもご存じな方が多いはず!!!今回は、そのグレゴリーのシリーズよりJという女の子モデルをご紹介!!

このシリーズは細かいところが女の子の体にフィットするようにデザインされている為、すごーく背負いやすいんです!!!BAG自体の重さもそこまでないので、きゃしゃな女の子でも大丈夫!!!

大きさは今回28Lを使用!容量的には、日帰りであればここまでなくても十分!!ですが、シーズンによっては持ち物も変わってくるのでまず買うにはこのくらいがべすとでしょうか♪1泊とか考えていたらもう少し上をオススメします☆

 

といった感じでしょうか!!!まだまだお話したりない感じですが。。。この続きは各お店で♪

是非、見かけたら声をかけてくださいねーーーー♪

 

 

池袋店伊藤さんが今回の登山ルートを書いた地図を作成してくれました!!参考にしていただけたらと思います♪♪

ぜひぜひ、晴天な日を狙って☆

 

長い事 読んでくださりありがとうございました!!!

また、イベントであったり色々企画していけたら良いなと思ってますので。その時は、一緒に楽しみましょうねーーー☆

 

 

原宿店 澤田・安成

新宿店 青山・平田

吉祥寺店 堀

池袋店 伊藤・畑

二子玉川店 鈴木

 

ページトップへ

JPSA特別戦 OSHMAN’S STYLE MASTERS 2015 開催決定!

2015.05.21



JPSA(日本プロサーフィン連盟)の特別戦として2010年よりスタートした
「OSHMAN’S STYLE MASTERS」は、特別ルールで行なわれる唯一の試合になります。
使用するサーフボードは9’4”(284cm)以上の長さのシングルフィンに限定。
サイドフィンつきのボードからサイドフィンを外して使用することもNGという基準。
採点基準も、現在の通常の大会がハイパフォーマンスなマニューバーの方に点が出やすいのと違い、
クラシックなスタイルしか評価しないという特別なもの。それゆえにJPSAの上位選手に加え
スポンサーシードでは最近大会に出ないような国内外のプロを招待。現在のトッププロと同時に
観客のみなさんが観たいプロたちが全員集合したような豪華な顔ぶれになるのが特徴です。

 

 

今回は大会会場を千葉に移しクラシックなスタイルが映える太東での開催となりました。
過去5回の優勝者(吉田 泰、秋本 祥平、中村 清太郎、瀬筒 雄太、ジャレッド・メル)には、
出場権があり、そこにスポンサーシード枠、JPSAの上位プロが加わり計20枚で競われます。

 

 

華麗でスタイリッシュなライディングをぜひ生でご覧くださいませ。

 

 

JPSA特別戦 OSHMAN’S STYLE  MASTERS  2015

期日:2015年 6月 7日(日)

会場:千葉県 いすみ市岬町  太東

 

 

「チャレンジド・ヨガ」~視覚障がい者のためのヨガクラス~2015.5.17開催

2015.05.17

 

2015年5月17日、日曜日。
心地よく晴れた初夏の日の午後、毎月恒例のチャレンジド・ヨガが開催されました。

クラスが始まるまでの空き時間を使って準備体操を行います。

 

 

 

 

ここから準備体操の説明です。
① 長座の姿勢でまず右膝を曲げ、右足を左太ももの上に乗せます。
② 両手を使って、隣り合う足指を上下左右に広げます。
③ 足首を回してほぐします。
④ 足裏を拳で叩いたり、揉んだりしてほぐします。
⑤ 左右を入れ替えて行います。
準備体操の説明はここまでです。
足指、足裏にはたくさんの神経や血管が張り巡らされています。
足指じゃんけんなどのトレーニングで足指を自由に動かせるようになると、筋力や筋反応、姿勢制御能力などが改善されると言われています。
また、脚は第2の心臓と呼ばれるところ。
足裏を刺激して血行を良くしておくことで、脚がつったりするのを予防します。

 

本日のチャレンジド・ヨガは、ヨガの基本を深める「じっくりヨガ」シリーズの3回目。

今回のテーマは、
「下っ腹に力を込めたら…All is Well!! ~下っ腹に力を入れればすべてうまくいく!」

「腹を決める」、「腹を据える」、「腹を括る」などなど・・・。
覚悟を決めるのはいつだって「腹」なんです。
頭で決めた覚悟はちょっとしたことでぐらつくけれど、本気で腹を括って決めた覚悟となれば、どんな逆風や大波が来ようと微動だにしないもの。
ここ一番、という時にモノをいうのは下っ腹なんですね。

この「下っ腹」には名前がついていて、丹田(たんでん)と言います。
おへその下3センチくらいのところなので、臍下丹田(せいかたんでん)とも呼ばれます。

最初はお尻の穴を閉じる感覚から意識してみましょう。
それから、下っ腹を身体の内側にグッと引きこんで、そして引き上げる。
静かに呼吸を繰り返し、「腹が据わる」感覚を味わいましょう。
下っ腹が据わると立ちポーズも安定しますし、怪我の防止にもなります。
力技で無理やりポーズを取ったりすると、時に背骨や腰を痛めることがあるのですが、腹を据えて姿勢をしっかり安定させることで、そうした怪我を防ぐことができます。

 

今日もいつものように「あいさつ」から始めます。

ここからポーズの説明です。
安楽座(いわゆる胡坐)の姿勢で座ります
背筋を伸ばし、しっかりお尻を割って座るのがポイント。
胡坐の姿勢が苦しい場合は、座布団を使って座りやすいよう調整しましょう。

② 指を開いて揃えた両手のひらを上に向けて両膝の上に置き、親指と人差し指で輪を作ります。
「チンムドラー」といって、「封印」を意味します。
この印にはエネルギーを閉じ込める効果があると言われています。

③ 静かに呼吸を整え、意識を中心に集めます。

④ 胸の前で合掌し、そのまま両手を頭上高く、腕の伸びきるところまで差し上げます
呼吸を止めないよう意識しましょう。

静かに両手を降ろし、合掌の状態に戻ります。

「よろしくお願いします」と一礼。
ポーズの説明はここまでです。

 

 

まずは呼吸法のレッスンから。
今回行うのは「完全呼吸」
身体全体を使って空気をいっぱいに取り込み、空気中に満ち溢れている自然のエネルギーを体内に取り入れましょう。
たくさんの酸素を身体に取り入れることで呼吸機能を高め、神経を穏やかにし、ストレスを軽減させる効果があります。

 

腹や胸はもちろん、喉や肩や鎖骨に至るまで意識を走らせ、肺のすべてを余すところなく使って、あらゆる隙間に空気を詰め込んだら、しばらく息を止めます。

「気=プラーナ」を体内に留め、身体の隅々にまで行き渡らせて、細胞のひとつひとつを目覚めさせていきましょう。

身体の隅々にまで「気=プラーナ」が満ちていくのを感じたら、今度はストレスや毒素など、身体の中に抱え込んだ悪いものを体外に排出するイメージで、ゆっくりと息を吐き出します。

ここから完全呼吸の説明です。
① まず息を吐ききるところから始めます。おへその下にある丹田を意識して、下腹部をへこませながら吐いていきます。

② 背筋を真っ直ぐ伸ばして姿勢を正し、一定のスピードでゆっくりと鼻から息を吸いこみます。
腹式→胸式→肩の順で身体の下の方から順に空気を満たしていきます。

1) まず最初に「腹式呼吸」で横隔膜を下げ、肺の下の方に空気を入れてお腹を膨らませる練習をしてみましょう。

なるべく肋骨を動かさないようにしながら深く息を吸い込むと、肺は身体の下方向に向かって広がり、これに押されて横隔膜が内蔵側に押し下がっていきます。
横隔膜に押されて腹腔内の圧力が上がり、お腹がポコッと膨らみます。
今度は膨らんだお腹を腹筋を使ってしぼませ、しっかり肺の中の息を吐き切ります。
3秒で吸って、6秒で吐いて、という具合に、吐く方にゆっくり時間をかけて、息を吐き切ることを意識しましょう。

お腹の前と後ろに手を当てて腹式呼吸を繰り返し、お腹が膨らんだりしぼんだりしているのを感じます。

次いで、肩を開いて両脇腹に手を当ててみましょう。しっかり吸い込めていれば、お腹が横にも膨らんでいるのを感じることができます。

2) 今度は「胸式呼吸」で胸を広げて、肺の中ほどに空気を流し込む練習をしてみましょう。
両手をそれぞれ左右の胸の下に当てて、肋骨が広がる感じを確かめましょう。

次に、胸の下にあてた手を後ろに引いて、さらに手首を回して広げた指を背中の方に回します。呼吸とともに、肋骨の背中側が動くのを感じましょう。

腕を組んで腋の下に手を入れ、胸郭が横に膨らむのも確かめてみましょう。

3) 最後に「肩(鎖骨)呼吸」。肩甲骨を下げて鎖骨を開き、肺の上の方に空気を入れます。
「肩で息をする」というと、激しい運動によって大量の酸素を取り込む必要が生じたときなど、通常の呼吸では体内で必要とする酸素を充分に供給できないときに、肩や首周りの筋肉を使って肩を持ち上げ、肺の上部に隙間を作って空気を取り込もうとする呼吸反応のことを指しますが、ここでは意識的に前上方に向かって鎖骨を開き、肺の上部に空気を取り込みます。
肺の上部は空気が残留しがちなところでもあるので、吸い込んだ後はしっかり息を吐き切ることが大切です。

まず、両手を左右の鎖骨の上に当てて、意識して鎖骨を動かしてみましょう。
肩甲骨を下げて、胸を前方やや上方に突き出すようにして、鎖骨が開く感じを確かめましょう。

次に、鎖骨に当てた手をそのまま肩の後ろに回して、鎖骨が動いているのを感じましょう。

最終的には、下腹部をややへこませ、胸の上部を突き出したような姿勢になります。

③ こうして肺の中いっぱいに空気を詰め込んだら、数秒の間、自然に息を止めます。
この時、丹田に力を集中し、肛門を締めて、肩とみぞおちの力を抜きます。
これを「クムバク」と言います。普段は呼吸を止めないことが重要視されるヨガですが、このときはあえて呼吸を止めることで、呼吸によりいっぱいに取り込んだ「気」を身体の中に充満させます。

④ 今度はゆっくりと息を吐きます。これもまた身体の下の方から順に吐いていきます。

1) まず、胸のかたちはそのままで、お腹をへこませてゆっくりと息を吐いていきます。
2) 続いて胸をしぼませ、肩も下げながら吐きます。

⑤ お腹、胸、肩の位置が通常の状態に戻り、息を完全に吐ききったら、①に戻って繰り返します。
完全呼吸の説明はここまでです。

呼吸の長さは、最初のうちは、「吸気1:クムバク1:呼気1」。
慣れたら「吸気1:クムバク2:呼気2」としていき、最終的には「吸気1:クムバク4:呼気2」を目標に、少しずつ近づけていきましょう。

身体の前後左右に手を触れて、自らの呼吸を感じます。
呼吸とは、木々の生み出す生命のエネルギーを体内に取り込み、自らの生命活動で生じた毒素を大地に戻して浄化してもらうこと。
皆、真剣に自らの呼吸と向き合います。

 

 

次のポーズは「猫のバランスのポーズ」
四つんばいの姿勢から、右腕と左脚(左腕と右脚)をそれぞれ前後にまっすぐ伸ばします。
ヒップアップ、腹部・太もも・背中・二の腕の引き締め、バランス力アップなどの効果があります。
下っ腹にしっかり力を入れることでポーズが安定していきます。

ここからポーズの説明です。
① 両手を前について四つんばいの姿勢になります。
足の甲は床につけておきましょう。
膝は腰の真下、手首は肩の真下に置き、手のひらを大きく開きます。
肘を張りすぎたりなど、余計な力が入らないようリラックスしましょう。

② 息を吸いながら左脚を後方へ伸ばし、太ももが床と平行になる位置まで脚を引き上げます。上げた左脚の足首を曲げて、足先は床の方に向けます
頭のてっぺんから左足のかかとまでが床と平行な一本の直線になるように、かかとを真後ろに突き出し、左脚をまっすぐ伸ばしましょう。
左の骨盤が開かないように、腰を傾けず左右の腰を同じ高さに揃えましょう。
ここで息を吐いてリラックスします。

③ 再び息を吸って、両手で床を押しながら頭を上げて顎を引き、視線を前方やや遠めの床の方に向けて、胸、鎖骨、首の前を伸ばしていきます。
下っ腹に力を入れて、お腹を背骨の方に引き入れます。腹筋をしっかり使って上体をまっすぐに保ちましょう。

④ ゆっくりと右腕をまっすぐ前方へ伸ばします。視線は伸ばしている右手の指先に向け、左脚は後ろへ強く伸ばします。
体幹を意識しながら、自分のペースで呼吸を続けていきましょう。

⑤ 5呼吸ポーズをキープしたら、まず右腕、次に左脚を、ゆっくりと元の位置に戻します

⑥ 手の位置はそのままで、腰を落としてお尻をかかとに付け「チャイルドポーズ」で全身の力を抜いて休みます。

⑦ 四つんばいの姿勢に戻り、同じ手順で左右を入れ替えて行います。
ポーズの説明はここまでです。

先生からのアドバイス
脚が上がりすぎて背中が反ってしまったり下がりすぎて背中が丸まってしまったりしないよう注意しましょう。

結構キツいポーズですが、皆さんガンバっています。
後ろに伸ばした足を壁に付けるなど、その場で工夫をしながらポーズをマスターしていきます。
サポーターさんも「触りますよ~」と声をかけながら脚や腕の高さを合わせて、「床と平行な高さ」の感覚を伝えていきます。


 

 

 

 

 

本日の完成ポーズの披露。
皆さんいい感じにポーズが取れていますね。
繰り返し練習していけばもっと良くなりますよ~。
ぜひこのブログを活用して、家で練習してみてくださいね!

 

 

次のポーズもまたまた腹筋系。「(肘を付いた)板のポーズ」です。
かかとから頭のてっぺんまで、体の背面を使って一枚の板を作ります。
腕と手首を強化し、腹筋を鍛えます。
今回は、マットに肘をついた姿勢で行います。

ここからポーズの説明です。
四つんばいの姿勢から、両肘をマットに付けます。

② 肩の真下に肘を置いたら、両手を合わせて指を組みます
組んだ両手は、だいたい顔の真下くらいの位置に来ます。肩の真下の両肘と、顔の真下の組んだ両手、この3点で身体を支えます。
この時点では、両肘から両手の小指側がマットについた状態になるので、最初の姿勢よりやや前傾した四つんばいの姿勢になります。

③ 肘から先の位置を変えずに、両膝を順番に後ろにずらし、脚を後方に伸ばしていきます
膝が後方に向かうにつれて腰の位置が下がり、身体がまっすぐ伸びていきます。

足のつま先を立て、マットから膝を上げます
つま先、かかとに力を入れて、まっすぐ伸ばした脚の裏側のラインを上に持ち上げるようなイメージです。

⑤ お腹を背中側に引き込むようにして、ゆっくり下っ腹に力を入れていきます。
腰が浮き上がりすぎたり、反りすぎたりしないよう意識しながら、後頭部からかかとまでが一直線になるように伸ばします。

⑥ 肘で床を押して、肩甲骨と肩甲骨を左右に広げます。目線は前方の床に向け、呼吸を繰り返します。
ポーズの説明はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

大まかなポーズのかたちを掴むのは難しくないのですが、把握しにくいのが自分の腰の高さ。
正しい位置がどこなのか、自分で把握するのはなかなか難しいのです。
まっすぐに伸ばしているつもりでも、いつの間にか腰が浮き上がり、下っ腹の力が抜けた身体に楽な高さになっていることがあります。
サポーターさんが回って腰の高さをアジャストしていくと、時おりうめき声も聞こえてきます(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

次のポーズは、「キングコブラのポーズ」
ヘビの王者、コブラになったつもりで、上体を高々と持ち上げ、鎌首をもたげて威風堂々と周囲を睥睨するさまをイメージしてみましょう。
お腹、背中、お尻の引き締め、腰痛の改善に効果があります。

ここからポーズの説明です。
うつ伏せになり手のひらを肩幅・胸の横の位置に置きます両脚は腰幅に開きます

両脇を締めます

③ おへそを背骨に向かって軽く引き入れたら、息を吸いながら手で床を押し両腕を伸ばして胸を起こします
おへそが軽く浮くところまで起き上がります

肩を後ろに引いて胸を開き、両脚はしっかりと伸ばしましょう
顔は負担がない範囲で上を向けます。顔を上げすぎて首の後ろを痛めないよう注意しましょう。
顎を上に突き上げると苦しくなってしまう場合は、あごを引いて首の後ろを伸ばし、正面を見据えます。
身体を反らせるよりも、身体の前面を上に伸ばすよう意識しましょう。
肩に力が入ってしまうと、肩の間に首が埋まってしまいがちになります。肩の力をフ~ッと抜いて、耳を肩から遠ざけるように身体の前面を上に向かって伸ばします。

⑤ 二の腕と二の腕の間から胸を上に突き出し、ゆっくり呼吸を繰り返しましょう。

⑥ 5呼吸の間ポーズをキープしたら、ゆっくりうつ伏せの姿勢に戻ります
ポーズの説明はここまでです。

今回は、「板のポーズ」「キングコブラのポーズ」を連続して行うヴィンヤサフローを練習します。
板のポーズで姿勢をキープした後、いったんお腹の力を抜いてマットに落とします。
胸もマットに付けてうつ伏せの姿勢になったら、今度は胸の横に手を付いて上体を起こし、キングコブラのポーズへ移ります。


 

 

 

 

 

 

練習では、先生のドSなサポートに苦悶の表情を浮かべる一幕も(苦笑)。
ヒーヒー言いながらもどこか楽しそう。

最後に完成ポーズを披露。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングコブラのポーズの後は「うつ伏せのシャバアーサナ」で休息します。
ぐったりした感じが伝わってきますね(笑)。

 

 

 

ひと休みした後は、立位のポーズへ移ります。
最初は「戦士のポーズ2(ウォーリアⅡ)」別名「英雄のポーズ2」
目前に迫りくる宿敵を、大きく足を開いて大地を踏みしめ、どっしりと腰を落とした不退転の構えで迎え撃ちます。下っ腹に力を込めて腹を据え、伸ばした手の向こうにいる敵をしっかりと見据えます。
足腰の筋力を鍛え、集中力を高める効果があります。

ここからポーズの説明です。
① マットの短い方の辺のどちらかを「前」として、マットの中央付近に立ちます。向きは90度右を向き、マットの長い方の辺と正対します。

肩幅の2~3倍ぐらいまで両脚を広げます

左の足先を左に回して、先ほど決めた「前」の方に向け右の足先は少し身体の内側(この場合は左側)方向に向けます

両腕を伸ばしながら肩の高さまで上げます
両手の指先を揃えて伸ばし、手のひらを下に向けて、身体全体で「大」の字のかたちを作ります。

⑤ マットに付いた両足の位置は変えずに、息を吐きながら左膝だけを曲げていきます
左太ももが床と平行になる位置くらいまで曲げてみましょう。
右脚は長く伸ばし、右足の外側のラインでしっかりとマットを踏みしめます。
下っ腹に力を入れて、下半身を安定させましょう。

⑥ あごを引き、顔を前(この場合は左)に向けて、左指先のはるか向こうにいる敵を見据えます。
肩の力はフ~ッと抜いて下へおろしましょう。

⑦ 5呼吸の間、ポーズをキープします。

⑧ 膝を戻して元の姿勢に戻り、左右を入れ替えて行います。
ポーズの説明はここまでです。

そのまま続けて「リバースウォーリアⅡ」を練習します。
ウォリアーⅡとセットで行われることが多いこのポーズ。
腕を天高く差し上げ、肋骨1本1本の隙間を広げます。
足腰の筋力を鍛え、胸を開いて呼吸を深くする効果があります。

ここからポーズの説明です。
ウォリアーⅡのポーズを取ります。先ほどのウォリアーⅡの続きで、左手が「前」の状態から始めます。

② 腕のかたちはそのままで、左膝をいったん伸ばします

③ 右腕を降ろして、右手を右足の太ももの手の届くところへ置きます。

左の手のひらを返して天井の方に向けます

⑤ 息を吸いながら、前方に伸ばした左腕を天井の方へ上げていきます
顔も手の先を追いかけるように上を向きます。

⑥ 息を吐きながら再び左膝を曲げていきます。下半身のかたちはウォーリアⅡと同じです。
右脚は長く伸ばし、右足の外側のラインでしっかりとマットを踏みしめます。
下っ腹に力を入れて、下半身を安定させましょう。

左手が肩より後ろにくるように、上体を反らせて身体の左側面を伸ばします。
肋骨の1本1本の隙間が広がるのを感じましょう。
肩は力を抜いてリラックスさせておきます。

⑧ 5呼吸の間、ポーズをキープします。

膝を戻して元の姿勢に戻り、左右を入れ替えて行います。
ポーズの説明はここまでです。

今度も「ウォーリアⅡ」「リバースウォーリアⅡ」のヴィンヤサフローを練習します。
さらっと聞いただけではなかなか把握しづらいポーズ。
サポーターさんと一緒に少しずつポーズのかたちを掴んでいきます。


 

完成ポーズの披露。
まだまだぎこちなさは残りますが、だいぶかたちは掴めています。
練習すればどんどん良くなりますよ~。

 

 

 

 

 

 

続いてのポーズは「立木のポーズ」
大地に太い根を張り巡らせて、天に向かってまっすぐに伸びる森の女王。
長年の風雪に耐えながら森の生き物たちを見守ってきた、母なる巨木をイメージしてみましょう。
今回は全員で輪になってポーズを取ります。

ここからポーズの説明です。
皆で輪になって立ち、両隣の人と手を繋ぎます

② まず、左脚を軸足にして練習します。
左足裏全体でしっかりマットを踏みしめたら、姿勢を整え、左脚に重心を乗せて安定するポイントを探します。
体幹を意識して、ぶれない身体の軸を作りましょう。

③ 右膝を曲げて右足をマットからそっと離して持ち上げ、右足裏を左脚のふくらはぎの横に付けます
もっと高くまで上げられるようなら、左膝付近左の内ももなど、上げられる高さにまで上げて、付けられるところに右足裏を付けます。
足は無理なく上げられる所までで構いません。つま先を立て、かかとだけを軸足(この場合は左脚)に添える程度でOKです。

④ 両隣の人と呼吸を合わせて、息を吸いながら繋いだ両手を天井の方へと伸ばします
しっかり胸を開くよう意識しましょう。

⑤ 呼吸をしながら笑顔でポーズをキープします。
※ 1人で練習する場合は、壁に片手をついて練習するとよいでしょう。
ポーズの説明はここまでです。

視覚障がい者には難しいとされるバランスポーズ。
一般に人は耳の三半規管と視覚情報を使ってバランスを取っていると言われており、視覚に障がいのある方はバランス系のポーズを苦手とする場合が多いのです。

 

 

つないだ手から伝わる隣の人の息づかいを感じながら、慎重に足をマットから離します。
両手を高く差し上げても、見事にバランスを保っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のクラスもいよいよ終わり。
「シャバアーサナ」の時間です。
「屍のポーズ」の名前の通り、全身の力を抜いて、心をカラにします。

 

 

サポーターさんが会場を回り、力の抜けていないところを緩めていきます。

 

本日のアロマは「ヒノキブレンド」
空気の浄化作用があり、身体の中に溜まったむくみを緩和してくれると言われています。

新緑のさわやかな香りに包まれながら、自分をかたちづくるものが混然となって溶け出し、大地へと還っていく感覚を味わいます。
母なる大地は摂受不捨。すべての魂を拒むことなく受け入れてくれます。
そこでは、自分が何者であるかを問われることはありません。
自分は母なる大地の一部であり、他者もまた同じように母なる大地の一部なのです。

時間にすれば数分間。僅かな時間ですが、穏やかで優しい時が流れていきます。

 

 

 

 

 

 

最後に一つ、新しい印を結びます。
「ロータスムドラー」
初割蓮華合掌(しょかつれんげがっしょう)とも言い、蓮の花の開いた様子を象っています。

 

 

 

 

ロータス(蓮)はヨガの象徴。
泥の中に生まれながら泥の上に出て花開く、その気高い姿は仏の無上の悟りを表します。
また、水上にありながら水を弾いて泥に染まらない蓮の葉の、その凛としたありようは、古来より仏像を載せる蓮台のモチーフになっています。

俗世にあって俗世にまみれず、清らかなこころを保って生きていく。
ヨガの目指すものを体現しているのが蓮なのですね。

ここからポーズの説明です。
① 安楽座(いわゆる胡坐)の姿勢で座ります。
② 合掌(アンジャリムドラー)のかたちから、親指と小指を残して、人差し指、中指、薬指を離します。
蓮華のつぼみが花開いていく様をイメージしましょう。
③ 静かに呼吸を整え、意識を中心に集めます。
ポーズの説明はここまでです。

印を合掌のかたちに戻して、クラスの終わりのごあいさつ。
軽く疲れの色を見せながらも、笑いと拍手が沸き起こります。

下っ腹をテーマにポーズをまとめた今日のクラス。
下っ腹に力を込めて、腹を据えてかかればAll is Well!!
何事もうまくいく。
と、明るい気持ちで家路を辿る皆さんなのでした。

 

 

~チャレンジド・ヨガ プロジェクトからのお知らせ~

6月から毎月、立川市の泉体育館でチャレンジド・ヨガを開催することが決定しました!

インストラクターはこちらのお方。
今回のチャレンジド・ヨガでもサポーターを務めてくださっているAki先生です

立川でのチャレンジド・ヨガは、毎月の第1土曜日、14:00~15:00に開催します。
※2016年1月のみ第2土曜日(1/9)に開催。
記念すべき第1回の開催日は6/6(土)です。

見えない、見えにくいと感じている方はもちろん、ご家族やガイドヘルパーさんなど同伴の方もご参加いただけます。
※障害者手帳の有無は問いません。
※視覚を閉ざされた状態でのヨガを体験してみたい方など、お気軽にご相談ください。

★会場への行き方
・ バスの場合:
立川駅北口より立川バス村山団地行き
「泉市民体育館」下車
西武拝島線玉川上水駅より立川バス立川駅北口行き
「泉市民体育館」下車
・ 多摩モノレールの場合:
「泉体育館」駅下車徒歩1分
・ 駐車台数:95台(身障者用2台含む)

 

 

所沢での次回の開催日は6/21(日)です。

お申し込み・お問い合わせは下記までご連絡ください。

NPO法人 日本カルチャーヨガ協会
電話番号:04-2939-8967
チャレンジド・ヨガへのメールはこちら
公式FACEBOOKページもあります。
※お申し込みの際、以下の項目についてお知らせください。
・ お名前
・ 携帯番号
・ メールアドレス
・ 障がいの有無
・ 障がいの種類(差し支えなければで構いません)

 

※過去のチャレンジド・ヨガの記事はこちら。
★チャレンジド・ヨガ(所沢開催)
2013/8/11 2013/9/8 2013/10/13 2013/11/10 2013/12/8
2014/3/16 2014/4/13 2014/5/18 2014/6/8 2014/7/13(午後) 2014/8/17(午後) 2014/9/21(午後) 2014/10/12(午後) 2014/11/16(午後) 2014/12/21(午後) 2015/1/25(午後) 2015/2/22(午後)
2015/3/22 2015/4/4

★視覚障がい者のためのiPad講習会
2014/7/13(午前) 2014/9/21(午前) 2014/11/16(午前) 2015/2/22(午前)

★フェイシャルヨガ+プチプラフィンガーメイク
2014/8/17(午前) 2014/10/12(午前) 2014/12/21(午前) 2015/1/25(午前)

★チャレンジド・ヨガ(福島ヨガプロジェクト)
2014/4/5 2014/8/24 2015/4/18

★チャレンジド・ヨガ(福島県点字図書館・点字図書館の集い)
2014/10/19

★チャレンジド・ヨガ(藤沢市点字図書館・椅子ヨガ)
2015/4/19

★チャレンジド・ヨガ(「お寺でJAZZ YOGA 2014」)
2014/10/4

★サポーター勉強会
2014/1/19

 

【OSHMAN’Sからのお知らせ。】

人気インストラクターによるフルタイム実演と音声による日本語ガイダンスで、「好きな時に」「自分のペースで」「いつでもどこにいても」YOGAを楽しんで頂けるiPhoneアプリ『Osh Yoga』の追加コンテンツをリリースしました。
無料ですので、iPhoneをお持ちの方は一度使ってみてください。

 

◎iPhoneのボイスオーバー機能(視覚障がい者向けのサポート機能)を使われている方へ。
高平先生に教わった、『OSH YOGA』の動画を再生する方法です。
※事前にAppStoreから『OSH YOGA』アプリをダウンロードしておいて下さいね。

再生のための手順は3つ。

1. OSH YOGAアプリをダブルタップで起動します。
メニューが4つ表示されます。(動画、プレイリスト、SNS、設定の4つです)
2. 右か左フリック(1本指で右から左へ、または左から右へ画面をこする様にするとメニューを次々読み上げます)して、動画と読み上げた所で、ダブルタップ(2回すばやく画面をポンポンとタッチ)して確定します。
次の画面はヨガの動画メニューの一覧画面が表示されます。
3. 右か左フリックで、好みのヨガメニューが読み上げられたら、ダブルタップで確定すると動画が再生されます。
手順の説明はここまでです。

DFKⅡ、RESIN CAKE入荷しました!

2015.05.17

海は夏らしさがでて、ウエットスーツもジャージフルスーツ、シーガルへと変わってまいりました。

オッシュマンズ原宿店の松野です。

本日は新しいサーフボードを入荷しましたのでお知らせさせていただきます。

入荷したサーフボードはCHPのDFKⅡRESIN CAKEです。

DFKⅡ 5’11” ¥148,000/¥159,800(税込)

DFKⅡは基本的なライディングの練習から様々な技が出来るようなスタンダードなサーフボードでもあり、ハイパフォーマンス用サーフボードでもあります。

 

RESIN CAKE 5’7” ¥148,000/¥159、840(税込)

 

RESIN CAKEは日本の独特なトロくてショルダーの無い波、力の弱い波に適しているサーフボードです。

RESIN CAKEはクアッドフィンセッティングのみのサーフボードとなります。

 

スタッフ一同みなさまのご来店をお待ちしております。

 

東京都渋谷区神宮前1-14-29

JR山手線原宿駅 表参道口、目の前

OSHMAN‘S原宿店 サーフィンコーナー

TEL 03-3478-4888

営業時間 11:00~21:00 年中無休

 

 

INVINCIBLE×New balance MRL996IN発売のお知らせ

2015.05.16

台湾を代表するセレクトショップ「INVINCIBLE」が別注したNew balance MRL996IN (DERBY DRESS CODE)の発売が5月23日(土)に決定しました。

コンセプトはDERBY DERSS CODE。RACEの旗とビンテージの競馬のユニフォームデザインからインスパイヤされたモデルになります。

ダービー会場への入場に必要であった帽子の着用や正装などのドレスコードをディテールに落とし込んだ企画になります。

スエードの淵の部分をウィングチップシューズのディテールにアレンジし、シュータン部分をシボ革に切り替えることで高級感を演出しています。シューレースは革靴をイメージした丸ひもに、インソールには競馬シーンのグラフィックがプリントされています。

日本国内正規発売は5/23(土)になり、国内ではOSHMAN’S限定の販売になります。

New balance MRL996IN SIZE26,0cm~28,0/29,0cm ¥15,800+税

【発売日】
・平成27年5月23日(土) 各店舗開店時間より順次発売開始予定

※状況により販売方法が変更になる可能性もござます

【発売店舗】
・OSHMAN’S 原宿、新宿、吉祥寺、千葉、池袋、二子玉川、ONLINE SHOP

※町田店の取扱いはございません。

【事前予約について】
・人気商品につき、事前のご予約は承っておりません。

【商品のお取り置き・お取り寄せ】
・ご来店やお電話等による商品のお取り置き及び、オンラインを含む各店舗間でのお取り寄せは承っておりません。

【ご購入いただける数量】
・お一人様、一足限りとさせていただきます。
※お一人様の解釈は、お支払能力を有する成人及び、保護者同伴の中学生以上とさせていただきます。

【販売方法及びその他諸注意事項】
・開店前にお並びになる方は、場所等につきまして各店舗にお問い合わせくださいませ。
・発売日当日の状況により、お並びの方に整理券を配布させていただく場合がございます。
・発売数量に限りがありますので、事前にお並びいただいてもご希望の商品・サイズがご購入いただけない場合がございます。
・発売数量に限りがありますので、ご購入後のサイズ交換につきましては承ることができません。
・商品については事前に十分検品したうえで販売させていただきますが、万一不良等が発生した場合は、全てご返金での対応とさせていただきます。
・事前に転売を目的と推測される行為が見受けられた場合は、販売をお断りさせていただきます。
・発売に関しては各店スタッフの指示に従って頂きますよう、お願いいたします。

【お願い】
・発売日当日は混雑が予想されます。発売に関しては速やかなご案内を心がけますが、フィッティング等がございますので発売開始からご購入までに、多少のお時間が掛かりますことをあらかじめご了承下さいませ。

 

 

KASSIA MEADORご来店されました!

2015.05.15

台風も通過して夏日のような暑い毎日が続いております。

オッシュマンズ原宿店の松野です。

本日KASSIA MEADORさんがご来店されました!

店舗スタッフと一緒に写真を撮らさせていただきました!

更にオッシュマンズのバーナーとKASSIA MEADORさんがデザインされ、KASSIA MEADORさんモデルのフィンにもサインをいただきました!

KASSIA MEADORさんのご予定がお合いになれば午後もご来店されるかもしれません!

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

東京都渋谷区神宮前1-14-29

JR山手線原宿駅 表参道口、目の前

OSHMAN‘S原宿店 サーフィンコーナー

TEL 03-3478-4888

営業時間 11:00~21:00 年中無休

 

 

次の10件