MEN'S WEAR

今季の買い足し品リストにぜひ! 街でも優秀な《ARC’TERYX》のジャケット4選

2019.12.07

登山用品として世界中のクライマーから信頼を集め、もはや説明不要のブランドとして不動の地位を築いている《ARC’TERYX(アークテリクス)》。細部にいたるまで計算され尽くした作りは機能美を伴い、ファッションピースとしても人気を集めています。

高い機能性と、無駄な装飾を排除した機能美。今回は、そんな魅力をもつアークテリクスの街着にもおすすめのウェアをピックアップ。即戦力ですぐに活躍してくれ、流行関係なくずっと着用し続けられるのでぜひチェックしてください。

インナーからアウターとしまで大活躍必至のダウンフーディー

インナーダウンとして人気を集めていた〈THORIUM AR HOODY〉を、本格アウターとしてリデザイン。耐摩耗性を強化し、撥水性や保温性をさらに高めてられており、身体のシルエットに沿った細身のデザインなので汎用性も抜群。アウターとしてはもちろん、ハードシェルの下に着るミッドレイヤーとしても優秀だ。アークテリクスらしい無駄のないデザインも相まって、フル回転で大活躍してくれる汎用性の高い1着に。

ふっくらとした750フィルパワーのダウンは重量感がほとんどなく、保温性抜群。フードや脇、手首部分など湿気に弱い部分は化繊のコアロフト®︎合成繊維インサレーションパネルが配置されている。このあたりの作りもアウトドアブランドならでは。

内側には2.5Lのスタッフサック付きジッパー内ポケットがついており、コンパクトに収納することが可能。

使いやすさが格段に進歩した万能フーディー

防水、耐水のGORE THERMOUM™️シェルによるジャケット〈KAPPA HOODY〉。温熱効果がありながら風通しのよいコアロフト・インシュレーションにより防寒性も優秀。フルテープ加工や首元でしっかりガードしてくれるジッパー、裾のドローコードやヘルメット対応のフードなど、随所に流石の作りが光る。アップデートを繰り返しながらとても使いやすくなっており、アウトドアから普段着まで幅広いシーンで活躍必至。

胸にはおなじみのブランドロゴに加え、左袖にゴア インフィニウムのロゴもオン。一切の無駄がないシンプルなデザイン。

真冬でも対応できるオールラウンドフーディー

アークテリクスの定番、ATOM LTより暖かく、真冬でもアウターとして着用できる〈ATOM AR HOODY〉。AR=ALL ROUNDを指すことからも分かるように、ミッドレイヤーからアウターまで、状況に応じて様々なシーンでオールラウンドに着用できるのがポイント。コアロフト・インシュレーディッドを中綿に使用し、とても暖かく、真冬でも頼りになる1着だ。

メインジッパーの襟付近に突起が施され、勝手に開くことがないノースリップファスナーを採用。細かいとこだが、アウトドアブランドらしい隙のない作りも魅力だ。

洗練されたアーパンスタイルでビジネスにも◎な1着

コアロフトとゴア サーミウムを使用した化繊ダウンコート〈KODA JACKET〉。表地のゴアと中綿のコアロフトでタフな暖かさを提供してくれながら、洗練されたアーバンスタイルに仕上げているのがポイント。防風性がとても高く、かさばりが最小限に抑えられているのでとても使いやすく、フィット感も抜群。内部のジッパー付きポケットはスマホを収納しておくのにもぴったり。重ね着に適したフィット感なので、ジャケットの上からラフに羽織るだけで様になるはず。

首元はウインドフラップを備えとても大人っぽい印象。襟付きシャツとも相性も良く、冷気も首元からしっかりとシャットアウト。

アウトドアから街まで、本当に頼りになるアークテリクスのジャケット。ぜひ今季の買い足しリストに入れておいて欲しいアイテムです。


PROFILE
斉藤 淳史

斉藤 淳史

担当 … メンズウェア バイヤー
OSHMAN'S 歴 … 19年
好きなもの … ファッション、音楽、かっこいいモノ、楽しい事
好きなスポーツ … スポーツに限定するならスノーボード、山遊び&外遊び

アメリカのスタイルやトレンドを、OSHMAN'Sのフィルターを通して紹介。スポーツ・アウトドアを日常にとり込んだライフスタイルに密着したコーディネートの提案を心がけてバイイングしています。トレンドアイテムから世代を超えて愛される定番アイテムまで、様々なブランドと別注アイテムをつくり、OSHMAN'Sでしか手に入らない商品をどんどん提供していきます。

紹介アイテム