SHOES

スケート仕様にアップデート! 《CONVERSE》待望のスケートボーディングラインが日本でも始動!

2018.08.08

男女、年齢問わず絶大な支持を誇り、スニーカーの定番として不動の地位を築く《CONVERSE(コンバース)》。最近でも人気アパレルブランドとのコラボをはじめ、〈CONVERSE ADDICT〉といったプレミアムなラインなども積極的に展開し、常にシーンを賑わせている。

そんなCONVERSEから今回、国内初となるスケート仕様の新ライン〈CONVERSE SKATEBOARDING(コンバース スケートボーディング)〉が展開される。実はこのライン、アメリカではすでに展開され話題となっていたのだが、日本でのスケート熱の高まりを見据えて、今回日本規格として展開されるもの。

2シリーズあり、1つはリアルスケーターに向けた本格スケートシューズ仕様の〈+SERIES〉。もう1つは基本スペックを搭載した〈STANDARD SERIES〉。

今回は、第一弾として登場した〈+SERIES〉の2型をご紹介したい。

アーカイブのクラシックな雰囲気はそのままに、スケート仕様にアップデート

今回登場しているのは、アーカイブのALL STAR Ⅱをベースにした、ハイカットタイプの〈BREAKSTAR SK HI+〉。同じくアーカイブのPRO LEATHERをベースにした〈PRORIDE SK OX+〉の2モデル。ハードなスケートにも耐えられる仕様になっているだけに、どちらも街履きとしても優秀な仕上がり。早速特徴を見ていきたい。

BREAKSTAR SK HI+ 

Color:BLACK/GREEN

PRORIDE SK OX+

Color:BLACK/RED

進化したディテールをチェック!

シューズの内側には伸縮性に優れたネオプレーン素材を使用。これによりホールド感が向上し、スケートの激しい動きにも耐えられるようになっている。

摩擦のかかる方向に合わせたアウトソールの溝により、高いグリップ力を確保。スケートデッキとの相性抜群だ。

スケートボードや地面との接地面を増やすため、トウスプリングは低めに設定。接地感と安定性を両立しているのがポイント。

トリックの時にキックをするので、サイドもラバーテープを2重にして補強。摩耗も軽減され、耐久性も向上している。

コンバースオリジナルとなるカップインソール〈REACT HD〉を採用。2層構造で、足あたりは柔らかだが反発力があるため、スケート時はもちろん歩行感も抜群だ。

2020年の東京オリンピックで正式種目として採用され、これまでにない盛りあがりを見せているスケートボード。今回ご紹介したスケートボードラインは、スケーターはもちろんだが、スケートをしない人が街履きしても全然OK。スニーカー好きならぜひチェックしておくべき1足だ!


PROFILE
中込 敦志

中込 敦志

担当 … SHOES
OSHMAN'S 歴 … 16年
好きなもの … 家のクローゼットや下駄箱にある愛用品の数々。
好きなスポーツ … OSHMAM`Sで準備できるスポーツ全部。ただし踊れません。

これまでOSHMAN`Sで培ってきた【BORDERLESS】な目線で品定めしたアイテムを提案していきます!

紹介アイテム

  • BREAKSTAR SK HI+

    BREAKSTAR SK HI+

    12,000円+税
    BLACK/GREEN
    25.5〜28cm

    取扱店舗

    新宿・二子玉川

  • PRORIDE SK OX+

    PRORIDE SK OX+

    12,000円+税
    BLACK/RED
    25.5〜28cm

    取扱店舗

    新宿・二子玉川